2009.03.29 23:40

小林紀子バレエシアター『眠れる森の美女』

10日程前に「小林シアターの『眠り』が「公演カレンダー」に掲載されていませんよ」とメールをいただきました。
2日前には、公演会場で顔を合わせた知人に「小林シアターの『眠り』が「公演カレンダー」に掲載されていませんよ」と言われました(数年ぶりに会って、最初の用件がそれですかい)。

ええ、ええ、わかってはいたんです。ずっと気にもしていたんです。しかし、なかなか「カレンダー」を更新する時間がとれず、チラシをパソコン横に飾りながらも、そのうちに、と思っているうちに日が経ってしまいました。

本日ようやく、公演の情報を「公演カレンダー」に掲載。

バレエファン多数の注目を浴びる小林紀子バレエシアター『眠れる森の美女』は、4月24日〜26日、新国立劇場中劇場にて。

主演は、島添亮子&ロバート・テューズリー組と高橋怜子&中村誠組。

振付はケネス・マクミラン。彼の古典改訂というのは非常に珍しいですね。
装置のデザインをピーター・ファーマーが担当してるのも見逃せません。
開演時刻等はこちらをどうぞ。

チケット発売中です。

---------

「eDANZA」公開

フリーマガジン「DANZA」のデジタル版が公開されました。
数日前に発行された21号からは、ネット上で「DANZA」が読めます。
http://www.mde.co.jp/danza/book/021/

表示の大きさが2種類しかないので、紙媒体に比べると読みにくいですが、入手しそこなった時などは便利ですね。

2009.03.25 23:53

ラ ダンス コントラステ「ルフレ」

5月14日・15日、東京芸術劇場小ホールにて。
http://contrastee.com/stage/index.html

演出・振付は佐藤宏さん。
今回は、公演日によって、出演者が大幅に(7人中5人)変わります。

チケット発売中。

---------

去年の1月、「プッシュ・カムズ・トゥ・ショヴ」は1997年のロイヤル・バレエ団来日公演で上演されていると書いたら、1992年のパリ・オペラ座公演でもやったよとメールをいただきました。そういえば、そうでしたね(私はパリオペの方は見ていませんが)。

ということは、「プッシュ」は少なくとも2度、日本での上演歴があるわけで、新国立劇場が2009年に上演するのを「日本初演」というのはやはり変、そのうち訂正されるでしょう、と思っていたのですが、あれから1年と2ヶ月、いつになっても「日本初演」は取れず、先週もらった新国立発行の「ステージノート」3月号でも「日本初演」の文字が踊っているを見るに至って、新国立と私とではこの言葉の解釈に隔たりがあるのかと思い始めたところ、昨日ようやく公式サイトの紹介ページから「日本初演」の文字が消えました。

さらに先程確認したところ、本日付で訂正文も掲載されています。

まさか、かつて見た舞台が幻影だったとは思わないまでも、私が何か大いなる勘違いをしてる可能性も全く捨てきれず、ずっと気になっていたので、ちょっと安心しました。

しかし、もちろん、日本初演か否かと舞台の質には何の関係もありません。
トワイラ・サープの魅力的な作品を、新国立劇場がレパートリーに持つことは、誠に喜ばしいかぎり。

ということで、「プッシュ・カムズ・トゥ・ショヴ」を含む4作品を上演する新国立劇場の「Ballet the Chic」は、明日開幕。

2009.03.21 22:50

「世界バレエフェスティバル」の詳細情報

さらに詳しい情報が発表されました。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/12-1.html
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/12ab.html

気になるお値段は(もちろん出演者・演目も気になりますが、これはまだまだ変更の可能性ありなので)、A・BプロがS席25,000〜E席7,000円。前回と同じです。
とすると、ガラも前回同様S席28,000〜E席8,000円てことでしょうか。

さらに気になるガラは、8月13日一公演のみのようです。
チケット争奪戦必至。対策としては、日頃の行いを良くして、クジ運を上げることぐらいしか考えつきません。

もうガラはお祭り中のお祭りと割り切って、この際(バレエには不向き、だけど客席数は多い)東京国際フォーラムのホールAでやったらどうかとも思いましたが、客席数5,000でも東京文化会館の2倍にすぎませんから、焼け石に水ですね。

2009.03.18 00:17

NBAバレエ団サイト リニューアル

NBAバレエ団のサイトのデザインが大幅に変更されました。
http://www.nbaballet.org/index.html

ファンクラブも新たに発足。
http://www.nbaballet.org/fanclub/index.html
ブログも近々公開されるようです。

そして、7月のガラ公演の紹介ページも一新。ダンサーの所属バレエ団が非常に分かりやすくなりましたね。
公演の名称はやはり由緒ある(!)「ゴールデン・バレエ・コースター」を使うようです。

日程は7月26日(日)と27日(月)。今度は間違いないのでしょうが、日曜と平日月曜という組み合わせは珍しいですね。てっきり、土曜日曜なんだと思ってましたよ。


ところで、団員のページにアレクサンドル・ミシューチンの名前が無いのが気になります。

最近名前を見かけなくなっていたのが、『エスメラルダ』のカジモドにキャスティングされていて一安心していたのですが。フリーになって、公演によってはゲスト出演ということなんでしょうか。

(上記団員ページになぜかワレリー・グーゼフさんが二人いるのは、まあご愛嬌ということで。そのうち訂正されるでしょう。お一人はマキシム・グージェレフさんですね。)

2009.03.15 23:21

東京シティ・バレエ団『ロミオとジュリエット』

7月に初演の東京シティ・バレエ団『ロミオとジュリエット』のキャストが発表になりました。
http://www.tokyocityballet.org/event/event21.html

