2007.08.31 23:12

マラーホフの「プレミアム・レッスン」開催延期のお知らせ(NBS)
http://www.nbs.or.jp/news/detail.php?id=523

公演の出演は取り止めになっても、プレミアム・レッスンだけは開催予定だったのですが、医師の診断で日本への渡航時期が延期に。
公開レッスンのために無理をして、ケガの回復が遅くなってしまっては大変なので、これは無理ないことですね。
レッスン見学予定者には、延期のお知らせが発送されたそうです。我が家にも来週月曜日頃には届くでしょうか。


レニングラード国立バレエ公演のキャストについて(光藍社)
http://www.koransha.com/toppage/070831leniballet_cast.htm

冬公演の主演ソリストは現在調整中、とのこと。
キャスト発表になったのかと思ったら、違いました。わざわざこれをサイトに載せたということは、よほど主役に関する問い合わせが多かった?

---------

『tc』その後

『Ticket Classic』改め『tc』となったフリーマガジンですが、『Ticket Classic』時代ほど話題にしないのは、読む所がほとんどないからなんです。

おそらくクラシック音楽ファン、オペラファンにとっては、なかな良い雑誌なのでしょう。演奏家や指揮者の記事がたくさん読めますし、公演やCDの情報も豊富です。それとこれだけの情報を詰め込んで、多彩な色を使用して、なおかつ紙面が読みやすい点には感心します(デザイナーの自己満足が先行して、視線をどう流していいのかもわからない雑誌やムックは多いですからね)。しかし、残念ながらバレエファンとしては、有用な部分はほぼ皆無。扱うチケットも、バレエは新国立劇場と牧阿佐美バレエ団の公演にほぼ限定されてしまって、こちらも当面は広がりを期待できそうにありません。

とは言うものの、未だに毎月配布場所に出かけて『tc』を入手しているのは、リニューアル前からのお気に入りである「チラシは誘う[いざなう]」と、5月号から始まった北原照久さんの「現代アートを好きなわけ」が読みたいから。

「現代アート」と言っても、おもちゃ博物館館長さんの北原さんが紹介するのは、ミニチュアハウスや与勇輝さんの人形など。このコーナーは写真が大変良いのですよ。誌面にはなぜかフォトグラファーのお名前が無く、毎回担当者が同じかどうかもわからないのですが、一見地味ながら、作品の表情を丁寧にとらえた温かみのある写真です。

「チラシは誘う」はバレエチラシ収集家としては、大変気になるコーナーです。私が好きな光藍社と武蔵野市民文化会館のチラシ(派手と地味の対極ですね)を早々に取り上げてくれたところも、好感度大。
この2つの連載は、是非末長く続いてほしいものです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53455478

 ※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック