2011.07.28 23:30

「エトワール フランス・バレエのエレガンス」

表題の公演が来月1月・2月に行われます。
http://www.fujitv.co.jp/events/etoiles/index.html

  1月28日 Aプログラム 人見記念講堂
  1月31日〜2月2日 Bプログラム ゆうぽうとホール

  出演:イザベル・シアラヴォラ ドロテ・ジルベール マチュー・ガニオ
     マチアス・エイマン バンジャマン・ペッシュ
     ミリアム・ウルド=ブラーム ジョシュア・オファルト
     マチルド・フルステ シャルリーヌ・ギゼンダナー ヤニック・ビトンクール

日程がボリショイ・バレエ団の『スパルタクス』とほぼ重なってます。
この時期に海外からバレエ団・グループが複数来るのは、非常に珍しいことですね。ミハイロフスキー(マールイ)とその関連公演は別として。

先行チラシにはチケット価格は出ていませんが、フジテレビ主催ですからそこそこ高くなりそうな。

2011.07.26 20:24

レニングラード国立バレエ公演

この冬のレニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)の公演日程等が、光藍社のサイトに載りました。
http://www.koransha.com/ballet/leningrad_ballet2012/index.html

演目は『白鳥の湖』『海賊』それに「新春スペシャル・ガラ」。
ゲストに吉田都さん(ファルフ・ルジマートフは書くまでもありませんね)。

現在発表されているのは、1月3日から9日までの計6公演。これに東京・横浜以外の公演が加わるのかなと思いますが、来日予定のソリストの数が非常に少ないですから、大幅に増えることはなさそうです。
今回は『くるみ』もありませんし、往時を思うとちょっと寂しい。


『海賊』に出演のルジマートフですが、アリじゃなくてコンラッド役なんですね。

2011.07.16 22:42

松山バレエ団『くるみ割り人形』

松山バレエ団『くるみ割り人形』のキャスト。
http://www.matsuyama-ballet.com/performance/nut.html

鈴木正彦さんは、12月24・25日の2日間で3公演。相変わらずのパワーですね。森下さん、清水さんの現在に至るまでの活躍ぶりを見ると、鈴木さんも20年後にもまだ元気で踊っていそうです。

チケット発売は、府中の森芸術劇場公演が7月22日、神奈川県民ホール公演が8月9日、ゆうぽうとホール公演が7月28日。


今のところ、「公演カレンダー」の12月はこんな感じです。東京バレエ団の『ザ・カブキ』の詳細がわかるまではこのままでしょうか。

---------

YouTubeの『スパルタクス』

Mosfilmが5月からYouTubeで映画を公開していて、バレエは無いのかい?と思っていたら、10日程前に『スパルタクス』が登場

冒頭からおなじみの曲が。血が騒ぎますね。ボリショイ・バレエ団公演のチケットを買うのも熱が入るってものです。

高解像度ですから、パソコンの全画面表示でもきれいな映像が見られます(年月は感じますが)。
たまにしか覗いてなかったので、Mosfilmの公開作品をちゃんと把握してないのですが、他にもバレエあるのかな。

2011.07.13 23:33

ボリショイ・バレエ団公演 キャスト発表

7月12日現在のキャスト。
http://ja-ballet.seesaa.net/article/214600934.html

これまでの経験からキャスト変更する可能性も高いんだろうと思いますが、チケットは買わないといけないので、悩むところです。当日券を買うという選択肢もありますが。

出演者にステパネンコの名前が無いのは、やはり寂しいですね。

2011.07.12 00:15

ボリショイ・バレエ団東京公演

ジャパン・アーツから先行チラシが届きました。

 『スパルタクス』
  1/31〜2/2 各日18:30
 『ライモンダ』
  27/-2/8 各日18:30
 『白鳥の湖』
  2/4 14:00 2/9 13:00 2/9 18:30

会場は東京文化会館。

来日予定はアレクサンドロワ、アラシュ、ルンキナ、スクヴォルツォフ、ワシーリエフ、ヴォルチコフ、カプツォーワ、クリサノワ、シプーリナ、ニクーリナ、ドミトリチェンコ、チュージン他。

ロシアのバレエ団の場合、予定は「とりあえず書いてあるだけ」の場合も多いのですが。8月に東京バレエ団で『ジゼル』を踊るセミョーン・チュージンの名もありますね。

キャストはABTの公演会場で配布するチラシでも発表するとのことなので、遠からずはっきりするでしょう。

チケットの一般発売は7月31日。

2011.07.11 01:15

ローラン・プティ死去

振付家、ローラン・プティさんが10日にジュネーブで死去。87歳とのこと。
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20110710-OYT1T00594.htm

