2019.02.28 23:40

この週末

この週末はバレエ公演がいくつも重なっています。

NBAバレエ団は芸術監督の久保紘一さん演出による新版『白鳥の湖』を初演。
(3月2日・3日 東京文化会館)
http://www.nbaballet.org/performance/2019/swan_lake/

11月に一度リンクしましたが、BalletNaviの久保紘一さんインタビュー。後半で今回の『白鳥』について語っています。
https://balletnavi.jp/article/pickup/20181113-4455/

2月26日の読売新聞夕刊の記事によると、久保版『白鳥』のオデットとジークフリードは前世は恋人同士、ロットバルトはオデットの婚約者だったという設定とのこと。この設定が舞台でどのように生かされるのか、興味深いです。

3月3日にゲスト出演するエルマン・コルネホのインタビュー。
コルネホさんの初来日はちょうど20年前とか。
https://www.instagram.com/p/BuVtVn_gSmS/

今回の公演は主演キャスト4人のうち3人が海外からのゲスト。
どうしてもゲストが注目されがちですが、私はNBAバレエ団の高橋真之さんが踊る3月2日の王子をとても楽しみにしています。


東京シティ・バレエ団「トリプル・ビル」
(3月2日・3日 ティアラこうとう)
https://tokyocityballet.com/triplebill/

中弥智博さん「Synapse」、小林洋壱さん「Without Words」、芸術監督の安達悦子さんが再振付する『眠れる森の美女』より“オーロラ姫の結婚”を上演します。

上記URLの特設サイトはコンテンツがいっぱい。

安達悦子さんのインタビュー
東京シティの『眠り』の写真は見たことがあるのでかつてのレパートリーにはあったのだろうと思っていたのですが、安達さんが入団した時には、もう上演されなくなっていたのですね。

キャストボイス
読むと公演への期待がますます高まります。『眠り』監修のラリッサ・レジュニナさんの丁寧な指導の様子も伝わってきます。

[バレエミストレス対談 Synapse編 Without Words編

そしてこちらはConfettiの記事。岡博美さん、清水愛恵さん、植田穂乃香さん、斎藤ジュンさんが登場。


新国立劇場バレエ団が上演するのは『ラ・バヤデール』。
(3月2日・3日・9日・10日 新国立劇場)
https://www.nntt.jac.go.jp/ballet/labayadere/

キャストはこちら。影のヴァリアシオン等の追加キャストはこちらで。

ガムザッティを踊る渡辺与布さんのインタビューが、Chacottサイトに掲載されています。「悪役じゃなくて、不運な恋をした女性として踊りたい」とのこと。
https://www.chacott-jp.com/news/worldreport/tokyo/detail011395.html


新国立劇場の小劇場では、ICHIBANGAI-Dance Studio-「Performance Vol.4 2019」が。
(3月2日・3日)
http://studio1b.jp/news/20181228222701.html

スタジオの講師9名による9作品を上演。
ICHIBANGAIのブログで振付の方々が作品を語っています。

柳本雅寛さん「D hazard」
池田美佳さん「light of silence」
穴井豪さん「ドロッセルマイヤーと不思議な世界」
加賀谷香さん「自棄や勢みぢゃありんせん」
二見一幸さん「レゾナント」
田保知里さん「空は昨日までの雨に拭われ」
坂本登喜彦さん「Last paradise」

スケジュールの都合でこの公演はあきらめたのですが、ブログを読んでいたら行きたい気持ちが再び再燃してきました。2日・3日とも新国立『ラバヤ』とのはしごはおそらく可能なので(会場は同じですから)、ご興味のある方は是非に。