2021.04.07 23:32

井上バレエ団「ゆきひめ」(配信)

今年2月28日の井上バレエ団公演の映像が、4月9日までイープラスで配信中です。
https://eplus.jp/sf/detail/3365290002?P6=001&P1=0402&P59=1

2019年5月になくなった関直人さんの追悼公演で、演目は関さん振付の「ゆきひめ」「クラシカル・シンフォニー」と、石井竜一さん振付の「Chacona Dedicada」。

「ゆきひめ」は雪女が原作の1幕もので、1972年初演。
登場するのは若者、ゆきひめ(雪女)、雪の精たちで、初演時は若者はバレエダンサー、ゆきひめと雪の精は日本舞踊家が踊りました。その後改訂を重ねて、全役がバレエのバージョン、ゆきひめのみが日舞のバージョンが発表されたそうですが、今回の配信されているのはゆきひめだけが日舞のバージョンです。
(去年4月に「上野の森バレエホリデイ」で配信されたのは、全役がバレエダンサーのバージョンでした。)

私は「ゆきひめ」を25年前に一度見まして(1996年12月22日 メルパルクホール)、洋舞と日舞の組み合わせの珍しさと雪の場面の美しさによって、以来忘れがたい作品になりました。

また、吹雪の中、若者が命を助けられる場面が暗転すると、すぐに若者と(正体を隠した)ゆきひめが暮らしている場面に転換し、ゆきひめが訪ねてきて若者の生活に入り込む過程をはぶいて冗長さを廃した構成の巧みさにも感心しました。

加えて、命が助かった後に約束を違える(口止めされたことをうっかりもらしてしまう)筋運びと、作中の静かに踊る雪の白い群舞が重なって、赦しが裏切りに先行する『ジゼル』という印象も受けました。

あらためて見ると20分余りの短い作品ですが、ずっと30分以上だと思っていたのは密度の濃さゆえでしょうか。一時期上演されない期間がありましたが、是非長く踊りついでほしい日本バレエの秀作です。(大和シティバレエが2018年8月に「ゆきひめ」を上演したのは喜ばしいことでした。私は残念ながら日程の都合で舞台を見られませんでしたが。)

「クラシカル・シンフォニー」は1977年初演。随所に入るアクセントが楽しいシンフォニック・バレエですが、踊るのはかなり難しそうです。

動画の配信は4月9日(金)まで。チケット2,000円。
関直人作品のハイライトシーンが流れる特定映像(約5分)付き。(共に流れる作品リストの長さたるや!)
公演のチラシが井上バレエ団のサイトで見られます。

---------

本日のおまけ。
冬の野外の人形浄瑠璃(札幌)。周囲の雪の色に合わせて黒子さんならぬ白子さんが登場するのが微笑ましい。
https://www.youtube.com/watch?v=w68mF4UlERA

こちらは雪中の火の見櫓。
https://www.youtube.com/watch?v=H32faZ9mwLA

2021.04.03 23:53

東京シティ・バレエ団『白鳥の湖』他

前回に引き続き、東京シティ・バレエ団の公演など。

東京シティ・バレエ団は7月には『白鳥の湖』を上演。
https://www.tokyocityballet.org/schedule/schedule_000653.html

 7月17日(土)17:00
 7月18日(日)14:00
 ティアラこうとう 大ホール

 [7月17日]
 オデット/オディール:清水愛恵
 ジークフリード王子:キム・セジョン
 ロートバルト:石黒善大

 [7月18日]
 オデット:中森理恵
 オディール:佐合萌香
 ジークフリード王子:福田建太
 ロートバルト:内村和真

一般発売は4月10日(土)。

東京シティの『白鳥』は、前回は藤田嗣治による美術を復元したことも話題になりましたが、今回は「通常美術での上演」とのこと。
ティアラこうとうは2階後方ブロックからも舞台が近くて見やすいホールですが、高さはあまりありませんから背景幕などが入りきらないのでしょう。残念ですが、いたしかたないところです。


