2012.01.31 23:50

ピットの中の白クマたち

前回のボリショイ・バレエ団『スパルタクス』の日本での上演は、2002年10月。その初日の開演直前に「本日は気温が高いため、オーケストラは上着を着用せずに演奏します」とのアナウンスが。会場には微苦笑のさざなみ。

3階客席からオーケストラピットを覗いてみると、なるほど皆さん白いシャツ。そして大半が腕まくり。遠目からでもはっきりわかる、オケ団員のみなぎるやる気。

確かにその日は、10月にしては気温が高く、暑いと言ってもいいぐらいではあった。しかし、オケピットの中が暑いのは、意気盛んな当人達の体温が上昇しているせいではあるまいかと、白クマ軍団を頼もしく眺めたものである。

そして、もちろん期待は裏切られることなく、まさにロシアのオケ炸裂!

あれから10年。オケの平均年齢は下がった気がする。体型の平均も以前よりだいぶ細くなった気がする。でもやっぱり、ボリショイ劇場管弦楽団の演奏には変わらずわくわくした。

本日、東京公演は、パーンと何かが破裂したかのような音で開幕。なりふり構わぬ叩きっぷりと弾きっぷりと吹きっぷり、大好きだ!

(余談だけど、前回公演、オケは『スパルタクス』では連日上着無しで白いまま。しかし、客席に笑いが起きたせいなのか、2日目からはアナウンスは省略されていた。)

2012.01.25 23:45

牧阿佐美バレヱ団『ノートルダム・ド・パリ』キャスト変更

エスメラルダ役の伊藤友季子さんと茂田絵美子さんは、脚の故障のため降板。
替わりにボリショイ・バレエ団のマリア・アレクサンドロワが出演とのこと。
http://ambt.jp/schedule.html#notre1202

アレクサンドロワが代役とは、全く予想外です。
『ノートルダム』の少し前に、ボリショイ公演で日本に来ていることと関係あるんでしょうか。

伊藤さん、茂田さんは将来があることですし、ここで無理なさらずにお大事になさいますように。

---------

新国立劇場2012/2013シーズンのラインナップ

『シルヴィア』と「ダイナミック・ダンス!」だけ発表になっていましたが、残りの演目も公になりました。
http://www.nntt.jac.go.jp/cgi-bin/cms/kouen_list02.cgi#season2

他の演目は次の通り。

 『シンデレラ』
 『ジゼル』
 「DANCE to the Future 2013」
  (金森穣振付「Academic」/中村恩恵振付「The Well-Tempered」)
 「ペンギン・カフェ(仮題)」
  (「シンフォニー・イン・C」「E=mc2」「ペンギン・カフェ」)
 『ドン・キホーテ』

キャストは、現在のところ『シルヴィア』の一部のみ発表になっています。佐久間奈緒さんがゲストなんですね。

---------

シュツットガルト・バレエ団の公演日程等

6月に来日するシュツットガルト・バレエ団の公演日程・キャスト他がNBSのサイトに出ました。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/archivelist/-2012-2-2012-61700pm.html

私、『じゃじゃ馬馴らし』は好きじゃないので、行くとしたら『白鳥の湖』ということになりますが、そうするとバランキエヴィッチが見られないことに。『白鳥』にちょっとだけでも出ないかな。

2012.01.22 23:33

パリ・オペラ座バレエ団『天井桟敷の人々』

来年、パリ・オペラ座バレエ団が来日して、『天井桟敷の人々』を上演。

2013年5月30日〜6月1日、東京文化会館にて。
S席25,000円〜E席8,000円。
問い合わせ先はチケットスペース。

主催はTBSと東京新聞で、NBSじゃないんですね。
チラシには公式サイトのURLも出ていますが、まだ真っ白です。
http://parisopera.jp/

1年以上先のことですから、これからゆっくり宣伝するのでしょう。

チラシによると、5月25日・26日に愛知県芸術劇場でも公演が予定されています。

---------

いろいろ

油断しているうちに、情報が溜まってしまいました。

○スターダンサーズ・バレエ団『シンデレラ」
http://www.artericca-shinyuri.com/2012/program/index.php

バレエ団のサイトはまだですが、「川崎・しんゆり芸術祭」(アルテリッカしんゆり)のサイトに日程が出ていました。4月27日・28日の2公演。


○ボリショイ・バレエ団公演のキャスト変更
http://www.japanarts.co.jp/html/2012/ballet/bolshoi/ticket.htm

