2016.10.27 00:17

昨日の記事の後半に少し書き足しました。読み返したら、本に対する不満が大きいような文章になっていたので(決してそんなことはありません)。


昨日書き忘れましたが、弥生美術館で山岸凉子さんの原画展が開催中です。
12月25日(日)まで。一部展示替えもあるそうです。
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/now.html

2016.10.25 23:26

『超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界』

バレエ漫画の金字塔と言えば、山岸凉子さんの『アラベスク』と有吉京子さん『Swan』ということになりましょうか。
しかし現在50歳前後だと、『小学○年生』に連載されていた谷ゆき子さんの漫画が、バレエとの最初の出会いという方も多いはず。

かつては広い読者を持ちつつも、どういう事情か単行本が一冊も出なかった谷さんですが、この度その魅力の一端を紹介した『超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界』が出版されました。

超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界

『超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界』
 図書の家 編集
 倉持佳代子 協力
 立東舎(2016.10.25発行)
 1,600円+税
 ISBN:4845628600 / 978-4845628605
 159ページ

中心となってまとめた方が若く、雑誌掲載時の読者ではないせいか、ストーリー展開の目まぐるしさに主眼を置き、バレエ漫画としての魅力(何と言っても絵の可憐さ!)に今ひとつ迫りきれていない点が多少物足りない気もします。

しかし、こちらの目次にある通り、親交のあった花村えい子さん、里中満智子さん、高橋真琴さん、辻真先さん、雑誌の担当者、そして谷さんの息子さんのインタビューや寄稿文、年表他よく練られた資料の数々、盛りだくさんのカラーページに、40ページ余の「バレエ星」の抜粋掲載と、充実した内容で、今後、谷ゆき子さんについて、そして日本のバレエ漫画について言及する時に、絶対にはずせない1冊になることは間違いありません。

この本が、今度は谷ゆき子さんのお描きになった漫画そのものの発刊につながれば良いなと願っています。

『超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界』はTwitterアカウントもあり、ツイート数は少ないですが、こちらでも図版を見ることができます。
https://twitter.com/TaniYukiko_bot

[2016.10.26 後半に少し書き足しました。]

2016.10.23 22:35

「公演カレンダー」を更新しました。

井上節子バレエシアター『白鳥の湖』(11月24 調布市文化会館)

『白鳥の湖』を井上節子さん独自の解釈でリメイクとのこと。

 オデット:富村京子
 オディール:田中祐子
 ジークフリート:藤野暢央

主演が豪華です。
田中祐子さんのオディールは迫力がありそう。


バレエ シャンブルウエスト『くるみ割り人形』
 (12月16日・17日 オリンパスホール八王子)

 金平糖の女王:
  橋本尚美(16日)/山田美友(17日昼)/川口ゆり子(17日夜)
 チャーミング王子:
  John Henry Reid(16日)/江本拓(17日昼)/逸見智彦(17日夜)

2日で3公演。逸見さんの王子役が見られるのも、シャンブル公演の魅力の一つですね。


NBAバレエ団『くるみ割り人形』(12月25日 所沢市民文化センター)

 クララ:岡田亜弓(11時)/竹内碧(15時)
 王子:橋真之(11時)/宮内浩之(15時)
 金平糖:竹田仁美(11時)/峰岸千晶(15時)
 カバリエール:大森康正(11時)/三船元維(15時)
 ドロッセルマイヤー:マシモ・アクリ

12月25日に2公演。ドロッセルマイヤーは去年に引き続きマシモ・アクリさんです。

公式サイトの予定表によると、NBAバレエ団は11月19日(土)に所沢市松井まちづくりセンターでも『くるみ』を上演するらしく気になっているのですが、詳細は不明です。


小林紀子バレエ・シアター『くるみ割り人形』(12月25日・26日 メルパルクホール)

 出演:島添亮子 アントニーノ・ステラ 高橋怜子 後藤和雄
    萱嶋みゆき 真野琴絵 冨川直樹 他

役名が不明ですが、島添さんの金平糖が一日はあるでしょう。
後藤和雄さんはドロッセルマイヤーでしょうか。

---------

新国立劇場『ロメオとジュリエット』にロミオ役とパリス役で出演予定だった井澤駿さんは、ケガのため降板。
http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/news/detail/161021_009312.html

10月30日のロミオは代わりにワディム・ムンタギロフさんが踊るそうです。

2016.10.20 23:17

洗足学園音楽大学のバレエコース第2回公演『白鳥の湖』には東京シティ・バレエ団、谷桃子バレエ団、牧阿佐美バレヱ団の皆さんが日替わりで出演。
http://www.senzoku-concert.jp/concert/?concert_id=1591

今年1月の『くるみ割り人形』には同じ3バレエ団がやはり出演していますので、毎年の恒例行事になるのでしょうか。

東京シティは出演者をすでに発表しています。
http://www.tokyocityballet.org/schedule/schedule_000240.html

 オデット/オディール:中森理恵
 ジークフリード王子:黄凱
 ロートバルト:小林洋壱
 王妃:安達悦子

王妃が安達悦子さんですよ!