『白鳥の湖』と前回紹介した5月『鶴の池』の他にも、東京シティ・バレエ団が出演するイベントがいくつも予定されています。


●「ワンコイン・バレエ・レクチャー」(5月12日 江東区文化センター)
https://www.tokyocityballet.org/news/news_000652.html

去年に引き続き今年も4回開催予定。
2021年度は東京シティのレパートリーがテーマで、第1回は『白鳥の湖』。実演もあり。
ずっと気になっているレクチャーなのですが、平日の昼なので、なかなか行けないのが残念です。


●「音楽でめぐる世界の旅 ガラコンサート」(5月30日 神奈川県民ホール)
https://www.kanagawa-kenminhall.com/event/detail?id=37207

神奈川県民ホール「オープンシアター2021」のコンサートで、佐合萌香さんと吉留諒さんが「ドン・キホーテ」のグラン・パ・ド・ドゥを踊ります。
休憩なし約60分。
なお、開場の13:00から13:45まではステージ見学ができるとのこと。


●「コンサート・バンビーニ 弦楽器とバレエを見に行こう!」(6月12日 豊洲文化センター)

11時半開演14時開演の2回公演。
コンサート・バンビーニは東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団による、0歳から入場できるコンサート。おむつ替え・授乳コーナーもあるそうです。
公演時間は約45分。

---------

本日のおまけ。
飛び出すウズラ。最初のジャンプは羽は使わないんですね。相当の脚力です。
https://twitter.com/momo_rushion/status/1372133106572955649

2021.03.31 23:36

東京シティ・バレエ団『鶴の池』

東京シティ・バレエ団は5月に『鶴の池』を上演。
https://www.tokyocityballet.org/schedule/schedule_000648.html

 5月22日(土)15:00
 ティアラこうとう

 落語:柳家花緑
 オデット(綾乃):清水愛恵
 オディール(玄秀の娘):飯塚絵莉
 ジークフリード王子(幸之助):吉留諒
 悪魔ロートバルト(玄秀):濱本泰然


『鶴の池』とは耳慣れないタイトルですが、この公演は落語とのコラボレーションで、原作は『白鳥の湖』。

落語は柳家花緑さん。
お兄さんは長くベジャール・バレエ・ローザンヌで活躍した小林十市さんですが、花緑さんご自身も子供の時に小林紀子バレエアカデミーでバレエを習っていたそう(当時のお話がこちらで読めます)。

花緑さんは2015年に『ジゼル』を元にした落語バレエ『おさよ』を、東京シティ・バレエ団で初演し、2017年にはその改訂版『新・おさよ』を上演。『鶴の池』は『おさよ』に続く落語バレエ第2弾(のはず)です。

去年の5月に予定されていた公演ですが、1年延期されて今年の5月に上演することになりました。
チケット発売中。


公演に先がけて、花緑さんと東京シティの芸術監督、安達悦子さんによる講演会(5月10日 ティアラこうとう)もあるのですが、申し込む方が多かったようで現在はキャンセル待ちとのことです。

---------

本日のおまけ。
着地に失敗する鶴ならぬ沖の太夫(アホウドリ)。手前にいるのは雛鳥らしいです。
https://twitter.com/RoyAlbatrossCam/status/1368153295634636804

鳥だけ見るとカモメぐらいの大きさかと思いますが、人と並ぶとかなり大きいですね。
https://twitter.com/RoyAlbatrossCam/status/1368477829894115332

2021.03.19 23:35

バレエ公演の動画配信情報を細々更新しています。
http://j-ballet.info/kouen/streaming.html

---------

牧阿佐美バレヱ団「プリンシパル・ガラ2021」(配信)

牧阿佐美バレヱ団「プリンシパル・ガラ2021」のネット配信は今週の日曜日(3月21日)まで。

配信されているのは3月13日の公演です。

 「パキータ」第3幕より
   阿部裕恵 水井駿介
 「フォー・ボーイズ・ヴァリエーション」
   坂爪智来 元吉優哉 中島哲也 細野生
 「ル・コンバ」
   佐藤かんな 石田 亮一
 「ライモンダ」第3幕
   青山季可 清瀧千晴

