2019.10.16 23:40

NBAバレエ団『海賊』

この週末、東京文化会館ではNBAバレエ団『海賊』が上演されます。
http://www.nbaballet.org/performance/2019/kaizoku/

2018年3月に初演された久保紘一版『海賊』(宝満直也さんも振付を担当)は2公演とも大盛況。今回はその再演です。

久保版『海賊』の特徴の一つはギュルナーレが主筋に大きく関わってくること。メドーラと並んでのダブルヒロインの役どころ。

ステージ・ファイティングの専門家である新美智士さんを招いて作り上げた戦闘シーンの迫力も見所です。
1ヶ月程前のリハーサルの動画。おそらくリハーサルを始めてすぐの頃で、動きが少しゆっくりしてますが、公演でははるかにスピーディな場面になっていることでしょう。
そしてこちらは1週間前。真ん中で大立ち回りをしているのは宝満さんでしょうか?

新垣隆さんが既存の曲を生かしつつ新しい曲を提供したことも話題を呼びました。

 NBAバレエ団『海賊』
 10月19日(土) 18:00
 10月20日(日) 15:00
 東京文化会館 大ホール

主要な役は全てダブルキャスト(なのでどちらか一方には決めかねて、私は両日行くことにしました)。

チケットの売れ行きは大変好調ながら当日券もあるそうです。
なお、ラグビーのワールドカップが開催されているため、手荷物検査が実施されるとのことですので、余裕のある来場を。


『海賊』といえば、今年3月に東京バレエ団が初演したのが記憶に新しいところ。こちらもとても素晴らしい&楽しい舞台でした。

実は来年は、日本バレエ協会(2月)、Kバレエカンパニー(5月)、谷桃子バレエ団(7月)が『海賊』を予定していて、この2年間で首都圏の団体が持つ『海賊』(おそらく)全てが上演されることになります。
『海賊』は版が違うと物語の展開も大きく異なるので、短期間で見比べることができるのはとても貴重な機会かつ大きな楽しみですね。

---------

洗足学園「世界音楽紀行」

洗足学園の「世界音楽紀行」(という講座があるらしいです)の第13回は「踊り にし・ひがし〜バレエと日本舞踊〜」。
https://www.senzoku-concert.jp/concert/?concert_id=2284

10月19日、こちらもこの週末、土曜日です。
バレエの解説は東京シティ・バレエ団芸術監督の安達悦子さん。
日本舞踊版「瀕死の白鳥」、バレエ版「鷺娘」などの実演もある、興味深い講座です。

2019.10.10 23:33

松山バレエ団『くるみ割り人形』

他のバレエ団同様、毎年12月に(時に11月にも)公演がある松山バレエ団の『くるみ割り人形』ですが、今年はいくつか内容にヴァリエーションがあり、公演数も少し多いようです。
一度紹介した公演もありますが、まとめてあらためて。

 10月20日(日) 14:00 きゅりあん(品川区立総合区民会館)
 『くるみ割り人形』(きゅりあん Special Version)
 主演:藤本晃子 本多裕貴

 11月23日(土) 15:00 フェスティバルホール(大阪)
 『くるみ割り人形』
 主演:森下洋子

 12月1日(日) 15:00 府中の森芸術劇場
 『くるみ割り人形』
 主演:佐藤明美 大谷真郷

 12月7日(土) 15:00 神奈川県民ホール
 『くるみ割り人形』
 主演:山川晶子 本多裕貴

 12月21日(土) 10:30/14:00 東京文化会館
 こども『くるみ割り人形』劇場
 主演:山ア萌未 石津紫帆 大谷真郷(10:30)
    岡村由美子 太細七保 本多裕貴(14:00)

 12月22(日) 13:30 東京文化会館
 『くるみ割り人形』
 主演:森下洋子


10月20日のきゅりあん Special Versionは、品川区在住・在勤・在学の方と松山バレエ団が共演。

こども『くるみ割り人形』劇場は「スペシャルハイライト」と銘打たれています。主演が女性2人・男性1人なのは、クララが途中で交替するのでしょうか。

---------

松山バレエ団『新 白鳥の湖』

こちらは神奈川県民ホール、3月20日(金)の公演。
https://www.kanagawa-kenminhall.com/detail?id=36411

松山バレエ団が年明けに『白鳥』を上演するようになって10年以上になりますが、たいていはNHKホールで、神奈川県民ホールは初めてでは(時期もたいていは1月なのに今回は3月ですね)と思ったら、ここで松山『白鳥』を上演するのがなんと25年ぶりとのこと。

オデットとオディールを踊るのは森下洋子さん。
一般発売は10月19日(土)です。

---------

台風19号の影響で、10月12日(土)に予定されていたバレエ シャンブルウエスト『白鳥の湖』は来年2月23日(日)に延期になりました。

10月12日公演のチケットをお持ちの方は、そのチケット記載の席で鑑賞できるそうです。


この週末は、東京都内ではKバレエカンパニーの『マダム・バタフライ』も上演予定ですが、こちらは10月12日の公演から他日公演への振替を受け付けるとの案内が出ています。
http://www.k-ballet.co.jp/news/201910/10_2.html

10月12日・13日の公演の上演の有無については公演当日の朝9時までにKバレエのTwitterInstagramチケットスペースのサイト等で発表するとのこと。


都内のバレエに限らず、各地のイベントが中止になったり、振替になったりしています。どのような選択をするにしろ、主催の方々は難しい判断を迫られて大変なことですね。

台風の接近している地域の方は、お出かけになる皆さんも家にとどまる皆さんも、くれぐれもお気をつけて。

2019.10.01 23:40

東京バレエ団『ラ・シルフィード』

来年3月の東京バレエ団『ラ・シルフィード』の日程・キャスト等が発表されました。
https://www.nbs.or.jp/stages/2020/lasylphide/index.html

 3月21日(土) 14:00
 3月22日(日) 14:00
 東京文化会館

 ラ・シルフィード:沖香菜子(21日)/川島麻実子(22日)
 ジェイムズ:秋元康臣(21日)/宮川新大(22日)

 一般発売:11月16日(土)


シルフィードは予想通り。2回公演ならジェイムズは宮川さん、秋元さん、柄本弾さんのうちのお二人思っていました。3回公演ならなお嬉しかったのですが。
柄本さんは森川茉央さんと共にマッジでしょうか(森川さんのマッジはまず間違いないと思ってます)。

川島さんと宮川さんの組み合わせは新鮮で、この点も楽しみです。

---------

「旅するフランス語」

東京バレエ団の柄本弾さんが出演するNHKの「旅するフランス語」が10月3日から始まります。

こちらは先日行われた記者会見の様子。
 [東京バレエ団ブログ][バレエチャンネル

メッセージ動画もありますよ。

番組を記念してのトークイベントも予定されています(10月19日(土) 紀伊國屋書店新宿本店)。

テキストには当然ながら柄本さんの写真がいっぱい。
巻末には「バレエへの招待」という読み物もついていますから(第1回は『眠れる森の美女』)、番組の中でも折に触れバレエが出てくるのではと期待しています。

NHKで半年という長い期間の放送ですから視聴者も多いでしょう。この番組をきかっけにバレエに興味を持つ方が増えればすてきですね。