2017.04.28 22:59

「第28回 バレエの祭典」

次回の「バレエの祭典」のラインナップが発表されました。
http://www.nbs.or.jp/stages/2017/saiten/index.html

 2017年11月 モーリス・ベジャール・バレエ団 
 『魔笛』
 「ボレロ」「ピアフ」「アニマ・ブルース」「兄弟」

 2018年2月 ハンブルク・バレエ団
 『椿姫』
 『ニジンスキー』

 2018年4月 東京バレエ団
 「セレナーデ」「真夏の夜の夢」

 2018年5月 英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団
 『眠れる森の美女』
 『リーズの結婚』

 2018年8月 世界バレエフェスティバル

 2018年11月 シュツットガルト・バレエ団
 『オネーギン』
 『白鳥の湖』


「世界バレエフェスティバル」も入っていますね。もうそんな時期なんですね。

東京バレエ団は4月に「セレナーデ」と「真夏の夜の夢」を上演。
「セレナーデ」はもちろんバランシン振付ですよね。
この組み合わせなら、もう1演目いけるんじゃないでしょうか。「イン・ザ・ナイト」(2月の公演が大変素晴らしかった)なんてどうでしょう?

---------

さて、明日・明後日は「上野の森バレエホリディ 2017」。バレエ関連イベントが盛りだくさんです。

野外ステージももう設置されていて、こちらはリハーサルの様子。スペースは予想していたよりはるかに広いですね。これなら少人数のコンテンポラリー作品はのびのび踊れそうです。
https://twitter.com/balletholiday/status/857556857077899265

東京文化会館の中で上演される『ドン・キホーテの夢』には、なんとウラジーミル・ワシーリエフさんが指導に来てくれたそう。ワシーリエフさん、お元気そうですね。
https://twitter.com/TheTokyoBallet/status/857195627716894720

ちなみに、左側後方に写っている白いものは、ロシナンテの恋人の白馬です、多分。
『ドン・キホーテの夢』には見所がたくさんありますが、ロシナンテと恋人の華麗な足さばきにもご注目。

2017.04.27 00:14

キエフ・クラシック・バレエ

「公演カレンダー」を更新しました。

キエフ・クラシック・バレエは7月から9月まで、全国およそ40ヶ所を巡回(公演数はさらに多い)。往時のマールイ(レニングラード国立バレエ)を思い出しますが、あれよりハードかもしれません。もっともマールイは、多い時には全幕を6演目なんてこともありました。

公演数は多くても、なぜか招聘元サイトの紹介ページは地味。むしろこちらの河口湖ステラシアターの方が、はるかに豪華です。
(河口湖ステラシアターは山梨県なので「公演カレンダー」には掲載していません。)

二山治雄さんが特別ゲストですが、出演日が限られていますのでご注意を。
チケット発売中です。

---------

キエフ・クラシック・バレエ公演の情報をまとめている時に、新国立劇場バレエ団の川越公演のお知らせを見つけました。
http://www.westa-kawagoe.jp/event/detail.html?id=668

演目は『しらゆき姫』。9月23日(土)、ウェスタ川越にて。
主演は池田理沙子さんと奥村康祐さん。

チケット発売日は5月19日(金)とのこと。


新国立劇場は5月5日から『眠れる森の美女』公演が始まりますね。

こちらに主要キャストも発表されています。
しかし5公演もあることですし、もう少し多様な配役でも良いのでは。キャスティングされた方に不満があるわけではないのですよ。ただ、才能豊かなダンサーが大勢いる新国立ですから、主要な役を踊る人が固定されてしまうのはもったいないなあと思います。

2017.04.25 23:55

今週末の「上野の森バレエホリデイ2017」で上演される、東京バレエ団「Choreographic Project」の詳細が発表されました(やっと)。
http://www.thetokyoballet.com/news/iiii.html

ブラウリオ・アルバレスさん、木村和夫さん、岡崎隼也さん、岡本壮太さん、竹本悠一郎さん、安楽葵さん振付の6作品を上演。

木村さんが作品提供しているのが意外!
出演メンバーを見ると、地に足をつけているより宙に浮いている方が長いんじゃないかというチームもいますね。
6作品とも大変楽しみです。

