2012.04.26 00:07

東京シティ・バレエ団『真夏の夜の夢』他

7月の東京シティ・バレエ団『真夏の夜の夢』のキャスト等が発表になってます。
http://www.tokyocityballet.org/event/event51.html

7月7日・8日、ティアラこうとうにて。
チケット発売中。


もう一つ東京シティ・バレエ団関係のイベントを。
5月5日4時半より、丸ビル1階のMARUCUBEで、パフォーマンスをするそうです。
http://www.tokyocityballet.org/event/event52.html

演目は『くるみ割り人形』から「トレパック」「中国の踊り」「金平糖の踊り」、『白鳥の湖』から「四羽の白鳥」。
オーケストラの演奏付き(丸の内交響楽団というオケがあるのですね)。

このパフォーマンスは「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭2012」のプログラムの1つ。

その他にも「チャイコフスキーとロシア音楽展」という、これまたバレエファンには嬉しい展示もあります。こちらは4月27日から5月5日まで。

2012.04.23 23:53

井上バレエ団『ジゼル』

井上バレエ団、この夏の演目は『ジゼル』。
http://www.inoueballet.net/information/

  7月21日(土)18時45分/22日(日)15時
  文京シビックホール

  ジゼル:島田衣子(21日)/宮嵜万央里(22日)
  アルブレヒト:エマニュエル・ティボー
  ヒラリオン:藤野暢央
  ミルタ:村明日賀(21日)/西川知佳子(22日)
  クールランド公:シリル・アタナソフ
  バチルド:藤井直子
  パ・ド・ドウ:小絵美子(21日)/阿部真央(22日) クリストファー・リカ―ト


ゲストが4人、豪華です。

島田衣子さんは久々の井上バレエ団出演です。おそらく2009年12月の『くるみ割り人形』以来。
バチルドの藤井直子さんは、大変おきれいでしょうね。


11月・12月のマリインスキー劇場公演もそうですが、45分開演というのは最近のバレエ界のはやりなんでしょうか。

---------

光藍社がロゴデザインを変更

既視感があるのは気のせいでしょうか。飛び跳ねて踊っている人のようにも見えますね。

2012.04.20 23:01

マリインスキー・バレエ公演詳細

11月に来日するマリインスキー・バレエの特別サイトが開設されました。
http://www.japanarts.co.jp/html/2012/ballet/mariinsky/index.htm

公演日程等はこちら。キャストの発表はまだみたいですね。

料金は「平日料金」と「休日料金」の2本立て。演目も会場もほぼ関係なし(文京シビックホールと府中の森芸術劇場の席種が1つ少ないだけ)。
他のジャンルは知らず、バレエ公演でこういう料金設定は、私は初めて見ました。

そういえば、同一バレエ団の同一演目で、出演者によって料金を変えたのも、私の知る範囲ではジャパン・アーツが最初でした。1997年のボリショイ公演で、ニーナ・アナニアシヴィリ、熊川哲也出演日だけチケット価格が高かったのです。

その後、Kバレエカンパニーでは熊川さん出演日は料金が高いのが当たり前になり、今やNBS主催の公演にまで、この方式は波及しました(私は当時も今もこれには批判的ですが―もちろん、若手育成と銘打っている公演は話が別です)。そのうち、「平日/休日料金」も、珍しくない時が来るかもしれませんね。

2012.04.19 23:55

新国立劇場『シンデレラ』

新国立劇場では「こどものためのバレエ劇場」と題して、7月27日〜29日に『シンデレラ』を上演。アシュトン版ではなく、小倉佐知子さんによる振付です。
http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/20000636_ballet.html

一般発売は4月28日。

8月・9月には以下の会場でも公演が予定されています。

  兵庫県立芸術文化センター(8月11日)
  柏崎市文化会館アルフォーレ(8月19日)
  サンポートホール高松(8月26日)
  茅ヶ崎市民文化会館(9月1日)


東京公演のチラシはこちら(PDF)

たしかにシンデレラではありますが、もう少し夢のある絵柄でも良かったような。
それと「親子で楽しむバレエファンタジー!」のコピー、縦の長音記号に“!”が上下に重なるのは、見た目があまりよろしくないですね。ビックリマークは好きですが、これは気に入りません。

2012.04.10 23:52

いろいろ

○「オールニッポンバレエガラ2012」
http://nippon-balletgala.com/index.html

「オールニッポンバレエガラ」、去年に引き続き開催。8月15日、メルパルクホール。
去年に引き続き、平日18時開演。来年もやるとしたら、この点は再考した方がいいと思いますが。

去年のフィナーレの様子はこちら


○バレエ シャンブルウエスト『おやゆび姫』
http://www.nissaytheatre.or.jp/program/2012/01/program-383.html

夏の日生劇場公演。中学生以下の方は、大変S席3千円、A席2千円と大変お得なチケット価格です。
一般発売は5月25日。


○O.F.C「ルードヴィヒ」の出演者等
http://homepage2.nifty.com/ofc/stageinfo201212.htm

12月27日、東京文化会館にて。
合唱隊・コロスを募集中


○新国立劇場「オンラインツアー バレエのつくりかた」
http://www.nntt.jac.go.jp/library/onlinetour/index.html

舞台監督・照明・音響・衣装他、スタッフが自分の仕事を語る映像が特に面白いです。
新国立のスタッフといえば、採用情報にも職員へのインタビューが載ってますね。


○新国立劇場「バレエ・アステラス☆2012」の出場者募集
http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20001948.html

公式サイトに募集が出たのが4月3日で締切が20日必着というのはあわただしい気がしますが、出演を考えている人は、募集前から日程の検討等はしてるのでしょうね。


○マリインスキー・バレエ公演の一般発売は6月3日
http://www.japanarts.co.jp/hatsubai.htm

公演は11月15〜12月2日。東京文化会館と文京シビックホールで。


○NBS「2012年度学生会員」登録受付
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/renew/2012-2.html

2012.04.01 23:23

「ロイヤル・エレガンスの夕べ」

8月に鎌倉芸術館で、英国ロイヤル・バレエ団のダンサーを招いて「ロイヤル・エレガンスの夕べ」が開催されます。
http://dancetoursproductions.com/index.html

  8月30日(木)19時/8月31日(金)15時
  鎌倉芸術館 小ホール
  出演:ラウラ・モレーラ サラ・ラム マリアネラ・ヌニェス 崔由姫
     スティーヴン・マックレー ティアゴ・ソアレス
     ネマイア・キッシュ リカルド・セルヴェラ

豪華な出演者ですが、会場はなぜか600席の小ホール。
夏休みとはいえ平日、しかも鎌倉での公演という点を考慮したのでしょうか。

チケット発売は5月5日(土)。

---------

3月30日にNHKホールでの「バレエの饗宴」に行きました。

合唱付きの「ダッタン人の踊り」(谷桃子バレエ団)、生演奏の「ザ・カブキ」(東京バレエ団)に心が浮き立ちました。祝祭感があっていいですね。
他の演目もみどころ満載で、あっと言う間の2時間余でした。

どういう事情か「四大バレエ団競演」はやらなくなって久しいし、気がつくと「日本バレエフェスティバル」もここしばらくは無いのですが、日本で活動しているバレエ団・ダンサーが一堂に会するのは、やはりそれだけで嬉しいものです。
せっかくですから、今後も続けてほしいですね。年度末最後の平日でも3600席が完売になる人気公演だと、NHKが手応えを感じてくれているといいのですが。

当日配布のキャスト表によると、この公演は6月17日(日)15時〜17時、Eテレ(教育テレビ)にて放送予定とのことです。