2009.04.30 23:40

山本禮子バレエ団「バレエコンサート」

山本禮子バレエ団が8月1日に「バレエコンサート」を開催。
http://www2.wind.ne.jp/ryballet/future.html

開演時刻が、上記のページでは4時予定となっているのですが、掲載されているチラシには4時半開演と書いてあるような。迷いましたが、「公演カレンダー」には4時開演で掲載しています。

「不思議の森の太郎くん」という演目が気になります。

---------

新国立劇場バレエ団 オフィシャルDVD BOOKS

新国立劇場がDVDを発売。
http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20000734.html

『白鳥の湖』と『ライモンダ』の2演目。鑑賞の手引き用の本も付いてくるそうです。

DVDの発売は歓迎しますが、ん〜、できれば主演はどちらもゲストじゃなくて団員にしてほしかった。

これからDVDが続々発売されるのかなと思いましたが、「第一弾」などの文字がありませんから、世間の反応次第、今後のことは未定ってところでしょうか。

2009.04.29 14:29

エカテリーナ・マクシーモワ死去

今日の朝刊にエカテリーナ・マクシーモワさんの訃報が出ていました。28日にモスクワでお亡くなりになったとのことです。
http://www.asahi.com/obituaries/update/0428/TKY200904280331.html

バレエ学校で出会ってからずっと一緒だったというワシーリエフさんの心中を慮ると胸が痛みます。ご冥福をお祈りします。

2009.04.28 23:16

井上バレエ団『シンデレラ』

『ダンスマガジン』最新号(6月号)に、井上バレエ団『シンデレラ』の広告が出ていました。

  7月19日(日) 17時
    20日(月) 15時
  文京シビックホール

  シンデレラ:島田衣子(19日)/藤井直子(20日)
  王子:エマニュエル・ティボー(19日)/森田健太郎(20日)

  S席9000円 A席7000円 B席5000円 C席3000円

  問い合わせ:井上バレエ団


井上バレエ団のサイトにはまだ出ていません。
チケットぴあでもチケットを取り扱っていて、そちらでの販売は、5月7日(木)からになっています。

---------

東京バレエ団『ラ・バヤデール』日程

東京バレエ団『ラ・バヤデール』の日程が発表されました。
http://www.thetokyoballet.com/schedule/

9月25日(金)〜27日(日)の3日間。

ゲストの出演はないそうです。

2009.04.27 00:14

目白三人の会「舞踊への招待」

小林紀子バレエ・シアター、花柳千代舞踊研究所、芙二三枝子舞踊団からなる目白三人の会の恒例「舞踊への招待」は、今年は5月14日(木)。
http://www.toshima-mirai.jp/business/art/0905.html

小林シアターは「レ・シルフィード」を上演するそうです。

場所はいつもの東京芸術劇場。
2000円で、日舞、現代舞踊、クラシック・バレエが楽しめる、大変お得な公演です。

しかし、平日6時開演が勤め人にはちょっと行きにくい(去年もそうでしたね)。

---------

小林紀子バレエ・シアター公式サイト

続いてもう一つ、小林紀子バレエ・シアターの情報。
なんと、このバレエ団に公式サイトができました。
http://www.nkbt-tokyo.com/
(日本語のトップページはこちら

バレエ団の公式サイトがあるのが普通の昨今、あえて作らずにいるのも一つの姿勢かなと思っていたのですが(更新するのも手間がかりますしね)、ついに。

品の良いきれいなサイトですよね。
これで、事前に詳しいキャストが発表されるともっと良いのですが、キャスティングについては色んな事情があるでしょうから、そこまでは望みますまい。

2009.04.25 23:53

「バレエの祭典」

「第22回バレエの祭典」のラインナップが発表になりました。
http://www.nbs.or.jp/saiten2009/lineup.html

  ◆2009年
  9月 東京バレエ団『ラ・バヤデール』
  11月 東京バレエ団『くるみ割り人形』(コジョカル&マックレー出演)
  12月 シルヴィ・ギエム&アクラム・カーン・カンパニー「聖なる怪物たち」

  ◆2010年
  1月 東京バレエ団『ラ・シルフィード』(サラファーノフ出演)
  2月 東京バレエ団『シルヴィア』(セミオノワ出演)
  3月 パリ・オペラ座バレエ団『ジゼル』『シンデレラ』
  5月 「マラーホフの贈り物」
  6月 英国ロイヤル・バレエ団『ロミオとジュリエット』他
  10月 オーストラリア・バレエ団『白鳥の湖』『くるみ割り人形』


