2011.12.31 21:23

つれづれなるままに

今年最も感銘を受けたのは小林紀子バレエ・シアターの『マノン』。

マノン役の島添亮子さん、デグリュー役のロバート・テューズリー、共に非常に素晴らしかった!!!
島添さんの富への欲望とムッシュG.M.への嫌悪に引き裂かれる演技、幕切れのテューズリーの慟哭など、忘れることができません。

多くのアーティストが来日を取りやめる中(無理からぬことだと思います)、長く日本に滞在して、島添さんと確固たるパートナーシップを築き、それを舞台で示してくれたロバート、どうもありがとう。


来てくれたといえば、東京バレエ団『ラ・バヤデール』に急遽出演してくれたイーゴリ・ゼレンスキーにも感謝でいっぱいです。
今年43歳のはずですが、未だ技量衰えず(踊りが若々しいのではなく若い!)、そして存在感はかつてより増し、迫力ある姿を見せてくれました。


新しい才能との出会いといえばウヴェ・ショルツ。
スタジオアーキタンツ公演での「ラフマニノフ ピアノコンチェルト第3番」は構成の面白さにわくわくしました。出演者総員が2回も衣装を変えるシンフォニック・バレエなんて初めて見ましたよ。
あまり私の好みではない振付も一部にはあったのですが、もっともっと彼の作品が見てみたいと思いました。

すでに亡くなっている振付家ですが、これまで日本で上演されることが(ほとんど?)無く、この「ピアノコンチェルト」は今回が日本初演とのこと。
これを機に、今後は他の作品も少しずつ、日本で紹介されることを強く願っています。


来年、注目している公演は色々ありますが、中でも東京小牧バレエ団の『金鶏』(11月)には興味津々です。バレエ漫画『アラベスク』でその名を知ってから30数年、私にとっては幻の作品だったのですが、ついにそれを見ることができるらしい。楽しみです。


では、また来年。

2011.12.28 21:03

来年3月の公演を3本。

スターダンサーズ・バレエ団と東京フィルハーモニー交響楽団の共演。
スタダンは『白鳥の湖』ハイライトを踊るそうです。3月25日、板橋区立文化会館にて。
http://www.itabun.com/event/
(リンク先から2012年3月開催のイベントまで進んでください。)


島地保武さん演出・振付の「藪の中」は、3月8日〜11日、セルリアンタワー能楽堂で。
出演は津村禮次郎さん、酒井はなさん、小尻健太さん、東海林靖志さん、島地保武さん。
http://ezomerge.jp/events/view/id/120


ウィル・タケット演出・振付、首藤康之さん出演の「鶴」は、3月16日〜18日、神奈川芸術劇場にて。「鶴の恩返し」を舞台化。
http://www.kaat.jp/pf/the-crane-maiden.html

---------

神奈川芸術劇場の「劇場体験型ナゾ解きゲーム」というのが楽しそうです。
趣向を変えたバックステージツアーみたいな感じでしょうか。
http://www.kaat.jp/pf/kaat-the.html

---------

クリスマスも過ぎたので、新年の木を今年もホームページに出しました。

2011.12.25 23:45

いろいろ

○東京バレエ団『ねむれる森の美女』追加公演
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/cat19/post-384.html


○グルジア国立バレエ公演
http://www.japanarts.co.jp/html/2012/ballet/ballet_of_georgia/index.htm

演目は『白鳥の湖』と「特別プログラム」。
ゲストにデニス・マトヴィエンコ。
日本では、ニーナ・アナニアシヴィリの『白鳥』はこれが見納めになるそうです。


○ウィーン国立バレエ団公演日程等
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/cat56/2012.html

4月29日の昼と30日に、マニュエル・ルグリが『こうもり』でウルリックを踊ります。
チケットもこの2回は割高。とうとう、NBSも出演者によってチケット価格を変えるようになりましたか。(今回が初めてですよね?)


○Kバレエカンパニーが5月に『海賊』を上演
http://www.k-ballet.co.jp/performances/2012-pirate


○NBAバレエ団 2012年・2013年の予定
http://www.nbaballet.org/performance/schedule.html

NBAの予定は流動的なので、あくまでも現時点のものですが。
2年に1度の「バレエ・コースター」は今のところ予定に出ていませんね。

---------

本日届いた『ダンスマガジン』(2月号)には、恒例の2012年公演予定が出ていました。さすがに『DANZA』よりかなり詳しい。

東京バレエ団が9月に『オネーギン』、そして11月にワイノーネン版『くるみ割り人形』、12月にはベジャール版『くるみ』を上演するというのは嬉しいかぎり。

ゴールデン・ウィークの松山バレエ団は、なんと『コッペリア』。松山が『コッペリア』を上演するのは何年ぶりでしょう。
主演はもちろん、森下洋子さんと清水哲太郎さんですよね。これも楽しみです。