マルセイユ・バレエ団を率いて『コッペリア』を上演した時は、自らコッペリウスを踊りました。あのコッペリアとのダンスは、数多く見たパ・ド・ドゥの中でも忘れがたいものの一つです。

2011.07.10 23:45

東京シティ・バレエ団「オーケストラ with バレエ」

東京シティ・バレエ団と東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団が舞台の上で共演する「オーケストラ with バレエ」、今年はヴィヴァルディの「四季」です。
http://www.tokyocityballet.org/event/event44.html

構成・振付は石井清子さん。
チケット発売中。

---------

新国立劇場バレエ団の新規入団の契約ダンサーが決定。
http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20001556.html

アメリカン・バレエ・シアター関連では、記者会見にファンを招待、およびアンヘル・コレーラのトーク&サイン会開催

その他、シルヴィ・ギエムが再び「ボレロ」を踊るとか、松山バレエ団は来年1月に『白鳥の湖』を上演など。

---------

「世界を見よう!」

座・高円寺にて、「世界を見よう!」と題した演劇フェスティバルを開催中です。デンマーク、ドイツ、日本の作品を上演。19日(火)まで。

演劇ではありますが、台詞の無いものも多く、小さい子供でも楽しめる内容のようです。

2011.07.04 23:38

いろいろ

○日本バレエ協会「全国合同バレエの夕べ」
 http://www.j-b-a.or.jp/35th_godo.html

今年は8月4日と6日、新国立劇場にて。
ここ何年もチケット価格は一律で、座席番号券を当日配布する方式でしたが、今回は久々に席種が5段階に設定されています。

この公演のチラシを見て思い出したこと。
そういえば、新国立劇場の大きい方はかつてはオペラ劇場という名でした(今はオペラパレス。何度聞いても変)。ここ何回か、大劇場と書いてましたよ。


「バレエの神髄」演目追加&出演者変更

アレクサンドル・ヴォルチコフからルスラン・スクヴォルツォフに出演変更。
それとルジマートフが、N・アンドローソフ振付の「ボレロ」を踊るそうです。


Bunkamuraは今日から休館
設備改修工事のため、12月22日までお休みです。
チケットセンターは営業中とのこと。

東京芸術劇場も休館中
こちらも改修工事のため、4月1日から休館しています。来年の8月31日までお休み予定ですから、かなり長いですね。

---------

「目白三人の会」

東京芸術劇場が休館ということは、「目白三人の会」も今年は無いのかなと思って調べたら、9月にサンシャイン劇場で行うそうです。
http://www.toshima-mirai.jp/performance/1109.html

しかもすでにチケットを発売しています。

演目は、小林紀子バレエ・シアターが「レ・ランデヴー」、花柳千代舞踊団が「荒れ鼠」、
芙二三枝子舞踊団が「祈り」。

2011.07.03 22:30

シルヴィ・ギエムの11月公演「エオンナガタ}。
http://www.nbs.or.jp/stages/1111_eonnagata/index.html

「シュヴァリエ・デオン(Chevalier d'Eon)」+「女形」→「エオンナガタ」らしいです。
出演は、シルヴィ・ギエム、ロベール・ルパージュ、ラッセル・マリファント。

一般発売は7月30日(土)。

---------

ドイツのコウノトリの子供達もすっかり大きくなり、出かけることが多くなりました。今は巣を覗くと、たいてい子供達の帰りを待つお母さんとお父さんの姿が。

ところで、右の家の屋根、ソーラーパネルですよね?いつの間に。

2011.07.01 23:26

『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』2公演

10月の牧阿佐美バレヱ団の『リーズの結婚〜ラ・フィーユ・マル・ガルデ〜』のキャストが発表されました。
http://ambt.jp/schedule.html

  22日 伊藤友季子/菊地研/保坂アントン慶/宮内浩之
  23日 青山季可/清瀧千晴/今勇也/篠宮佑一

リーズ、コーラス、シモーヌ、アランの順です。
振付は書いていませんが、もちろんフレデリック・アシュトン版でしょう。


NBAバレエ団も9月に『ラ・フィユ・マル・ガルデ』の公演を行います。
http://www.nbaballet.org/performance/index.html

こちらはニジンスカヤ版を元にしたブルース・マークスによる再振付。2010年のNBAバレエ団によるものが日本初演。(私の知る限り)今度が2度目の上演になります。

  リーズ:峰岸千晶
  コーラス:奥村康祐
  シモーヌ:アレキサンダー・ミシューチン
  アラン:大森康正

「時の踊り」を併演。


NBAバレエ団といえば、来年2月の予定が『せむしの仔馬』になっています。当初予定されていた『ローレンシア』はどこに?