『白鳥の湖』ロットバルト役(2月4日)
 パヴェル・ドミトリチェンコからウラディスラフ・ラントラートフに変更。
『ライモンダ』アブデラフマン役(2月7日)
 パヴェル・ドミトリチェンコからミハイル・ロブーヒンに変更。

「劇場側の都合」だそうです。


○「アリーナ・コジョカル ドリーム・プロジェクト」の全プログラム決定
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/1202-cojocaru/post-393.html


○井上バレエ団、今年の予定
http://inoueballet.net/news/?attachment_id=89


○バレエ シャンブルウエスト、今年の予定
http://www.chambreouest.com/schedule/index.html

今年の日生劇場の子供向けバレエ公演(国際子どもフェスティバル)は、ここの『おやゆび姫』。


○O.F.Cは12月に「ルードヴィヒ」を上演。
http://homepage2.nifty.com/ofc/

年末に「第九」です。


○ピナ・バウシュの映画
 「PINA 3D」(2月25日公開)
 「ピナ・バウシュ 夢の教室」(3月3日公開)

2012.01.16 23:12

○UNIT KIMIHO「MANON」
http://www.kimiho.org/Kimiho_HOMPAGE_2011/manon_UNIT_KIMIHO_gong_yan.html

結成10周年公演として3月に「MANON」を上演。
演出・振付はもちろんキミホ・ハルバートさん。
宮内真理子さんも出演するんですね。


○井上バレエ団「次世代への架け橋 vol.1」
http://www.inoueballet.net/information/

井上バレエ団による新しい公演シリーズ。
第1回の演目は「ライモンダ」より“グラン・パ・クラシック”、「ガーシュイン・エチュード」(振付:関直人)、「五月の風」(振付:関直人)、「ブルッフ・ヴァイオリン協奏曲」(振付:石井竜一)の4作品。


○NBAバレエ団『アルレキナーダ』の出演者変更
http://www.nbaballet.org/performance/index.html

主演予定だったエフゲーニャ・オブラスツォーワが、他バレエ団移籍により来日できなくなったため、エカテリーナ・オズモルキーナに変更に。
オブラスツォーワの移籍先ってどこでしょうね。


○東京シティ・バレエ団「親子で楽しむバレエ&バレエ・エクササイズ」
http://www.tokyocityballet.org/event/event49.html

小学校入学前の子供用特別プログラム。バレエの名場面を見た後は、親子で簡単なバレエ・エクササイズを。ティアラこうとうにて。

東京シティの年間予定もバレエ団のサイトに出ました。

2012.01.10 23:29

今年もよろしくお願いします。

12日から始まる東京バレエ団の「ニジンスキー・ガラ」の上演時間が東バのサイトに出ました。
http://www.thetokyoballet.com/news/

日によって作品の上演順が違うのはなぜ?と思いましたが、マラーホフの出演作が続かないようにとの配慮でしょうね。

---------

ウィーン国立バレエ団『こうもり』の映像。
http://www.youtube.com/watch?v=ltEdbTovcr0

そしてこちらは新国立劇場バレエ団の『こうもり』の映像。
http://www.atre.jp/12chauve-souris/movie/index.html

2つとも画面を大きくしても画像がきれい。インターネット黎明期に、ものすごく小さい画面のしかもほんの数秒のバレエ映像を見て感激したことを思うと、隔世の感があります。

新国立の『こうもり』は2月4日から、ウィーン国立は4月28日から。この演目が複数のカンパニーによって続けて上演されるなんて、日本ではなかなか無いことですから(初めてかも)、両方を見比べるのも楽しいかもしれません。