2012.08.27 23:23

牧阿佐美バレヱ団『デューク・エリントン・バレエ』

牧阿佐美バレヱ団が11月に『デューク・エリントン・バレエ』を上演。
http://ambt.jp/schedule.html

振付はローラン・プティ。

ゲストにマリア・アレクサンドロワ。
今年2月にやはりプティの『ノートルダム・ド・パリ』で客演した縁はありますが、アレクサンドロワとデューク・エリントンは意外な組み合わせの気がします。

リンク先のページでは会場が新国立劇場オペラパレス(オペラ劇場)となっていますけれど、ダウンロードできるチラシには中劇場と書いてあるので、おそらくチラシの方が正しいのではないかと。席種も3種類ですしね。

一般発売は9月5日(水)。

---------

「ダニール・シムキンのすべて」のガラ公演(「インテンシオ」)のプログラムが発表に。
http://www.nbs.or.jp/stages/1211_simkin/intensio.html

2番目に出たチラシにあったヤーナ・サレンコの名前が無くなっているのが残念。
第1部でイザベラ・ボイルストンが2曲続けて踊ることになっていますが、これは何かの間違いでしょうね。

シムキンが踊るのは4曲。
ラストは「レ・ブルジョワ」ですが、これはできればお父さんに踊ってほしかった、というのは個人的希望です。

楽しみなのですが、もしかしてチケット取りにくかったりするんでしょうか。
4公演あるから大丈夫かな。

この記事へのトラックバック