4月29日・30日の15:30〜16:00、17:00〜17:30の各日2回公演。
会場は東京文化会館の入口付近の野外特設会場。無料。

連休で上野公園にやって来る大勢の人も見ることでしょう。これを機会にバレエや東京バレエ団に興味を持ってくれる人が増えると良いですね。

庇があるとはいえ野外なので気になるのは天気ですが、現在のところ晴れか曇りの予報です。雨が降りませんように。


ところで、同じ4月29日・30日の東京バレエ団『ドン・キホーテの夢』の詳細なキャストは、当日発表なのでしょうか。

2017.04.21 23:49

「公演カレンダー」を更新しました。


○「堀内充 Ballet Collection 2017」(5月26日 めぐろパーシモンホール)
http://j-ballet-project.com/balletcollection.html

○谷桃子バレエ団「コンテンポラリーダンス・トリプルビル」(7月2日 かめありリリオホール)
https://www.tanimomoko-ballet.or.jp/news/20170702.html

○石神井バレエ・アカデミー「トリプル・ビル」(7月4日 文京シビックホール)
http://www.shakujii-ballet.com/triple_bill.html

○山本禮子バレエ団「Ballet Concert」(7月9日 太田市民会館)
http://www.otacivichall.net/events/event/217.html

○「千葉市・ヒューストン市 姉妹都市提携45周年記念バレエ公演」(7月22日・23日 千葉市美浜文化ホール)
http://chiba-houston-ballet.com/

○ロシアバレエアカデミーTOKYO「第20回記念コンサート」(8月26日 渋谷総合文化センター)
http://www.russia-ballet-tokyo.jp/concert/

○NBAバレエ団「HIBARI」「The River」(9月2日・3日 東京芸術劇場)
http://www.nbaballet.org/performance/2017/hibari/

○NBAバレエ団『くるみ割り人形』
(11月23日 所沢市民文化センター)
http://www.nbaballet.org/performance/2017/nutcracker_nov/
(12月9日・10日 東京芸術劇場)
http://www.nbaballet.org/performance/2017/nutcracker_dec/


7月の山本禮子バレエ団「Ballet Concert」は、建て替えられた太田市民会館のこけら落とし公演。
公演情報ページには何故かチラシの裏側しか掲載されていないのですが、こちらでチラシの表を見ることができます。

谷桃子バレエ団の「トリプルビル」には尾本安代さん、部尚子さん、伊藤範子さんが出演。心が動いたのですが、この日は東京バレエ団の『ラ・バヤデール』と重なっていますね。残念です。

石神井バレエ・アカデミー「トリプル・ビル」では、吉田都さん、酒井はなさん、西田佑子さん、沖香菜子さんが「パ・ド・カトル」を踊ります。

2017.04.19 23:20

東京シティ・バレエ団『コッペリア』

東京シティ・バレエ団は7月に『コッペリア』を上演(7月8日・9日 ティアラこうとう)。
http://www.tokyocityballet.org/schedule/schedule_000273.html

石井清子さんの舞踊生活80周年記念とのこと。
チラシのデザインが大変懐かしい。1988年の東京文化会館での公演のものですね。

チケット発売中です。


東京シティは8月にも日生劇場で『コッペリア』を上演します(8月25日〜27日)。
http://www.nissaytheatre.or.jp/schedule/コッペリア
(まだ上演時刻が不明です。)

こちらは“日生劇場版”と銘打っていますが、どこか通常のものと変わるのでしょうか。元々、そう長い演目ではないので、大幅に短縮されるということはないと思うのですが。

S席7,000円・A席5,000円のところ中学生以下は半額と、大変お得な価格設定になっています。
こちらの一般発売は5月26日(金)。


少し先になりますが、東京シティ・バレエ団は来年3月3・4・6日に東京文化会館で『白鳥の湖』を上演します。
https://twitter.com/tokyocityballet/status/847005402197778432

舞台美術は1946年の藤田嗣治によるものを復元・新制作するとのことで興味深いのですが、東京シティの石田種生版『白鳥』が好きなので、演出がどうなるのか気になります。

---------

ボリショイ・バレエ団の来日公演、エカテリーナ・シプーリナが降板してしまって大変がっかりしています(詳細は不明)。
http://www.japanarts.co.jp/news/news.php?id=2601

ワシーリエフとの『パリの炎』を楽しみにしていたのですが。