さらに詳しいキャストはこちら


「フォー・ボーイズ・ヴァリエーション」は牧阿佐美さん振付。タイトル通り4人の男性が次々とヴァリアシオンを披露します。10分弱の短い作品ですが、こういう作品があるとガラ公演が盛り上がりますね。

「ル・コンバ」はウィリアム・ダラー振付。十字軍の兵士が戦場で倒した相手が実は……という悲恋の物語。

私は40年近く前、小学生の時にこの作品をテレビで初めて見まして、振付も衣装も珍しく、こんなバレエがあるのかと驚きました。その後幾多のコンテンポラリー作品に接した後に見るとむしろオーソドックスな印象ですが、当時はとても新鮮で、以来とても好きな作品です。

なかなか上演されないのが残念で、今回はなんと16年振りとのこと。
抜粋で主役2人のみが踊る時もあるのですが、今公演では主役以外に騎士3人も登場します。

視聴チケットはシステム利用料込み3,000円。

---------

谷桃子バレエ団『海賊』(配信)

谷桃子バレエ団『海賊』の配信も3月21日まで。

配信されるのは1月16日の公演、新国立劇場バレエ団の福岡雄大さんがゲスト出演した回です。

 メドーラ:佐藤麻利香
 コンラッド:福岡雄大
 ギュリナーラ:齊藤耀
 ランケデム:牧村直紀
 パシャ:齊藤拓

私は先に配信された1月17日公演の方を見ましたが、映像を通しても舞台の発するエネルギーを強く感じ、衣装と装置も美しく、公演を直に見られなかったのがかえすがえすも残念でした(タイミングが悪く、チケットが買えなかったのです)。

舞台裏特典映像付きで、視聴チケットは1,500円。
この他にもプログラム付き(4,000円)、Tシャツ付き(6,500円)、パーカー付き(9,000円)の視聴券なども。詳しくはこちらのページの下部に。
(なお、プログラム、Tシャツ、パーカーは谷桃子バレエ団オンラインストアでも単品で購入もできます。)


『海賊』上演までの道のりはしばらく前に日本テレビでも放映されました。まだネットでニュース映像を見ることができます。

 「想定外の連続「名門バレエ団」の挑戦」

2021.03.16 23:35

東京バレエ団「かぐや姫」

東京バレエ団が金森穣さんの新作を上演することが、3月8日の記者会見で発表されました。
作品は『かぐや姫』、音楽はドビュッシー。金森さんの構想では全3幕の作品ですが、11月にはまず第1幕を上演するそうです。

記者会見のレポートがいくつもネットにアップされています。

(1) 東京バレエ団ブログ
https://thetokyoballet.com/blog/blog/2021/03/post-102.html
(2) SPICE
https://spice.eplus.jp/articles/284018
(3) Chacott ワールドレポート
https://www.chacott-jp.com/news/worldreport/tokyo/detail020806.html

(1)は会見の簡潔なまとめ、(2)はそれをさらに膨らませたもの、(3)はほぼ全文の書き起こしというところでしょうか。お時間のある方はぜひ(3)をどうぞ。

私もInstagramのLive配信で記者会見を視聴しましたが、クリアに冷静に発せられる言葉の奥に、金森さんのこの作品に対する強い熱意を感じました。

公演は11月6日・7日、東京文化会館にて。他の振付家作品とのミックス・プログラムになるそうです。
初日の幕が上がるまでおよそ8ヶ月。とても待ち遠しいです。

2021.02.23 23:35

東京バレエ団『ジゼル』

『ジゼル』公演の話3日目。
今週末は東京バレエ団が『ジゼル』を上演します。
https://www.nbs.or.jp/stages/2021/giselle/index.html

 2月26日(金) 19:00
 2月27日(土) 14:00
 2月28日(日) 14:00
 東京文化会館

 ジゼル:沖香菜子(26日・28日) 秋山瑛(27日)
 アルブレヒト:柄本弾(26日・28日) 秋元康臣(27日)


