2019.10.24 23:15

イベントいろいろ

バレエ関連の講座やトークショーのご紹介。

■ NBAバレエ団「所沢市民感謝Day」(10月27日 NBAバレエ団スタジオ)
http://www.nbaballet.org/tokorozawaday.pdf(PDF)

所沢市が本拠地のNBAバレエ団が、今度の日曜日にスタジオでイベントを開催。
バレエのデモンストレーションやバレエ体験等。オリジナルTシャツなど来場記念プレゼントもあるそうです。


■ スターダンサーズ・バレエ団「「緑のテーブル」講座」
(10月28日・11月18日 スターダンサーズ・バレエ団スタジオ)
https://www.sdballet.com/news/20191004/

来年3月のクルト・ヨース振付「緑のテーブル」上演に先がけて、作品をより深く理解するための講座を開催。バレエ団総監督の小山久美さん、実際に作品を踊っているダンサーのお話など。
10月28日の回はあっと言う間に満員になり、現在は11月18日の回を受付中。

参加者特典は公演チケット割引販売と公演プログラム先行販売。
会場のスターダンサーズ・バレエ団スタジオは、東京メトロ銀座線「外苑前駅」近くです。


■ バレエカレッジ「バレエ音楽の歴史 マリウス・プティパの時代」
(10月30日 芸能花伝舎)
https://balletcollege.amebaownd.com/posts/7138071

バレエカレッジは何度か受講していますが、司会の方がいつも要所要所で的確な質問をして、興味深いお話を引き出してくださいます。
今回は60年以上バレエを指揮している福田一雄さんによる講座。「バレエ指揮の第一人者」という紹介はまさに。


■ 「吉田都 トーク&サイン会」(11月4日 二子玉川 蔦屋家電)
https://store.tsite.jp/futakotamagawa/event/art/10236-1428441010.html

『吉田都 永遠のプリンシパル』の出版を記念してのイベントです。
吉田さんは来シーズン、新国立劇場バレエ団の芸術監督に就任予定ですが、芸監になると、多忙でこういう機会は稀になるかもしれませんね。


■ 神保町バレエフォーラム「ミハイロフスキー・バレエの魅力」
(11月16日 ブックハウスカフェ)
https://www.facebook.com/神保町バレエフォーラム-1398584900168255/

11月の神保町バレエフォーラムのゲストは赤尾雄人さん。熱くミハイロフスキー・バレエ、そしてロシアバレエについて語ってくださることでしょう。日程の都合で行けないのがとても残念です。

2019.10.23 23:52

■ 日本バレエ協会「Ballet クレアシオン」(11月9日 メルパルクホール)
http://www.j-b-a.or.jp/stages/2019年度balletクレアシオン

宝満直也さん振付「Four to Four」、遠藤康之さん振付「月下」、平山素子さん振付「Sarcophagus」を上演。
NBAバレエ団、スターダンサーズ・バレエ団、東京バレエ団のプリンシパル他、出演者が大変豪華です。

チケット発売中。


■ ラ ダンス コントラステ「ici 〜いし〜」(11月23日・24日 アースプラスギャラリー)
http://contrastee.com/stage/index.html

毎回、不思議なタイトルのラ ダンス コントラステですが、今回は多彩なイシをテーマにしたアンソロジーのようです。振付は中原麻里さんと竹内春美さん。

会場は東京メトロ「木場駅」近所のスタジオ、アースプラスギャラリー。こんな感じのスペースです。こじんまりとして見えますが、各回定員70名ということは、意外に広いのかもしれません。

チケット発売は10月25日(金)。


■ 谷桃子バレエ団『リゼット』「70周年記念作品」
(1月18日・19日 東京文化会館)
https://www.tanimomoko-ballet.or.jp/chicket/index.html

『リゼット』のタイトルに馴染みのない方もいるかもしれませんが、元は『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』です。

『ラフィーユ』というとアシュトン振付の作品がよく上演されますけど(最近は『リーズの結婚』と題されることが多いですね)、こちらはアレクサンドル・ゴルスキー版をスラミフ・メッセレルとアレクセイ・ワルラーモフが再振付。

アシュトン版と同じく『リゼット』にもお母さんの木靴やメイポールが出てきます。こちらで過去公演の写真が見られます。舞台の雰囲気が伝わるでしょうか。
残念ながら踊るニワトリは登場しません。私の覚えている限りでは、ニワトリ達は鶏小屋の中で揺れていました(美術は妹尾河童さん)。

1949年に設立した谷桃子バレエ団は今年70周年を迎えました。1月の公演では伊藤範子さん振付の「70周年記念作品」も上演されます。

チラシ(PDF)をよく見ると、両日ともロビー開場が開演の1時間半前と異例の早さです。70周年を記念して、ロビーでイベント等が予定されているのかもしれません。過去の公演のポスターやプログラムや舞台写真が展示されると良いのですが。

チケット発売中です。

2019.10.16 23:40

NBAバレエ団『海賊』

この週末、東京文化会館ではNBAバレエ団『海賊』が上演されます。
http://www.nbaballet.org/performance/2019/kaizoku/

2018年3月に初演された久保紘一版『海賊』(宝満直也さんも振付を担当)は2公演とも大盛況。今回はその再演です。

久保版『海賊』の特徴の一つはギュルナーレが主筋に大きく関わってくること。メドーラと並んでのダブルヒロインの役どころ。

ステージ・ファイティングの専門家である新美智士さんを招いて作り上げた戦闘シーンの迫力も見所です。
1ヶ月程前のリハーサルの動画。おそらくリハーサルを始めてすぐの頃で、動きが少しゆっくりしてますが、公演でははるかにスピーディな場面になっていることでしょう。
そしてこちらは1週間前。真ん中で大立ち回りをしているのは宝満さんでしょうか?

