2019.07.07 23:15

東京シティ・バレエ団 今後の公演

来週末(7月13日・14日)に『ロミオとジュリエット』を上演する東京シティ・バレエ団、公演の特設サイト音楽舞台美術衣装、そしてキャストボイス等々、盛りだくさんです。

会場のティアラこうとうのチケットサービスを見ると、チケットは残り僅かなようですので、お求め予定の方はお早めに。

シティ・バレエ団はこの『ロミジュリ』の後もいくつもの公演を予定しています。

■ 大野和士×バルセロナ交響楽団「10代のためのプレミアム・コンサート」
 (7月29日 サントリーホール)
http://www.smf.or.jp/concert/spkids_12/

指揮者の大野和士さんとバルセロナ交響楽団との共演で、シティ・バレエ団は安達悦子さん振付の「三角帽子」を踊ります。


■ 大野和士×東京都交響楽団『ロメオとジュリエット』(9月16日 東京芸術劇場)
https://salad-music-fes.com/program02/

「サラダ音楽祭」というフェスティバルのメインプログラム。指揮はやはり大野和士さん、演奏は東京都交響楽団で『ロメオとジュリエット』を。
7月の『ロミジュリ』はプロコフィエフの曲ですが、こちらはベルリオーズの作曲。両方見比べて見るのも楽しいですよね。


■ 東京シティ・バレエ団「バレエ・コンサートVol.5 星のバレリーナ」
 (9月22日 ティアラこうとう)
https://www.kcf.or.jp/sp/tiara/event/detail/?id=2641

ファミリー向け公演で3才以上から入場可。
「バレエの名作と共におくる素敵な物語」(ティアラペーパーより)とのことですので、バレエ入門として見るのも良いかもしれません。


■ 東京シティ・バレエ団「オーケストラwithバレエ アルルの女」
 (10月6日 ティアラこうとう)
https://www.tokyocityballet.org/schedule/schedule_000495.html

毎年秋の恒例、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団との共演で、今回は新作「アルルの女」を上演します。
第1部は東京シティ・フィルによるチャイコフスキー「1812年」と「ピアノ協奏曲第1番」の演奏。


いずれもチケット発売中です。