2018.01.11 23:41

「another BATIK」

「公演カレンダー」に、2月の「another BATIK」を掲載しました。
黒田育世さんが主宰するBATIKが振付家を招く公演が「another BATIK」、今回は2009年に続き2度目とのことです。
http://batik.jp/performance/another-batik

 another BATIK
 2月2日(金)19:00
 2月3日(土)15:00
 2月4日(日)15:00
 世田谷パブリックシアター

 「子どもたちの歌う声がきこえる」
  (振付:佐多達枝 台本:河内連太)
 「波と暮らして」
  (演出:黒田育世 振付:柳本雅寛)

出演はBATIK所属のダンサーの他、岩田バレエ団の小出顕太郎さん、東京シティバレエ団の中弥智博さん、谷桃子バレエ団の牧村直紀さんとバレエダンサーも。

チケット発売中です。

---------

新国立劇場の2018/2019シーズンのラインアップが発表されました。バレエとダンスの演目はこちら。
http://www.nntt.jac.go.jp/release/detail/23_011681.html

『くるみ割り人形』は9公演、新制作の『不思議の国のアリス』が8公演。公演日数がぐっと増えましたね。

私としては若松美黄さんの「獄舎の演芸」が上演される「ダンス・アーカイヴ in JAPAN 2018」が楽しみです(東京バレエ団の公演と重なりませんように)。

2019年1月の「ニューイヤー・バレエ」では「ペトルーシュカ」が大変久し振りに上演されます。
新国立劇場バレエ団による初演は1999年6月、次が2000年2月、それ以来ですから19年ぶりですね。

初演時も2度目の公演も根岸正信さんがタイトルロールでしたが、ペトルーシュカの哀しみ、やるせなさを体現した、それはそれは見事なものであったことを思い出します。