2013.09.28 13:14

東京バレエ団『ロミオとジュリエット』

公演の詳細が発表になりました。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/cat19/post-471.html

 主演キャスト:河谷まりあ 後藤晴雄(2月6日・9日)
        エレーヌ・ブシェ ティアゴ・ボァディン(2月7日)
        沖香菜子 柄本弾(2月8日)

東バの2組は新鮮な組み合わせですね。楽しみです。
一般発売は11月9日(土)。

2013.09.26 23:38

新国立劇場 全国公演

新国立劇場「ジ・アトレ」に全国公演のお知らせが出ていました。

 1月23日(木) 19時 厚木市文化会館 (発売 11月23日)
 1月26日(日) 13時半 姫路市文化センター (発売 10月24日)
 1月28日(火) 19時 和歌山県民文化会館 (発売 9月27日)

 「パ・ド・カトル」
 「アリアのための序曲」(振付:貝川鐵夫)
 『ドン・キホーテ』第3幕よりグラン・パ・ド・ドゥ
 『白鳥の湖』より第2幕

出演者は決まり次第、サイトで告知とのこと。

---------

東京シティ・バレエ団は1月25・26日に『白鳥の湖』上演。会場はゆうぽうとホール。
https://twitter.com/tokyocityballet/status/382434961480896512

キャストも発表されています。
ツイッターの情報が先行しましたが、そのうち公式サイトにも載るでしょう。

---------

牧阿佐美バレヱ団は来年3月に『三銃士』(3月8日・9日、ゆうぽうとホール)。
『椿姫』(10月公演)のチラシに出ていました。

---------

今年の日本バレエ協会の「Balletクレアシオン」は野村一樹さん、前田新奈さん、藤野暢央さん、江藤勝己さんの4作品。
http://www.j-b-a.or.jp/topics_top.html

11月9日(土)、メルパルクホールにて。
出演者の発表はもう少し後でしょうか。

2013.09.18 23:55

谷桃子バレエ団『リゼット』

谷桃子バレエ団は来年『リゼット』を上演。
http://www.tanimomoko-ballet.com/news/company/index_news.php?b=30

3月1日・2日、ゆうぽうとホールにて。
『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』『リーズの結婚』というタイトルでもおなじみの作品ですが、こちらはフレデリック・アシュトン版ではなく、スラミフィー・メッセレルによる振付を元にしています。

主演は永橋あゆみさんと三木雄馬さん、齊藤耀さんと酒井大さんの2組。
ニケーズ(アシュトン版ではアラン)を誰が踊るのかも気になるところです。

---------

パリ・オペラ座バレエ団来日公演

来年3月のパリ・オペラ座バレエ団公演のキャスト等が発表されました。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/2013-7.html

主演キャストを見ると時の流れを感じます。

2013.09.17 23:48

東京バレエ団『ロミオとジュリエット』

東京バレエ団による『ロミオとジュリエット』(振付:ジョン・ノイマイヤー)は、来年2月6日(木)〜9日(日)。本日先行チラシが届きました。
会場は東京文化会館。

出演者、開演時間他は9月下旬に発表予定。
チケット発売は10月中旬予定。

この公演の配役は全てノイマイヤーによって決定されるとのこと。
4日間ということは、主役は3キャストは期待できるでしょうか。

---------

来年2月の「ARCHITANZ 2014」で、ロバート・テューズリーが「マノン」を踊ります。1場面だけでしょうが、これがテューズリーの現役引退公演になるそうです。
http://www.a-tanz.com/dance/architanz2014.html

お相手は酒井はなさん。
このお二人は2003年の新国立劇場の公演で『マノン』全幕を踊っていますね。

「ARCHITANZ 2014」は2月11日(火)・ 12日(水)、新国立劇場中ホールにて。
「マノン」の他、「HAGOROMO」「POLI'GONO」を上演。

---------

こちらは、先日、東京ニューシティ管弦楽団のコンサートのために来日したアンドレイ・アニハーノフさん。
10月18日発行の「ぶらあぼ」11月号にインタビューが載るそうです。

2013.09.09 23:14

11月公演いろいろ

○武蔵野シティバレエ『ロミオ&ジュリエット』
http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2013/08/28.html

武蔵野シティバレエの今年の演目は『ロミオ&ジュリエット』。
主演は伊藤さよ子さんと檜山和久さん。

11月17日(日)、武蔵野市民文化会館にて。
チケット発売中です。気づいたら売り切れということが多い公演ですので、お求め予定の方はお早めに。

武蔵野シティの公演は息長く回数を重ね、今年で28回目。
過去27回のチラシをこちらで見ることができます(画像をクリックすると大きくなります)。貴重な記録です。


○東京小牧バレエ団「トリプル・ビル」
http://www.komakiballet.jp/?cat=3

11月2日(土)・3日(日)、新国立劇場(中劇場)にて。
演目は「新世界」「マタハリ」「レ・シルフィード」。

「新世界」は演出・振付が小牧正英、美術担当が小磯良平、音楽協力が朝比奈隆と服部良一という作品だそうで、舞台にかかるのは63年ぶりとか。
全部で4楽章から成るところ、今回は第2楽章を上演。

元スターダンサーズ・バレエ団の李波さんもご出演。「マタハリ」を踊ります。

小牧バレエ団はサイトをリニューアルしたんですね。


○ベラーム・ステージ・クリエイト「シンフォニック・バレエの夕べ」
http://www.belleame.org/stage/ticket.html

実は今一番気になっている公演がこれなのですが、公式サイトにはまだ詳しい情報が出ていません。
チケットぴあによると、11月8日(金)19時開演、会場はゆうぽうとホール。

出演は黄凱さん、貞松正一郎さん、猪俣陽子さん、西村真由美さん、原田秀彦さん、志賀育恵さん他。

上演作品のうち「The Scarlet Letter A(緋文字)」は確定していて、それ以外にもう1、2演目あるんじゃないかと思います。

黄凱さんが「緋文字」の牧師、貞松さんがヘスター・プリンの夫でしょうか。
ヘスター・プリンは、猪俣さん、西村さん、志賀さんのどなたになるのか予想がつきません。

いずれにしろ、多胡寿伯子さん振付の「緋文字」が大変好きな私は、必ず行くと決めています。