2021.08.31 23:32

「公演カレンダー」を更新しました。

■ 小林紀子バレエ・シアター「バレエ・ダブルビル 2021」
(9月25日・26日 新国立劇場)
http://www.nkbt-tokyo.com/schedule.html

新国立劇場 中劇場で、フレデリック・アシュトン「バレエの情景」とアルフレッド・ロドリゲスの「シンデレラ・スウィート」を上演。「シンデレラ・スウィート」は「シンデレラ組曲」、『シンデレラ』の短縮版と考えればよろしいかと。

出演者のお名前は出ていますが、配役は現在のところ不明です。(→追記あり)
オーケストラ(東京ニューフィルハーモニック管弦楽団)の演奏付き。指揮は井田勝大さん。

チケット発売中。

[追記](2021.9.9)
チラシにキャストが掲載されていました(両日同キャスト)。

「シンデレラ・スウィート」
  シンデレラ:島添亮子
  王子:冨川直樹
  道化:上月佑馬
  姉妹:澤田展生・佐々木淳史

「バレエの情景」
  プリンシパル:真野琴絵 八幡顕光
  冨川直樹 荒井成也 上月佑馬 望月一真


■ 国際バレエアカデミア バレエ団「バレエ・リュス・プログラム」
(11月13日・14日 新国立劇場)
http://www.academia-ballet.jp/2021年11月13・14日-国際バレエアカデミア公演のお知らせ/

こちらも会場はやはり新国立劇場 中劇場。
「火の鳥」「牧神の午後」「薔薇の精」を上演します。

「火の鳥」
 火の鳥:木村優里
 イワン王子:奥村康祐
 カッチュイ:夏山周久
 ツァレブナ:金子綾

「牧神の午後」
 牧神:アルタンフヤグ・ドゥガラー
 ニンフ:周東早苗

「薔薇の精」
 薔薇の精:高橋真之
 少女:蛭川騰子

ゲスト多数。新国立劇場バレエ団の木村優里さんは、最近は外部でも活躍の機会がとても増えていますね。

チラシはこちら(PDF)。
公演予告PVはこちら

チケット発売中。
12月1日〜7日の期間、アーカイブの有料配信も予定されています。


■ クラシカルバレエグループ・ネロ「エディットピアフを讃えて」
(11月26日・27日 三鷹市芸術文化センター)
https://www.apollonandmusa.com/nero-second-performance

元Kバレエカンパニーの小林由明さんが主宰する、クラシカルバレエグループ・ネロ(NeRo)の公演。

松岡梨絵さん、秋元康臣さん、池本祥真さんがゲスト出演します。
小林さんが新たに振り付ける3作品を上演。フルートとピアノによる演奏なども。

会場は三鷹市芸術文化センター 星のホール。まだ行ったことがないのですが、250席とのことですから、こじんまりとしていて舞台が近いのでしょうね。

チケットは購入ページから。

クレジット支払を選んでチケットを申し込んだら、直後に送られてきた確認メールにチケットが添付されていました。券面を見たところ席番号がないのですが、全席指定席ですから当日に案内されるのでしょう。

---------

リサとガスパールってあんなに耳が長いのにウサギじゃないんですってね。
こちらはリサとガスパール弁当リサとガスパールおにぎり。どちらもそっくりでふふっと笑っちゃいますが、食べるのはちょっと躊躇しそうです。