  ジュリエット:橘るみ(18日)/志賀育恵(19日)
  ロミオ:黄凱(18日)/KimBoYoun(19日)

チケット発売は4月10日です。

---------

『クララ』4月号

インタビュー等が掲載されている方々。

 ○伊藤友季子&京當侑一籠
 ○奥田花純
 ○唐杉さやか
 ○吉田都

伊藤さんと京當さんは、今号から始まった巻頭対談にご登場。
小さい時の写真なども掲載されています。長身の京當さん、中学1年生の時にすでに170センチあったんですね。

吉田さんは、ローザンヌ国際バレエコンクールの審査員として。

2009.03.09 00:04

『クロワゼ』34号

インタビューが掲載されている方々。

 ○さいとう美帆(表紙も)
 ○上野水香
 ○島田衣子
 ○大石裕香


懇切丁寧な舞台メイクの特集とか、「センター・レッスン7つの心得」とか、バレエを踊らない私にも興味深い記事が多くて読みごたえのある号だったのですが、インタビューには意外に少ないですね。

上野さんと島田さんは、舞台メイクのコーナーに登場。

---------

『DDD』4月号も手元にあるのですが、こちらはバレエ記事が本当に少ないです。

インタビューにかろうじて西島千博さん。しかし、メインの内容はバレエではなく、ミュージカル『回転木馬』(笹本玲奈さんが一緒)。

次号は、今年のローザンヌ国際バレエコンクールの取材記事があるそうなので、そちらに期待することにします。

---------

ビールはサッポロ

松重豊さんのブログに掲載されたこの写真。写っているのは新国立劇場、小劇場の楽屋です。築10年以上になりますがきれいなままですね。

ブログの記事本文はこちら

2009.03.07 01:45

忙しい日が続き、コメントを付ける時間も気力もないので、リンクだけ。

○光藍社のバレエ公演
 http://www.koransha.com/ballet/index.html
 キエフ・バレエ
 「ルジマトフ&レニングラード国立バレエのソリスト」
 「華麗なるクラシックバレエ・ハイライト」
 キエフ・クラシック・バレエ「白雪姫」
 「親子で楽しむ夏休みバレエまつり」

○新国立劇場「Ballet the Chic」のキャスト発表
 http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20000675.html


○東京バレエ団『白鳥の湖』キャスト変更
 http://www.thetokyoballet.com/schedule/

2009.03.02 00:29

NBAバレエ団『エスメラルダ』

6月のNBAバレエ団『エスメラルダ』のキャスト等が発表されました。
http://www.nbaballet.org/top.html
http://www.nbaballet.org/esmeralda2.jpg

 エスメラルダ:原嶋里会(20日)/佐藤圭(21日)
 士官フェブ:ヤロスラフ・サレンコ(20日)/秋元康臣(21日)
 カジモド:アレクサンドル・ミシューチン


NBAの完全復刻版『エスメラルダ』は、2004年に初演。今回が2度目の上演のはずです。
前回の映像は、こちらで少しだけ見ることができます。

---------

NBAバレエ団のサイトでは、7月のガラ公演の出演者も発表になっています。
http://www.nbaballet.org/html/event.html

オクサーナ・クチュルク(クチェルク)とロマン・ミハリョフ(ミハレフ)が、いつからNYCBの団員になったのかと思いましたが、これは表示のされかたが変なんですね(Firefoxだけでしょうか)。出演者名の下が所属です。

ところでこの公演、名称が「ゴールデンガラ」になっていますが、長期予定では今まで通りの「ゴールデンバレエコースター」のままですから、どちらが正しいものか。
個人的には、NBA主催の夏のコンサートは、ずっと愛着のある「コースター」を使い続けてほしいのですが。

また公演日は7月26日(土)と27日(日)となっていますが、今年は26日が日曜日なので、これは後で必ず、曜日か日付のどちらかに訂正が入るでしょう。

---------

サンスターぬりえ「白鳥の湖」

Yahoo!オークションに出品されていた谷ゆきこさん『白鳥の湖』のぬりえが、14,000円で落札。
ある年代のバレエファンにとっては、「谷ゆきこ」という名前は特別な響きを持っているので(私もその一人ですが)、その谷さんのバレエのぬりえともなれば、けっこうな値がつくのだろうとは思っていましたが、結果は14,000円。2冊も出品されていたのに。

開始価格が500円だったのにあれよあれよと値が上がりましたから、眺めるだけで終わった人も多いんでしょうね。

2009.03.01 14:21

「世界バレエフェスティバル」日程&出演者

3年に1度のお祭り、「世界バレエフェスティバル」の日程と出演者が発表になりました。
http://www.nbs.or.jp/main/stages/wbf.html


 Aプロ 8月1日(土)〜4日(火)
 Bプロ 8月8日(土)〜11日(火)

 『ドン・キホーテ』 7月29日(水)
 『白鳥の湖』 8月6日(木)
 『眠れる森の美女』 8月15日(土)
 「オマージュ・ア・ベジャール」 8月16日(日)・17日(月)


会場はもちろん東京文化会館。指揮者はお初のデヴィッド・ガーフォース。

ナターリヤ・オシポワが出演しますね!
しかし、ボリショイ・バレエ団の男性ダンサーはザハロワと組むと思われるウヴァーロフだけなので、オシポワのパートナーは誰に?ウヴァーロフがたくさん登場するってことでしょうか。

今回の予想外は、ベルニス・コピエテルスとダニール・シムキン。どちらも熱烈歓迎いたします。