2018.12.31 23:51

今年も良い舞台にたくさん出会えました。特筆すべきことは東京バレエ団の公演を見にオマーンのマスカットに行ったこと。決して旅行が好きとは言えない私が、中東の地に足を踏み入れることがあろうとは。

現地のロイヤルオペラハウス・マスカットでは『ラ・バヤデール』を3回見ましたが、ニキヤを川島麻実子さん、ソロルを秋元康臣さん、ガムザッティを二瓶加奈子さん(初役!)が踊った2日目が特に素晴らしく、2幕の影の王国のコール・ド・バレエの美しさにも心打たれました。

(ロイヤルオペラハウス・マスカットのFacebookに舞台写真が大量にアップされています。)


さて、いつも通り新年の樹をホームページに飾って、今年も終わり。
良いお年をお迎えください。

2018.12.25 23:52

東京バレエ団 今後の予定

東京バレエ団の来年のラインナップのお知らせチラシをいただきました。

 『海賊』
 3月15日(金)〜17日(日) 東京文化会館

 『白鳥の湖』
 「はじめての『白鳥の湖』 〜楽しいお話と第3幕〜」
 4月27日(土)〜29日(月) 東京文化会館

 『ドン・キホーテの夢』
 「バレエ・コンサート」
 8月下旬  めぐろパーシモンホール

 「セレナーデ」「ベジャール作品」「勅使河原三郎 新作」
 10月下旬 東京文化会館

 『くるみ割り人形』
 12月中旬 東京文化会館

 『ラ・シルフィード』
 2020年3月 東京文化会館

『ドン・キホーテの夢』と『くるみ割り人形』は全国公演も予定されているとのこと。

4月の「はじめての『白鳥の湖』」の主演は川島麻実子さん・秋元康臣さん(27日)、沖香菜子さん・宮川新大さん(28日)、上野水香さん・柄本弾さん(29日)。
(これは先日の『ザ・カブキ』会場で見たポスターに出ていました。)

「はじめての『白鳥の湖』」は12時開演で上演時間約1時間。『白鳥の湖』の方は15時開演ですから、ほどよく休みを挟んで、続けて2公演見ることもできますね。

8月の『ドン・キホーテの夢』と「バレエ・コンサート」は「めぐろバレエ祭り」の一環です。
12月の『くるみ割り人形』は新制作。チラシに「37年ぶりのニュープロダクション!」という文字が躍っています。大幅に変えるのでしょうか。

---------

東京シティ・バレエ団 来年の予定

お次は東京シティ・バレエ団の予定。
『くるみ割り人形』の公演プログラムに掲載されていた情報です。

 「トリプル・ビル」 3月2日(土)・3日(日)
 「セリフ付き『ジゼル』」 5月26日(日)
 『ロミオとジュリエット』 7月13日(土)・14日(日)
 「オーケストラ with バレエ」 10月6日(日)
 『くるみ割り人形』 12月中旬

会場はいずれもティアラこうとう。
また、9月21日・22日には恒例になった「Tiara Ballet Days」も予定されています。

ここ数年は豊洲文化センターで開催している「シティ・バレエ・サロン」は、来年はないのでしょうか。

---------

牧阿佐美バレヱ団 今後の予定

まだまだ続きます。今度は牧阿佐美バレヱ団。

 「プリンシパル・ガラ2019」 3月16日(土)・17日(日)
 『リーズの結婚』 6月8日(土)・9日(日)
 『三銃士』 10月5日(土)・6日(日)
 『くるみ割り人形』 12月14日(土)・15日(日)
 『ノートルダム・ド・パリ』 2002年3月14日(土)・15日(日)

『リーズの結婚』以降は公演ラインナップのチラシから。
会場はいずれも文京シビックホール。

おそらく主催が牧バレエ団ではないので上記のチラシには載っていませんが、5月11日には『ロメオとジュリエット』もありますね。


東バ、東京シティ、牧バレエ団は4月6日の「NHKバレエの饗宴」にも出演。こちらも非常に楽しみです。

2018.12.23 23:50

「公演カレンダー」を更新しました。

「The 6th BALLET TRADITION」
(4月26日 新宿文化センター)

田北志のぶさんがプロデュースする「BALLET TRADITION」が6回目を迎えます。

ゲストにイーゴリ・コルプとルスラン・スクヴォルツォフ。
今回は元東京バレエ団の岡本壮太さん振付作品の上演も。

チケット発売中です。申込みは専用フォームから。


東京シティ・バレエ団『くるみ割り人形』
(1月20日 足利市民会館)

来年1月、少し時期のずれた東京シティ・バレエ団の『くるみ割り人形』は、10周年を迎える足利ユースオーケストラとの共演。会場も足利ユースの本拠地である足利市民会館です。

詳しいキャストがこちらに(PDF)。
チケット発売中。S席はすでに完売とのことです。

---------

12月6日に発売された切手「楽器シリーズ 第1集」の台紙にバレエのイラストが登場。
バレエが日本切手のデザインに使われることは珍しいですね。ただ、テーマはチャイコフスキーの「くるみ割り人形」とのことですが、ちょっと取ってつけた感も。第2集以降はどうなるんでしょう。

