2021.03.31 23:36

東京シティ・バレエ団『鶴の池』

東京シティ・バレエ団は5月に『鶴の池』を上演。
https://www.tokyocityballet.org/schedule/schedule_000648.html

 5月22日(土)15:00
 ティアラこうとう

 落語:柳家花緑
 オデット(綾乃):清水愛恵
 オディール(玄秀の娘):飯塚絵莉
 ジークフリード王子(幸之助):吉留諒
 悪魔ロートバルト(玄秀):濱本泰然


『鶴の池』とは耳慣れないタイトルですが、この公演は落語とのコラボレーションで、原作は『白鳥の湖』。

落語は柳家花緑さん。
お兄さんは長くベジャール・バレエ・ローザンヌで活躍した小林十市さんですが、花緑さんご自身も子供の時に小林紀子バレエアカデミーでバレエを習っていたそう(当時のお話がこちらで読めます)。

花緑さんは2015年に『ジゼル』を元にした落語バレエ『おさよ』を、東京シティ・バレエ団で初演し、2017年にはその改訂版『新・おさよ』を上演。『鶴の池』は『おさよ』に続く落語バレエ第2弾(のはず)です。

去年の5月に予定されていた公演ですが、1年延期されて今年の5月に上演することになりました。
チケット発売中。


公演に先がけて、花緑さんと東京シティの芸術監督、安達悦子さんによる講演会(5月10日 ティアラこうとう)もあるのですが、申し込む方が多かったようで現在はキャンセル待ちとのことです。

---------

本日のおまけ。
着地に失敗する鶴ならぬ沖の太夫(アホウドリ)。手前にいるのは雛鳥らしいです。
https://twitter.com/RoyAlbatrossCam/status/1368153295634636804

鳥だけ見るとカモメぐらいの大きさかと思いますが、人と並ぶとかなり大きいですね。
https://twitter.com/RoyAlbatrossCam/status/1368477829894115332