間を置かず、オーストラリア・バレエ団がまた来てくれるんですね。

東バの『ラバヤ』は、ゲスト無しで上演するのか、現在交渉中なのか、気になるところです。
東バのダンサーだけで、ダブルキャストかトリプルキャストだと嬉しいのですが、それだと興行的には厳しいですよね。

2009.04.21 23:53

太鼓奏者、レナード衛藤さんのライブに、酒井はなさんが出演します。
http://www.leoeto.com/live/

「バレエ界の華、酒井はな登場!」だそうですよ。
振付は後藤早知子さん。

  「ブレンドラムスの挑戦」
   4月28日(火) 18時30分
   草月ホール 5000円

リンク先をよく見てみましたら、メール予約は明日(4月22日)18時まで、イープラスでは4月23日までの受付。チケットご希望の方は、お早めに。
詳細は上記リンク先にてどうぞ。

2009.04.18 13:22

新国立劇場関連の情報2件。

○中学生のためのバレエ『白鳥の湖』、一般発売も。
 http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20000716.html

5月20日の公演です。
主演は寺島ひろみさんと山本隆之さん。


○「初めてのオペラパレス」
 http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20000692.html

 ・バックステージツアー
 ・オペラ・ミニコンサート
 ・新国立劇場バレエダンサーによるウォーキング&姿勢レッスン

4月29日開催。いずれも無料。
バックステージツアーは各回75名。チーム分けして移動するんでしょうかね。

---------

山手線に乗ってたら、CMモニタに世界バレエフェスの宣伝が。

2009.04.14 23:31

バレエ シャンブルウエスト『ジゼル』&清里フィールドバレエ

バレエ シャンブルウエストが6月に『ジゼル』を上演します。
http://www.chambreouest.com/schedule20090613/index.html

  ジゼル:吉本真由美(13日)/川口ゆり子(14日)
  アルブレヒト:山本帆介
  ヒラリオン:正木亮羽
  ミルタ:深沢祥子(13日)/橋本尚美(14日)

舩木城さん振付の「exit the dragon」も併せて上演されます。


「清里フィールドバレエ」の演目と日程も、シャンブルウエストのサイトで発表されました。
http://www.chambreouest.com/schedule20090727/index.html

20回目(おお!)の今回は、『くるみ割り人形』『白鳥の湖』『タチアーナ』。

清里フィールドバレエの公式サイトはこちらです。そのうち詳細情報が掲載されることでしょう。
左側の画像は今年のチラシでしょうか。素敵なデザインですね。

---------

青山ダンシング・スクエア「フェスタ2009」

青山ダンシング・スクエアの「フェスタ2009」は6月12日・13日開催。
http://www.a-ogawaballet.co.jp/info/#festa

小川亜矢子さん、坂本登喜彦さん、西島千博さん、加賀谷香さん、平山素子さん、木佐貫邦子さん、近藤良平さん、二見一幸さん、箱田あかねさん、赤尾仁紀さんの振付作品が上演されます。

西島さん、加賀谷さん、平山さん、箱田さん、赤尾さんはご自身も踊るようです。

出演者には、後藤和雄さんのお名前もあります。

2009.04.11 23:32

『クララ』5月号

巻頭対談はKバレエカンパニーの松岡梨絵さんと宮尾俊太郎さん。

この対談、なかなか面白い企画なのですが、前回・今回のように同じカンパニーに所属している女性ダンサーと男性ダンサーの組み合わせが基本だと、私が一番待望している島添亮子さんが登場するのは、なかなか難しいような。いつもゲストと組んで踊ってますからね。


今号の『クララ』に、「THE バレエカンパニー・オブ・横浜」という団体が契約バレエ団員募集の広告を掲載しています。月給・出演料等を支給、チケットノルマ無し等、日本の私設バレエ団では(残念ながら)かなり珍しい待遇。

公式サイトを見てみましたら、芸術監督が、牧阿佐美バレヱ団やバレエ シャンブルウエストで踊ってらした井上欧輔さんなんですね。

まだ告知はありませんが、来年以降、年に数回公演を行う予定のようです。

2009.04.08 23:47

東京シティ・バレエ団『ロミオとジュリエット』キャスト

7月18日・19日に初演される東京シティ・バレエ団『ロミオとジュリエット』の主要キャストが、「ティアラペーパー」に掲載されていました。
(主役2人は既出ですが、もう一度書きます)