6年ぶりの『ジゼル』の主演はダブルキャスト。柄本さん以外は初役です。
他の主要役も、初役でないのは木村和夫さんの公爵と伝田陽美さんのミルタだけでは。

初めてジゼルを踊る沖さんと秋山さんのインタビューはこちら。
 沖香菜子「初役のジゼルへの想いと意欲」
 秋山瑛「ジゼルの心の流れを伝え、観ている方と一緒に物語に入れるように演じたい」

これも初めてのベルタ(ジゼルの母)を演じる奈良夏春さんのインタビュー。
 「自ら直訴した念願の役。ダンサーのキャリアを集約し演技に挑む」

いずれも興味深かったのですが、バレエミストレスの佐野志織さんがウィリ達について述べているのを読んで、さらに期待が高まりました。
https://thetokyoballet.com/blog/blog/2021/02/post-99.html

真っすぐではなく斜めに整列、冷酷であると同時に生前の楽しい思い出も抱え、ウィリの群舞は青白いだけではなく微細な色を帯びるのでしょうか。

チケット数を抑えているせいで、27日・28日は販売を終了していますが、初日の2月26日はまだ取り扱いがあります。席は選べませんが、25歳以下対象のU25シート(破格の1,000円)も26日分は発売中です。

2021.02.22 23:54

BALLET TRADITION『ジゼル』

長くウクライナ国立オペラ・バレエ劇場(キエフ・バレエ団)で活躍した田北志のぶさんの主宰するBALLET TRADITIONが、『ジゼル』を上演します。
http://www.shinobutakita.com/ballettradition/bt7.html

 3月24日(水) 18:30
 新宿文化センター 大ホール

 ジゼル:田北志のぶ
 アルブレヒト:高野陽年

 ヒラリオン:菅野英男
 ウィルフリード:松野乃知
 ペザント:キム・セジョン 大城美汐
 クーランド大公:堤淳
 ベルタ:坂井直子


元々は去年の4月に予定されていた公演ですが、2度の延期を経てこの3月に上演するはこびに。
当初は「アルブレヒト:ニキータ・スホルーコフ ヒラリオン:イーゴリ・コルプ」という配役でしたが、現在の状況ではお二人の来日が困難なため、あらたに高野陽年さんと菅野英男さんがゲスト出演することになりました。

高野さんは2017年に見たコンテンポラリー(「Still of King」)が素晴らしく、ぜひ今度はクラシック作品もとずっと思っていました。ジゼルの田北さん、ヒラリオンの菅野さんとどのような舞台を作り上げるのかとても楽しみです(ご本人のInstagaramアルブレヒトの動画が)。

チケットは本日(2月22日)再販売を開始
フォームにて申込→事務局から連絡メール→銀行振込→チケット郵送という流れのようです(ようです、というのは私も申し込んだばかりなので)。また電話での問い合わせも受け付けるとのこと。

席は選べませんが、できるだけ希望に応えていただけるそうで(もちろん残席状況によるでしょうが)、1階席/2階席/センターブロック/通路寄りなど、チケット申込時にいくつかの選択肢にチェックが入れられるようになっています。

すでに1階S席は完売とのこと。チケットをお求めの方は急いだ方がいいかもしれません。

2021.02.21 23:41

バレエ シャンブルウエスト『ジゼル』

バレエ シャンブルウエストが5月に『ジゼル』を上演します。
http://www.chambreouest.com/performance_info/「ジゼル」全幕

 5月22日(土) 13:00/18:00
 J:COMホール八王子(八王子市民会館)

 ジゼル:柴田実樹(昼)/川口ゆり子(夜)
 アルブレヒト:芳賀望(昼)/江本拓(夜)
 ヒラリオン:正木亮


1日2公演のうち、夜公演の『ジゼル』は川口ゆり子さん(リンク先のすてきなチラシも川口さんですよね)。
72歳の森下洋子さんが現役で活躍中ですが、同じく橘秋子さんに師事した川口さんも現在70歳。それで『ジゼル』全幕を踊るのですから、橘門下、恐るべしです。

