2012.09.29 12:48

「こどもの城」閉館

厚生労働省が「こどもの城」を閉館すると発表(時事通信 2012年9月28日)。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&rel=j7&k=2012092800424

(以下引用)厚生労働省は28日、国立総合児童センター「こどもの城」(東京都渋谷区)を2014年度末に閉館すると発表した。建物の老朽化が進んだことや、子どもに遊び場を提供するなどの役割を終えたことが理由。閉館後の跡地利用などは今後、検討する。(引用終わり)


老朽化って、開館が1985年ですからまだ30年も経っていませんよ。
仮に子供に遊び場を提供する役割を終えたとしても、一部を改修して別の施設として転用すれば良いだけでは。

併設されている青山劇場と青山円形劇場がどうなるのか、大変気になります。
青山劇場は最近バレエはあまり上演されていませんが(「青山バレエ・フェスティバル」も無くなりましたし)、舞台が見やすくて好きな劇場です。
青山円形劇場はその名の通り、舞台が円形のユニークな構造で、ダンス公演だけではなく芝居にもよく使われているようですから、痛手と感じる方は多いでしょう。


これは、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんのTwitterによる書き込み。

(以下引用)大ショック。青山円形劇場でしかできない演出がたくさんある。まいった。これで「黒い十人の女」の再演計画も立ち消えだ。(引用終わり)
2012年9月28日 16:16

(以下引用)TOPS閉館もショックでしたが、今の東京で、円形劇場ほど代えのきかない劇場はありません。悲しいけれど、14年に行う公演を精一杯の餞にしたいと思います。(引用終わり)
2012年9月28日 16:55


上記のツイートのリンクを辿ると、2010年の時点でこどもの城について「建物はまだ十分使用に耐えられることが確認されている」との厚生労働省の報告書が紹介されていました。
http://www.mhlw.go.jp/jigyo_shiwake/dl/19-1f.pdf

この報告書は、厚労省の事業仕分けに関するもの(第19回 2010年10月25日 児童育成協会の「改革案」が当該文書です)。
なるほど、たしかに「建物はまだ十分使用に耐えられる」と、はっきり書いてあります。

やはり老朽化は閉館のための方便であって、事実ではないのでしょう。
しかし、経費削減のための事業仕分けに端を発する話が、まだまだ使える建物の取り壊し(=経費の無駄遣い)とは本末転倒。
今後、閉館に反対する声が大きくなって計画変更ということも、もしかしたらあるかもしれませんね。

(時事通信の記事には「取り壊し」という言葉は出ていませんが、建物の老朽化を表向きの理由とするならば、存続して使うことは考えられず、ならば取り壊すのだろうと理解しています。)

2012.09.27 23:50

井上バレエ団『くるみ割人形』

井上バレエ団『くるみ割人形』のキャスト等が発表に。
http://www.inoueballet.net/information/

  12月15日(土)18時30分/16日(日)15時
  文京シビックホール 大ホール

  金平糖の精:宮嵜万央里(15日)/西川知佳子(16日)
  王子:カルロス・ロペス(15日)/藤野暢央(16日)
  雪の女王:西川知佳子(15日)/阿部真央(16日)
  ドロッセルマイヤー:堀登(両日)
  ねずみの王様:大倉現生(両日)


井上バレエ団のサイトで、申込受付中。
チケットぴあでの発売は10月2日(火)から。

2012.09.23 21:23

モーリス・ベジャール・バレエ団公演

モーリス・ベジャール・バレエ団日本公演の詳細が発表に。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/2013.html

2プログラムで8公演は、最近NBSが招聘するバレエ団の公演では多い方では。
『ライト』は3日間同じキャストなんでしょうか。

---------

牧阿佐美バレヱ団『くるみ割り人形』の雪の女王は、清瀧千晴さんだった最終公演は 久保茉莉恵さんになっています。まあ、そうでしょうね。

発売日も10月3日(水)に訂正。

---------

新国立劇場バレエ団『シルヴィア』のサイトで、物語の予習ができます(ストーリーボード)。
あまり馴染みのない演目ですが、これを見てからキャスト表を眺めるとわくわくしますね。

新国立劇場バレエ団『シルヴィア』は、10月27日(土)より。


ところで、この公演特設サイトのトップページに行ったら、突然音楽が鳴り出すのは何とかならないんでしょうか。しかも止めるボタンすら見当たらないので、いつもあわててPCのスピーカーをオフにしています。

2012.09.19 21:41

牧阿佐美バレヱ団『くるみ割り人形』

牧阿佐美バレヱ団『くるみ割り人形』のキャスト等が発表になりました。
http://ambt.jp/schedule.html

2日で3公演、3キャストなのですが、なぜか雪の女王に清瀧千晴さんのお名前が。
後で訂正されるのか、それとも、雪の女王を男性が踊るヴァージョンなのか。

チケットの一般発売は10月10日(水)。

---------

訂正と言えば、前に「ダニール・シムキンのすべて」でイザベラ・ボイルストンが2曲続けて踊ることになっているのは何かの間違いでしょうと書きましたが、チラシでもやはり、ボイルストンは「雨」と「スターズ・アンド・ストライプス」を踊ることになっています。

