2014.08.27 23:48

バジルが降板となった東京バレエ団『ドン・キホーテ』は、代わりにヴャチェスラフ・ロパーティンが出演。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/2014-08-20.html

---------

デイヴィッド・ホールバーグは11月のボリショイ・バレエ団日本公演も降板が発表されました。
http://www.japanarts.co.jp/blog/blog.php?id=1115

---------

映画「赤い靴」

鎌倉芸術館で映画「赤い靴」を上映(10月5日)。
http://www.kamakura-arts.jp/calendar/2014/10/010618.html

上野水香さんのトークもあります。

2014.08.21 23:57

東京バレエ団『ドン・キホーテ』に主演予定だったデヴィッド・ホールバーグが、手術のために降板。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/2014-08-20.html

代わりの出演者は、決まりしだい発表とのこと。
この『ドンキ』はキトリ役もエフゲーニャ・オブラスツォーワからアナスタシア・スタシュケヴィチに変更されています。全幕のゲストが二人も交替するのは、NBS公演では珍しい気がします。

ともあれ、ホールバーグが早期に回復しますように。

---------

この週末(8月23日・24日)に小林紀子バレエ・シアターの「トリプル・ビル」が上演されますが、新しいチラシにキャストが出ていたので、書いておきます。

 「コンチェルト」
  第1楽章:真野琴絵&上月佑馬(両日)
  第2楽章:島添亮子&ジェームス・ストリーター(両日)
  第3楽章:喜入依里(23日)/高橋怜子(24日)

 「三人姉妹」
  オーリガ:喜入依里(両日)
  マーシャ:島添亮子(両日)
  イリーナ:高橋怜子(両日)
  アンドレイ:照沼大樹(両日)
  ナターシャ:萱嶋みゆき(両日)
  クルイギン:後藤和雄(両日)
  ヴェルシーニン:アントニーノ・ステラ(両日)

 「エリート・シンコペーションズ」
  Bethena Waltz:高橋怜子&ジェームス・ストリーター(23日)
          島添亮子&アントニーノ・ステラ(24日)
  Calliope Rag:喜入依里(両日)
  Friday Night:冨川直樹(23日)/上月佑馬(24日)
  The Golden Hours:萱嶋みゆき(23日)/真野琴絵(24日) 後藤和雄(両日)

大変楽しみです。

2014.08.19 23:13

新国立劇場バレエ団『ラ・バヤデール』主演キャスト

来年2月の新国立劇場バレエ団『ラ・バヤデール』主演キャストが発表に。
http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/news/detail/140818_005755.html

 2月17日(火)・19日(木) 小野絢子&ワディム・ムンタギロフ
 2月21日(土) 長田佳世&菅野英男
 2月22日(日) 米沢唯&福岡雄大

今気づきましたが4公演しかないんですね。せっかくの全幕公演なのに、もったいない気がします。
一般発売は11月1日(土)

---------

ワガノワ・バレエ・アカデミー公演

来年の話かと思ったら、再来年(2016年)の1月〜2月に来日とのこと。
http://www.arstokyo.jp/2015/ps3/index.html

演目は『くるみ割り人形』。

2014.08.10 23:41

8月14日から始まる「睡眠― Sleep ―」のために、オーレリー・デュポンが来日。
https://twitter.com/geigeki_info/status/497657779830923265

勅使河原三郎+オーレリー・デュポンという組み合わせは、予想がつかないところが面白いです。

---------

アダム・クーパーがミュージカル「雨に唄えば」に主演。
11月1日(土)〜24日(月)。東京シアターオーブにて。
http://hpot.jp/stage/sitr

プロモーションヴィデオはこちら

チケット発売中。

---------

口に当てて咳音を小さくするミニクッションがあるらしいです。
その名も「ピアニッシモ」

効果のほどはいかがなんでしょう。

2014.08.03 23:07

「クリスマス・スペシャル・クラシックス」

光藍社が12月24日(水)に、バレエとオーケストラのコンサートを企画。
http://www.koransha.com/orch_chamber/Xmas_specla_ballet2014/

出演はキエフ・バレエとウクライナ国立歌劇場管弦楽団です。
演目は『眠りの森の美女』『白鳥の湖』『くるみ割り人形』の組曲。

会場は東京オペラシティのコンサートホール。
このホールにオケピットは無いと記憶しているので、とするとオケもバレエと一緒に舞台の上でしょうか。

一般発売は8月29日(金)。
P席も売り出されるそうです。

---------

牧阿佐美バレヱ団『ジゼル』(8月22〜24日)の詳細キャスト。
http://www.ambt.jp/perform.html#cast1

小嶋直也さんのウィルフリートとか、京當侑一籠のヒラリオンとか、どんな感じだろうと眺めていたら、宮浦久美子さんという大変懐かしいお名前を発見。
うっかりしていましたが、去年10月の『椿姫』から、また牧バレエ団の公演に出演されているのですね。

あまりの懐かしさに、1988年夏号の『バレエの本』(という雑誌があったんです)を引っ張り出して、宮浦さんのインタビューを再読しました。透明で儚げな雰囲気の方でしたが、ご本人のスタジオのサイトの写真を拝見すると、今も当時の面影が。