2019.03.27 23:05

この週末

この週末はスターダンサーズ・バレエ団と新国立劇場バレエ団の公演があります。

スターダンサーズ・バレエ団「Dance Speaks」
(3月30日・31日 東京芸術劇場)
https://dancespeaks.sdballet.com/

スタダンの十八番ともいえる「ウェスタン・シンフォニー」と、14年ぶりの再演となる「緑のテーブル」の2作品を上演します。

反戦をテーマにしたクルト・ヨースの「緑のテーブル」の上演にあたっては細かな条件がつくそうで(ヨース・エステートから派遣された舞台指導者による長期のリハーサル/作品はプログラムの最後に上演 等々)、スタダンは今回、2名の指導者による5週間のリハーサル期間を設けたとのこと。

下の方にリンクしたキャストインタビューによると、暗転中の動きにいたるまで細かい指導があったとか。リハーサル期間が長いのもうなづけます。

その舞台指導者のうちのお一人ジャネット・ヴォンデルサールさんとバレエ団総監督の小山久美さんの対談がこちら

2演目のキャスト

[「緑のテーブル」キャストインタビュー
 その1(池田武志・荒蒔礼子・フルフォード佳林)
 その2(大野大輔・佐藤万里絵・石川聖人・谷遼・仲田直樹)]

残席僅少とのことですが、ぴあイープラスでも公演日・席種によってはまだ少し取り扱いがあります。
(当日券情報はバレエ団サイトTwitterなどで告知されるのではないでしょうか。)

開演20分前からは、小山さんによるプレトークも。


新国立劇場バレエ団「DANCE to the Future 2019」
(3月27日〜29日 新国立劇場)
https://www.nntt.jac.go.jp/dance/19dtf/

新国立劇場バレエ団所属ダンサーの振付作品を上演する2010年に始まったこのシリーズ、しばらくお休みでしたが、復活したのは喜ばしいことですね。

今回は橋一輝さん、福田紘也さん、貝川鐵夫さん、福田圭吾さんによる6作品と、Improvisation(即興作品)を上演。
Improvisationは4公演の奏者・楽器の組み合わせがすべて異なります。舞台ごとに全く違ったダンスが出現するかもしれません(音楽監修は作曲家の笠松泰洋さん)。
(一部の楽器の略号はこちらのサイトで確認しました。acc.はアコーディオンですか、なるほど。)

公演によってはまだ若干席が残っているようです。