2011.12.15 00:23

○スターダンサーズ・バレエ団3月公演詳細
http://www.sdballet.com/performance/performance.html

スタダンの来年の予定はこちら
12月には新たに制作する鈴木稔さん振付の『くるみ割り人形』を上演予定。
スタダンではピーター・ライト版『くるみ』はもう上演しないのでしょうか。
(ライト版『ジゼル』は8月にやりますが。)


○ラ ダンス コントラステ「スタジオ パフォーマンス vol.1
http://contrastee.com/stage/index.html

朝弘佳央理さん、工藤洋子さん、原田みのるさん、3人の振付による作品を高円寺のスタジオで上演。


○ボリショイ・バレエ団公演のキャスト変更
http://www.japanarts.co.jp/html/2012/ballet/bolshoi/ticket.htm

『ライモンダ』アブデラフマン役(2月8日)
 イワン・ワシーリエフからユーリー・バラーノフに変更。
『白鳥の湖』オデット&オディール役(2月9日)
 アンナ・ニクーリナからスヴェトラーナ・ルンキナに変更。

主役ではないとはいえ、ワシーリエフが『ライモンダ』から降板して、『スパルタクス』の方も心配になりましたが、ジャパン・アーツのブログによると、「必ず日本に行きます!」とのことです。

---------

クリスマスも近いので、Youtubeからいくつか。

7匹の羊による「A Holiday Miracle」
編みぐるみデュオ“U900”による「Jingle Bells」「Sleigh Ride」

季節がちょっと合いませんが、U900は「Diamond Head」もかなり好きです。

2011.12.05 23:50

「NHKバレエの饗宴 2012」演目発表

「NHKバレエの饗宴 2012」の演目と出演者が発表されました。
http://pid.nhk.or.jp/event/PPG0130201/index.html

 新国立劇場バレエ団 『アラジン』から「財宝の洞窟」
 出演:八幡顕光 川村真樹 他

 谷桃子バレエ団 『イーゴリ公』から「ダッタン人の踊りと合唱」
 出演:赤木圭 齊藤拓 今井智也 三木雄馬 永橋あゆみ 朝枝めぐみ
    藤原歌劇団合唱部 二期会合唱団 他

 東京バレエ団 『ザ・カブキ』から
 出演:柄本弾 二階堂由依 他

 Noism1 「solo for 2」
 出演:井関佐和子 宮河愛一郎 藤井泉 櫛田祥光 中川賢 真下恵
    小尻健太 他

 牧阿佐美バレヱ団 『ライモンダ』第3幕からグラン・パ・クラシック
 出演:伊藤友季子 京當侑一籠 他


吉田都さんの演目とパートナーは後日発表とのこと。

谷バレエ団の『イーゴリ公』は藤原歌劇団と二期会の合唱も。
東バの『カブキ』がどの場面かも気になりますが、各作品の上演順も気になりますね。

---------

○志村バレエ『シンデレラ』(12月11日 メルパルクホール)
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/m.y-ballet/shimuraballet3.html

リンク先にキャストが出ていませんが、主演は池田望&京當侑一籠のお二人。
志村昌宏さんはお父さん役です。


○スズキ・バレエ・アーツ『くるみ割り人形』(12月26日 鎌倉芸術館)
http://www.suzuki-ballet.com/2011-nut.html

金平糖の女王に雨森景子さん、王子に三木雄馬さん。


○フェアリーバレエ『白鳥の湖』(12月17日・18日 メルパルクホール)
http://www.fairy-ballet.jp/swanlake/


○新国立劇場『くるみ割り人形』キャスト
http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20001772.html


○岩田守弘さんの出演日(ボリショイ・バレエ公演)が変更に
http://www.japanarts.co.jp/html/2012/ballet/bolshoi/ticket.htm

2011.12.01 23:47

NBAバレエ団『アルレキナーダ』

NBAバレエ団が来年2月に『アルレキナーダ』と「まぼろしの島」(『せむしの仔馬』第2幕)を上演。
http://www.nbaballet.org/performance/2012.html

ゲストにエフゲーニャ・オブラスツォーワとアレクセイ・ティモフェーエフ。
再振付にアレキサンダー・ミシューチンの名前がありますが、出演はしないんでしょうか。

当初は『ローレンシオ』と発表されていて、途中で『せむしの仔馬』に変わり、結局『アルレキナーダ』に落ち着きました(『せむしの仔馬』は「まぼろしの島」を指していたのかもしれませんが)。
何にせよ、見たことがない作品なので楽しみです。

チケットは本日発売。