また洗足学園の音楽祭(11月13日)では、牧バレエ団が「ガーシュウインズ・ドリーム」を踊るそうです。
http://www.ambt.jp/topics.html#topi1014

2016.10.08 23:51

松山バレエ団『新 白鳥の湖』

松山バレエ団は1月27日(金)にNHKホールで『新 白鳥の湖』を上演。
http://www.matsuyama-ballet.com/newprogram/2017_new_swanlake/

一般発売は10月13日(木)。

---------

8月30日に一度このブログに書きましたが、日本バレエ協会『ラ・バヤデール』の詳細情報が、日バ協のサイトに掲載されましたので、「公演カレンダー」に追加。
http://www.j-b-a.or.jp/stages/2017tomin-fest_bayadere/

主役以外の主要キャストも発表に。

今年3月の『眠れる森の美女』に続き、新国立劇場バレエ団の方が何人もキャスティングされていますね。ニキヤ、ソロルの他、ガムザッティ、大僧正にも。
去年まで、公演でほとんど接点の無かった日バ協と新国立ですが、今後は積極的に提携していくようになるのでしょうか(不満に思っているわけじゃないんですよ)。

2016.10.01 23:09

「公演カレンダー」を更新しました。

毎年のことですが『くるみ割り人形』公演が続々です。

○井上バレエ団『くるみ割人形』(12月10日・11日 文京シビックホール)
http://www.inoueballet.net/information/

○牧阿佐美バレヱ団『くるみ割り人形』(12月17日・18日 文京シビックホール)
http://www.ambt.jp/perform.html

○スターダンサーズ・バレエ団『くるみ割り人形』(12月23日〜25日 テアトロ・ジーリオ・ショウワ)
http://www.sdballet.com/performance/1612_nutcracker.html

○東京シティ・バレエ団『くるみ割り人形』(12月23日〜25日 ティアラこうとう)
http://www.tokyocityballet.org/schedule/schedule_000237.html


『くるみ』以外の公演も。

○「ARCHITANZ 2016 ダブル・ビル」(11月1日・2日 新国立劇場)
http://a-tanz.com/7858

○日本バレエ協会「Ballet クレアシオン」(11月5日 メルパルクホール)
http://www.j-b-a.or.jp/stages/平成28年度バレエクレアシオン/


毎年、日バ協の11月公演の情報を見ると、今年も残り少ないんだなあという気持ちになります。

---------

NBAバレエ団はスタジオカンパニーのメンバーによる『白鳥の湖』を上演。10月10日、所沢市民文化センターにて。

NBAは来年2月にマーティン・フリードマン振付の『ロミオとジュリエット』を予定していますが、ロミオ役はウラジミール・シクリャローフが踊るとのこと。

---------

牧阿佐美バレヱ団が60周年史を発行。
http://ambt.jp/60years.html

22,000円という価格にちょっと驚きましたが、およそ400ページと聞くと納得できます。別に活動詳細年表も付くとのこと。

---------

新国立劇場は来年10月〜11月にかけて『くるみ割り人形』を上演。
http://www.nntt.jac.go.jp/release/detail/160930_009171.html

今年ではなく来年の話です。ウエイン・イーグリングが演出・振付するものを新制作。
新国立の『くるみ』は、ワイノーネン版、牧阿佐美版に続き3つ目ですね。

---------

東京バレエ団出演『魔笛』

バレエではありませんが、東京バレエ団員がオペラ『魔笛』に出演します。
3月18日・19日、神奈川県民ホールにて。
http://www.kanagawa-kenminhall.com/detail?id=34583

演出は勅使川原三郎さん。
東バの出演者は下記の皆さん。

 渡辺理恵 川島麻実子 奈良春夏 沖香菜子
 吉川留衣 矢島まい 三雲友里加 政本絵美
 秋元康臣 宮川新大 氷室友 岡崎隼也
 松野乃知 永田雄大 入戸野伊織 高橋慈生

プリンシパルも多数出演して、精鋭部隊のようなメンバーです。

9月に愛知県芸術劇場で上演されたものの再演です。
私は残念ながら9月公演は見ていませんが、「ぶらあぼ」でリハーサルやゲネプロの写真が見られます。
稽古場レポート] [GPレポ

チケット発売中。