2019.03.19 23:33

「公演カレンダー」を更新しました。

■ 国際バレエアカデミア「春期定期フェスティバル」
(5月6日 なかのZERO)
http://www.academia-ballet.jp/「春期定期フェスティバル」のお知らせ

■ ザハーロワ&レーピン「パ・ド・ドゥ for Toes and Fingers」
(6月8日 オーチャードホール)
https://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/19_trans_siberian.html

■ 「SUPER SWAN」(6月28日・29日 豊洲シビックセンターホール)
https://www.kcf.or.jp/toyosu/event/detail/?id=2361

■ 東京シティ・バレエ団『ロミオとジュリエット』
(7月13日・14日 ティアラこうとう)
https://www.tokyocityballet.org/schedule/schedule_000445.html

■ 谷桃子バレエ団「『白鳥の湖』」より第2幕」「ピーターパン」
(7月20日 めぐろパーシモンホール)
https://www.tanimomoko-ballet.or.jp/2019summer/

■ 谷桃子バレエ団『眠れる森の美女』(8月23日〜25日 日生劇場)
http://www.nissaytheatre.or.jp/schedule/famifes2019ballet/

コメントを付けてる時間がないので、とりあえず。

2019.03.14 08:17

東京バレエ団 夏の公演

第7回「めぐろバレエ祭り」での東京バレエ団公演は、「サマー・バレエ・コンサート」と『ドン・キホーテの夢』。
https://www.nbs.or.jp/stages/2019/meguro/index.html

「サマー・バレエ・コンサート」は、古典と東バ団員による振付作品の組み合わせです。

岡崎隼也さんの「理由」とブラウリオ・アルバレスさんの「夜叉」は、いずれもスタジオ・パフォーマンスで人気が高かったもの。
クラシック作品は斎藤友佳理 芸術監督らしいひねりがあって、「ディアナとアクテオン」はコール・ド・バレエ付きとのこと。とても楽しみです。

『ドン・キホーテの夢』の主演は2組。
秋山瑛さんと池本祥真さんは新鮮な組み合わせ。もう一組の伝田陽美さんと柄本弾さんは去年の夏に「エスメラルダ」のパ・ド・ドゥを一緒に踊っています。前回は悲嘆にくれつつ踊る役でしたが、今度は明るい街娘。強靭なテクニックの伝田さんのキトリに期待が膨らみます。

チケットの一般発売は5月11日と少し先ですが、その時までにはめぐろバレエ祭りの他のイベントも発表になっていることでしょう。

---------

明後日、3月15日(金)はいよいよ東京バレエ団『海賊』初演の幕が上がります。バレエ団のInstagramには熱気あふれるリハーサルや舞台の仕込の写真・動画が大量にアップされています。

【付記】2019.3.15 0:30
東バのブログに初日直前のレポートが掲載されました。
https://thetokyoballet.com/blog/blog/2019/03/content-2.html

2019.03.12 23:30

キエフ・クラシック・バレエ

「公演カレンダー」にキエフ・クラシック・バレエの7月〜9月公演の情報を掲載しました。

今回は「チャイコフスキー 夢の3大バレエ 名場面集」、「プリンセス・ストーリーズ」、「眠れる森の美女」の3つのプログラム。「プリンセス・ストーリーズ」は「白雪姫」「シンデレラ」「眠れる森の美女」のハイライト公演とのこと。

招聘元のインプレサリオ東京のサイトには、一部の東京公演の情報しか出ていませんが、ローソンチケットで検索すると、全国28の会場がずらっと並びます。
ここには掲載されていない市川市文化会館(7月27日)野田市文化会館(7月28日)での公演もありますから、全公演数は30を超えますね。かつてのレニングラード国立バレエ(現ミハイロフスキー劇場バレエ)のツアーを思い出します。

---------

ミハイロフスキー劇場と言えば11月公演の詳細が光藍社のサイトに掲載されています。
https://www.koransha.com/ballet/mikhailovsky_ballet2019/

演目は『パリの炎』とナチョ・ドゥアト振付の『眠りの森の美女』。
インターネットでチケットの先行受付も始まってます。

しかし今回は劇場のオーケストラは来日しないんですね。オケも一緒でこそのミハイロフスキーと思っているので、その点は非常に残念です。


その他、光藍社主催の夏のバレエ公演が2つ。

「親子で楽しむ夏休みバレエまつり」
「華麗なるクラシックバレエ・ハイライト」

どちらにも「ロシア4大バレエ劇場の競演」のサブタイトルがついています。光藍社の言う4大バレエ劇場とはどこだろうと出演ダンサーの所属(元所属含む)を見てみたら、ミハイロフスキー、マリインスキー、ボリショイ、キエフ、モスクワ音楽劇場。ん?劇場が5つあるんですけど。