  ジュリエット:橘るみ(18日)/志賀育恵(19日)
  ロミオ:黄凱(18日)/KimBoYoun(19日)

  マキューシオ:ChonMinYoung
  ティボルト:佐藤雄基

  パリス:小林洋壱
  キャピュレット卿:青田しげる
  キャピュレット卿夫人:上山千奈
  乳母:加藤治子


ベンヴォーリオは未定とのこと。
ジュリエットのお母さんが上山さんとは、また若いお母さんです。


公演に先立って、プレトークも行われます。


  6月2日(火) 18時
  ティアラこうとう 大会議室

  参加無料

  窓口・電話にて先着順に受付(150名)
  一般受付:4月10日(金) 10時から

  ティアラこうとうチケットサービス 03−5624−3333


窓口というのは、ティアラこうとうの窓口なんでしょうね。

平日6時開始だと、参加できる人はかなり限られますね。
せめて、6時半、できれば7時ぐらいにしてほしかった。

---------

牧阿佐美バレヱ団の公演情報が、少し更新されました。
http://ambt.jp/schedule.html

来年2月に『三銃士』というのは、すでに出ていた情報でしたっけ?

10月の『白鳥の湖』の指揮者にアニハーノフさんの名前があります。

---------

マリインスキー・バレエ日程発表

11月のマリインスキー・バレエ来日公演の日程等が発表に。
http://ja-ballet.seesaa.net/article/116682193.html

ゲルギエフが指揮する日もあるんですね。チケットはもちろんゲルギエフ価格。

一般発売は5月10日(日)。

2009.04.02 23:56

「世界バレエフェスティバル 秘蔵記録映像上映会」

夏の「世界バレエフェスティバル」に先立ち、6月に過去のフェスの映像上映会が開催されるそうです。
題して、「第12回世界バレエフェスティバル開催記念 秘蔵記録映像上映会」。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/12-2.html
http://www.classic.or.jp/2009/03/12.php

6月28日(日)、日経ホールにて。
一般発売は4月18日(土)。

日経ホールって行ったことないんですが、席数610とのことです。610×上映3回=1,800余席。けっこう競争が激しい気がしますが、杞憂でしょうか。


 ○上映作品
  ・マーゴ・フォンティーン『ロミオとジュリエット』
  ・フェルナンド・ブフォネス『ラ・バヤデール』
  ・マイヤ・プリセツカヤ『レダ』
  ・エカテリーナ・マクシーモワ&ウラジーミル・ワシーリエフ『ドン・キホーテ』
  ・マリシア・ハイデ『オネーギン』
  ・パトリック・デュポン『ドン・キホーテ』
  ・ドミニク・カルフーニ『失われた時を求めて』
  ・マリシア・ハイデ『椅子』
  ・アレッサンドラ・フェリ『マノン』より“寝室のパ・ド・ドゥ”

(上演年と回は省略しました。リンク先で確認してください。)

この書き方だと、ほとんどの人が一人で踊るようにもとれますね。ブフォネスもデュポンも、グラン・パ・ド・ドゥのヴァリアシオンのみとか?でも、例えば「寝室のパ・ド・ドゥ」で、フェリが一人で映ってるはずはないので、あくまでもさわりだけ、出し惜しみして書いてるんだと思いたい。『レダ』にはやっぱり、ジョルジュ・ドン、出ますよねえ。

リンク先には、「上映される映像は第1回から第11回までのハイライトをまとめたダイジェスト版」と書いてあるので、まだまだこれ以外にもいろんなダンサーと演目が見られるのだと思います。多分。

デュポンの『ドンキ』は1985年のものとなっていますが、彼の『ドンキ』をやるなら、1991年の、デュポン&ピエトラガラとルジマートフ&クリークの『ドンキ』対決を上映してほしいものです。(まずこれだけはありえないのを承知で、書いてみます)

---------

「公演カレンダー」に、小林紀子バレエ・シアターの『眠れる森の美女』の日付を間違って掲載してしまいました。誤りを指摘するメールをいただいたので、数日前にこっそり訂正。

教えてくださった方、ありがとうございます。