2007.03.30 23:54

『白鳥の湖』DVD 追記

3月3日に書いた500円の『白鳥の湖』DVDの追記です。
冒頭に流れるクレジットによると、収録年は1968年、オデットはЕ.ЕВТЕЕВА、ジークフリートはД.МАРКОВСКИЙ、ロットバルトはМ.ЭСАМБАЕВ、そして指揮者はВ.ФЕДОТОВ。

エフテーエワとマルコフスキーの『白鳥』で1968年収録となると、どうやらIVCが出しているこのDVDと同じもののようです。もっとも、IVCのは82分で字幕付き。500円DVDは78分と表記されていますが、実際には71分、しかも私のDVD再生環境のせいかもしれませんが、なぜか第4幕は早送り機能が使えません。

500円DVDの解説で、振付が「イワノフ・チパ」になっているのは、まあご愛嬌。レフ・イワノフとマリウス・プティパをくっつけて、さらにバレエの知識のない担当者がПЕТИПАをそのまま片仮名に移した結果でしょう。
しかし、収録年当時、レニングラードを冠してしたオーケストラを「サンクト・ペテルブルグ・アカデミカル・オーケストラ」とは、あまりに機械的に訳しすぎ。

指揮者のВ.ФЕДОТОВは、やはりフェドートフさんなんでしょうね。キリル文字だとヴィクトールはВикторのはずだし。

---------

『Danza』9号

今号にインタビューが掲載されている方々。

○ラスタ・トーマス(表紙も)
○レオニード・サラファーノフ
○アレン・デニス
○田中祐子
○伊藤友季子
○青山季可
○本島美和
○オレシア・ノーヴィコワ


田中祐子さん、伊藤友季子さん、青山季可さんは、牧阿佐美バレエ団で『眠れる森の美女』の主役を踊ります。
キャリアの長い田中さんがオーロラ初役とは意外でしたが、そういえば確かに今までキャスティングされていませんよね。

この記事へのトラックバック