2018.12.14 22:04

東京バレエ団『ザ・カブキ』(振付:モーリス・ベジャール)の上演は明日と明後日(12月15日・16日)、東京文化会館にて。
https://www.nbs.or.jp/stages/2018/kabuki/index.html

予習に『ザ・カブキ』キャラクター事典をどうぞ。
これはとてもよくまとまっていて、キャラクター・カードにして販売してほしいくらいです。
私の一押しはイノシシ。舞台に登場するのは一瞬ですから、見逃さないようにしなくては。

今公演で由良之助を演じる柄本弾さん、秋元康臣さんと歌舞伎役者の中村歌昇さんの鼎談が「レアニッポン」に掲載されています。
柄本さんと秋元さんの由良之助についての解釈の違い、歌舞伎の方がバレエ『カブキ』をどう見てるのかなど、興味深いお話がいっぱいです。

---------

日本物つながりというわけではないのですが、明日は『白鳥の湖』を日舞にした『鵠(くぐい)』という作品が、日本大学芸術学部の所沢校舎で上演されます。
演じるのは日大芸術学部の学生さん。

チラシの裏面の解説によると、気弱な青年が成長していく物語とのことで、ロットバルト(この作品では悪魔ロッド)も登場するみたいです。
音楽は何を使うのかも気になりますね。

2018.12.11 23:33

「公演カレンダー」を更新しました。

■ スターダンサーズ・バレエ団「Dance Speaks」
(3月30日・31日 東京芸術劇場)
https://www.sdballet.com/performances/1903_dancespeaks/

スタダンが「Dance Speaks」と題した公演で上演するのは、ジョージ・バランシンの「ウェスタン・シンフォニー」とクルト・ヨースの「緑のテーブル」。かなり雰囲気の違った作品が並びます。

一般発売は12月18日(火)。

「Dance Speaks」は都民芸術フェスティバル参加公演。同じく都フェス参加の東京バレエ団『海賊』とのセット券販売も。2公演のS席が2割引で購入できる、かなりお得なセットです。
セット券の発売は12月19日(水)。チケットぴあでのみ取り扱い。


■「NHKバレエの饗宴 2019」(4月6日 NHKホール)
https://www.nhk-p.co.jp/ballet/index.html

今年の「NHKバレエの饗宴」に出演するのは、4つのカンパニーとヒューストン・バレエからのお二人。

 カリーナ・ゴンザレス&吉山シャール ルイ・アンドレ
  『ロメオとジュリエット』から バルコニーのパ・ド・ドゥ
 C/Ompany「bolero/忘れろ」
 東京シティ・バレエ団「Octet」
 東京バレエ団「セレナーデ」
 牧阿佐美バレヱ団『ドン・キホーテ』第3幕

東京シティの「Octet」と東バの「セレナーデ」が一度に見られる日が来るとは。他の作品も含め、とても楽しみな組み合わせです。

一般発売は1月26日(土)。


■ 「オーチャード・バレエ・ガラ」
(7月27・28日 オーチャードホール)
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/19_balletgala.html

2015年に開催した「オーチャード・バレエ・ガラ」が4年ぶりに。
海外のカンパニーで踊る日本人ダンサーが出演します。

チケットの一般発売はまだ少し先の2月17日(日)。
この頃にはさらに詳しい情報が出てることでしょう。


■「横浜バレエフェスティバル2019」
(8月3日 神奈川県民ホール)
https://yokohamaballetfes.com/

夏の公演情報が続々と。こちらは5回目となる「横浜バレエフェスティバル」。現在発表されている出演者はこちら

公式サイトは2018年と2019年の情報が混在しているので、会場の神奈川県民ホールの情報の方がわかりやすいかもしれません(チラシ画像も見られます)。

一般発売は12月21日(土)。
神奈川県在住・在勤の方対象の神奈川県民シートの販売もあるそうです。

2018.12.06 23:21

東京バレエ団『白鳥の湖』

東京バレエ団が来年4月に『白鳥の湖』を上演します。
https://www.nbs.or.jp/stages/2019/swan/index.html

 4月27日(土) 15:00  主演:上野水香 柄本弾
 4月28日(日) 15:00  主演:川島麻実子 秋元康臣
 4月29日(月) 15:00  主演:沖香菜子 宮川新大
 東京文化会館

 S席 10,000円 A席 8,000円 B席 6,000円
 C席 5,000円 D席 4,000円 E席 3,000

一般発売は1月12日(土)。

今回は5歳〜25歳を対象とした“U25シート”も用意され、席は選べないのですが、チケット価格は破格の1,000円。
こちらの発売は3月29日です。

公演の主催は「上野の森バレエホリデイ」。
バレエホリデイは来春で3度目の開催ですね。公演はもちろん、これから少しずつ情報が出てくるであろう関連イベントも楽しみです。

---------

英国ロイヤル・バレエ団 来日公演

来年6月の英国ロイヤル・バレエ団公演も出演者等が発表されています。
https://www.nbs.or.jp/publish/news/2018/12/-2019-2.html

『ドン・キホーテ』は6公演。
「ロイヤル・ガラ」は「シンフォニー・イン・C」が目玉ということになりましょうか。他にマクミラン、アシュトン、ウィールドン、マクレガー、スカーレットの振付作品等を上演するとのこと。

一般発売は2月9日(土)。