2018.11.14 23:46

この週末

この週末もバレエ公演が重なっています。
会場が東京・埼玉・神奈川と広域ですから、はしごもなかなか難しそうです。


Kバレエカンパニー『ドン・キホーテ』(11月16日〜18日 東京文化会館)は3日間5公演で、主演は3組。
Kバレエは11月1日に東急文化村とフランチャイズ契約を結び、今後はKバレエの都内での公演は「そのほぼ全てがBunkamuraオーチャードホールで行われる」そうですから、東京文化会館での公演は、この『ドンキ』以降はあまり無いかもしれません。


NBAバレエ団『くるみ割り人形』(11月17日 所沢市民文化センター)は、甥に託されたくるみ割り人形をドロッセルマイヤーがクララに渡して物語が広がっていく、久保紘一版。
11月17日は午前・午後の2公演。主要キャストも2組。
NBAの『くるみ』は12月8日・9日に東京芸術劇場でも予定されていて、そちらもほぼ別キャストで2組。NBAはここ数年で、層がぐんと厚くなりましたよね。


日本バレエ協会「Ballet クレアシオン」(11月17日 メルパルクホール)は山本康介さん、柳本雅寛さん、キミホ・ハルバートさん振付の3作品を上演。
出演は長田佳世さん、盆子原美奈さん、高比良洋さん、八幡顕光さん他。


客席がぐるりと舞台を囲む「くるみ割り人形」、DAIFUKUの「360°Nutcracker」は11月17日・18日、THE HALL YOKOHAMAにて。
2016年11月に上演された作品の再演で、前回の公演レポートはこちら

新国立劇場バレエ団、スターダンサーズ・バレエ団、東京バレエ団と、出演者が豪華(Instagramにダンサー紹介が)。4回公演ですが、すでにチケット完売の回もあるそうです。


「Jewels from Mizuka II」(11月17日 神奈川県民ホール)も出演者が豪華で、振付家も多彩。
(おそらく)日本初演のベジャール作品を踊るのは吉岡美佳さん。吉岡さんの日本での舞台は久し振りですね。


秋の恒例、武蔵野シティバレエ公演はミックス・プログラム(11月18日 武蔵野市民文化会館)。「ジゼル」の第2幕と中原麻里さん振付「ケルティック・ヴィヴァルディ」、佐藤宏さん振付「ル・ソ」を上演します。

「ル・ソ」は現代版シンデレラらしいのですが、登場する姉は妹思いの優しい人とのことで、どのような展開になるのでしょう。
「ジゼル」には牧阿佐美バレヱ団の中川郁さん、ラグワスレン・オトゴンニャムさん、細野生さんが出演。おそらく中川さんがジゼルだと思うので、とても楽しみにしています。

会場は武蔵野市民文化会館。近くに武蔵野市民会館という施設があって間違えやすいのでご注意を。


新国立劇場バレエ研修所の公演も今週末ですね(11月17日・18日 新国立劇場)。
芳賀望さん、山本達史さん、輪島拓也さんがゲスト出演します。