一般発売は2月23日(火)。

---------

その森下洋子さんは、5月にジュリエットを踊ります。しかも2日連続。
http://www.matsuyama-ballet.com/newprogram/romeo_juliet_all.html

 松山バレエ団『ロミオとジュリエット』
 5月3日(月) 15:30
 5月4日(火) 13:30
 オーチャードホール

ロミオを踊るのは大谷真郷さん(こちらも両日)。

また、5月5日にはお子さん向けの「ロミオとジュリエット スペシャルハイライト」公演も予定されています。

こちらはジュリエット2人、ロミオ1人という変則的な組み合わせで2公演。おそらくジュリエットは途中で交替するのでしょう。
解説係のマリーヌさんも登場します。

---------

シャンブルウエスト『ジゼル』の会場が耳慣れないホールですが、「オリンパスホール八王子」がこの4月から「J:COMホール八王子」に変更になるとのこと。
ホールの実体は八王子市民会館で、オリンパスホールとJ:COMホールはいずれもその愛称。ネーミングライツが絡むと、ホール名もややこしくなります。

2021.01.31 23:40

日本バレエ協会「創造されたバレエの夢」

毎年11月に開催されていた日本バレエ協会の「バレエ・フェスティバル」が「Ballet クレアシオン」と名を変えたのは2011年のことでした。以後、2019年までに上演されたのは35作品(去年は残念ながら開催中止)。そのうち25作品の映像が、明日2月1日(月)から11日(木)まで、渋谷のユーロ・ライブにて上演されます(7日はお休み)。
http://www.j-b-a.or.jp/stages/ballet-creation-2020-special/

各回1,500円で、当日券は開演の30分前に発売とのこと。
残席状況も日バ協のサイトに掲載されていますが、開演1時間前から販売窓口に電話で問い合わせもできるそうです。

せっかくの機会ですから何回かは出かけたいところ。一昨年の平山素子さん振付の「Sarcophagus」はとても気に入った作品なので、これは是非また見たいですね。

日本バレエ協会のサイトで、2018年までの「クレアシオン」の舞台写真が見られます(画像のデータサイズが大きいので、表示に少し時間がかかるかもしれません)。
 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年


日バ協サイトには「クレアシオン」の前身の「バレエ・フェスティバル」の記録も掲載されています。
 1963年〜1982年 1983年〜2001年 2002年〜2010年 

振付者と作品名を眺めるだけでわくわくします。第28回(1990年)までは2月頃に開催されていたんですね。

2021.01.09 23:15

しばらくネット配信が続きそうなので、年末年始だけの予定だった「バレエ 舞台配信」のページを更新しました。
http://j-ballet.info/kouen/streaming.html

---------

新国立劇場バレエ団「ニューイヤー・バレエ」配信

新国立劇場バレエ団の「ニューイヤー・バレエ」は残念ながら中止になりましたが、1月11日公演を無観客ライブ配信することが急遽決まりました。
https://www.nntt.jac.go.jp/ballet/news/detail/26_019245.html

1月11日(月)14:00から、YouTube又はFacebookで視聴することができます(アーカイブ配信は無いとのこと)。

視聴は無料ですが、新国立劇場はインターネット小口寄附の窓口もありますので(受付は3千円から)、そちらから寄付することもできます。

---------

東京バレエ団『ドン・キホーテ』配信

東京バレエ団は昨年9月26日マチネの『ドン・キホーテ』を1月11日まで有料配信中です。
https://www.nbs.or.jp/stages/2020/donquixote/streaming.html

9月の『ドンキ』は舞台の隅々まで熱気があふれ、今の東バの層の厚さと充実を感じる良い公演でした。こちらもぜひ(当日のキャスト)。

2021.01.02 22:46

本年も、変わらず細々もごもごと。

2020.12.29 23:44

年末年始の動画配信

年末年始のバレエ動画の配信をまとめました。日本語で案内のあるもののみですが。
http://j-ballet.info/kouen/streaming.html