「雨」でシムキンがソロを踊っている間に、「スターズ」の衣裳に着替えるんでしょうか。
実際に11月の公演を見れば、こういうことかと納得できるんでしょうけど。

2012.09.18 23:36

東京バレエ団『オネーギン』レンスキー役変更。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/post-419.html

レンスキーを踊る予定だったマライン・ラドメーカー急病のため、アレクサンドル・ザイツェフが代役に。

6月の『白鳥の湖』交替に続き、全幕を踊るラドメーカーにはなかなか縁がありませんが、体調が気がかりです。次の機会には元気な姿を見られますように。

2012.09.17 23:10

○「成人の日コンサート」で牧阿佐美さん振付の「ボレロ!」を上演
http://ambt.jp/topics.html#topics-120912

来年のサントリーホールでの公演。「ボレロ」じゃなくて「ボレロ!」です。
出演は吉岡まな美さん、笠井裕子さん、久保茉莉恵さん、逸見智彦さん、京當侑一籠さん、菊地研さん。


○マリインスキー・バレエの出演者変更
http://www.japanarts.co.jp/blog/blog.php?id=31

ダンサーの都合により、ヴィクトリア・テリョーシキナ、アリーナ・ソーモワ、アナスタシア・マトヴィエンコの出演が取りやめに。
代わりの出演者は、現在調整中とのこと。


○Kバレエカンパニーが『シンデレラ』を上演
http://www.k-ballet.co.jp/performances/2013-cinderella

来年3月、オーチャードホールにて。

2012.09.08 12:23

先日の映画情報で書き忘れていましたが、東京国立近代美術館フィルムセンター(京橋)で「赤い靴」を上映。
http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/34PFF/Kaisetsu_12.html

  9月18日(火) 12時30分
  9月21日(金) 13時30分

「PFFぴあフィルムフェスティバル」のプログラムの一つだそうです。

料金はこちら


マリ=クロード・ピエトラガラが出演する映画「リヴィッド」は、本日よりシアターN 渋谷で上映(モーニング&レイトショー)。
http://www.livid.jp/

ストーリーとキャスト紹介によると、ピエトラガラは元バレエ教師で今は眠り続ける老人という役どころ。特殊メイクも施されたみたいです。
予告映像の冒頭には、現役のバレエ教師だった頃と思われるピエトラガラが出てきます。相変わらずの存在感ですね。

---------

新国立劇場の「First Steps」の情報が、公式サイトに載りました。
http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/30000030_4_ballet.html

新国立劇場バレエ団ダンサー9名の振付作品を上演。

---------

東京バレエ団『くるみ割り人形』の詳細キャスト発表。
http://thetokyoballet.com/schedule/?id=80

11月のワイノーネン版の方です。
12月のベジャール版『くるみ』のキャスト追加発表は、もう少し先でしょうか。

2012.09.04 23:53

スターダンサーズ・バレエ団『くるみ割り人形』

スターダンサーズ・バレエ団『くるみ割り人形』は12月22日〜24日、テアトロ・ジーリオ・ショウワにて。
一般発売は、9月10日(月)。
http://www.sdballet.com/performance/performance.html

鈴木稔さん演出・振付の新作ですが、公演情報のページを見る限り、どのような作品になるのかまだわかりません。
ホームページのアニメーションに表示される「クリスマスにおこる不思議なできごと、クララは家族のもとに戻るのか・・・?」という文字が、唯一のヒントですね。

---------

岩田守弘さんが国立ブリャート歌舞劇場バレエ団芸術監督に。
http://mainichi.jp/feature/news/20120904dde041040018000c.html
(毎日新聞 9月4日夕刊)

7月に薄井さんのお祝い公演で見た岩田さんの「ゴパック」の素晴らしさが忘れられず、まだまだ踊れるのにと思っていましたが、今後もダンサーとして舞台に立つ意向のようです。新たな場所でもまたご活躍されますように。


ところで、記事に「日本人では堀内元さん(48)が00年から米セントルイス・バレエ団を率いているが、海外バレエ団の芸術監督を務める例は少ない。」と書いた大前仁さんという記者さん、バレエがお好きなんでしょうか。
細かい数字は後で調べて補足するにせよ、こういう一文はバレエに興味の無い方には入れられない気がするのですが。

2012.09.03 23:36

映画情報など

ピエール・ラコットとギレーヌ・テスマーのドキュメンタリー「バレエに生きる」は、この土曜日(8日)よりBunkamuraのル・シネマで公開。
http://www.alcine-terran.com/ballet/


ユース・アメリカ・グランプリの舞台裏を撮った「ファースト・ポジション」は、12月よりロードショー。
http://firstposition-movie.com/


バレエではありませんが、ジェローム・ロビンス振付の『ウェスト・サイド物語』をオーケストラの生演奏付きで上演。
http://westsidestory-concert.jp/

9月21日(金)・22日(土)、東京国際フォーラム・ホールAにて。
(9月24日(月)に大阪のオリックス劇場でも上演。)
指揮は佐渡裕さん、演奏は東京フィルハーモニー交響楽団。


10月31日(水)、新国立劇場・情報センターでバレエ『アラジン』の舞台映像を上映。
http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/30000185.html

先着30名程度、事前予約は不要。
芝居とオペラは日曜・祝日なのに、なぜバレエだけ平日の昼なんでしょう。