新垣隆さんが既存の曲を生かしつつ新しい曲を提供したことも話題を呼びました。

 NBAバレエ団『海賊』
 10月19日(土) 18:00
 10月20日(日) 15:00
 東京文化会館 大ホール

主要な役は全てダブルキャスト(なのでどちらか一方には決めかねて、私は両日行くことにしました)。

チケットの売れ行きは大変好調ながら当日券もあるそうです。
なお、ラグビーのワールドカップが開催されているため、手荷物検査が実施されるとのことですので、余裕のある来場を。


『海賊』といえば、今年3月に東京バレエ団が初演したのが記憶に新しいところ。こちらもとても素晴らしい&楽しい舞台でした。

実は来年は、日本バレエ協会(2月)、Kバレエカンパニー(5月)、谷桃子バレエ団(7月)が『海賊』を予定していて、この2年間で首都圏の団体が持つ『海賊』(おそらく)全てが上演されることになります。
『海賊』は版が違うと物語の展開も大きく異なるので、短期間で見比べることができるのはとても貴重な機会かつ大きな楽しみですね。

---------

洗足学園「世界音楽紀行」

洗足学園の「世界音楽紀行」(という講座があるらしいです)の第13回は「踊り にし・ひがし〜バレエと日本舞踊〜」。
https://www.senzoku-concert.jp/concert/?concert_id=2284

10月19日、こちらもこの週末、土曜日です。
バレエの解説は東京シティ・バレエ団芸術監督の安達悦子さん。
日本舞踊版「瀕死の白鳥」、バレエ版「鷺娘」などの実演もある、興味深い講座です。

2019.10.10 23:33

松山バレエ団『くるみ割り人形』

他のバレエ団同様、毎年12月に(時に11月にも)公演がある松山バレエ団の『くるみ割り人形』ですが、今年はいくつか内容にヴァリエーションがあり、公演数も少し多いようです。
一度紹介した公演もありますが、まとめてあらためて。

 10月20日(日) 14:00 きゅりあん(品川区立総合区民会館)
 『くるみ割り人形』(きゅりあん Special Version)
 主演:藤本晃子 本多裕貴

 11月23日(土) 15:00 フェスティバルホール(大阪)
 『くるみ割り人形』
 主演:森下洋子

 12月1日(日) 15:00 府中の森芸術劇場
 『くるみ割り人形』
 主演:佐藤明美 大谷真郷

 12月7日(土) 15:00 神奈川県民ホール
 『くるみ割り人形』
 主演:山川晶子 本多裕貴

 12月21日(土) 10:30/14:00 東京文化会館
 こども『くるみ割り人形』劇場
 主演:山ア萌未 石津紫帆 大谷真郷(10:30)
    岡村由美子 太細七保 本多裕貴(14:00)

 12月22(日) 13:30 東京文化会館
 『くるみ割り人形』
 主演:森下洋子


10月20日のきゅりあん Special Versionは、品川区在住・在勤・在学の方と松山バレエ団が共演。

こども『くるみ割り人形』劇場は「スペシャルハイライト」と銘打たれています。主演が女性2人・男性1人なのは、クララが途中で交替するのでしょうか。

---------

松山バレエ団『新 白鳥の湖』

こちらは神奈川県民ホール、3月20日(金)の公演。
https://www.kanagawa-kenminhall.com/detail?id=36411

松山バレエ団が年明けに『白鳥』を上演するようになって10年以上になりますが、たいていはNHKホールで、神奈川県民ホールは初めてでは(時期もたいていは1月なのに今回は3月ですね)と思ったら、ここで松山『白鳥』を上演するのがなんと25年ぶりとのこと。

オデットとオディールを踊るのは森下洋子さん。
一般発売は10月19日(土)です。

---------

台風19号の影響で、10月12日(土)に予定されていたバレエ シャンブルウエスト『白鳥の湖』は来年2月23日(日)に延期になりました。

10月12日公演のチケットをお持ちの方は、そのチケット記載の席で鑑賞できるそうです。


この週末は、東京都内ではKバレエカンパニーの『マダム・バタフライ』も上演予定ですが、こちらは10月12日の公演から他日公演への振替を受け付けるとの案内が出ています。
http://www.k-ballet.co.jp/news/201910/10_2.html

10月12日・13日の公演の上演の有無については公演当日の朝9時までにKバレエのTwitterInstagramチケットスペースのサイト等で発表するとのこと。


都内のバレエに限らず、各地のイベントが中止になったり、振替になったりしています。どのような選択をするにしろ、主催の方々は難しい判断を迫られて大変なことですね。

台風の接近している地域の方は、お出かけになる皆さんも家にとどまる皆さんも、くれぐれもお気をつけて。

2019.10.01 23:40

東京バレエ団『ラ・シルフィード』

来年3月の東京バレエ団『ラ・シルフィード』の日程・キャスト等が発表されました。
https://www.nbs.or.jp/stages/2020/lasylphide/index.html

 3月21日(土) 14:00
 3月22日(日) 14:00
 東京文化会館

 ラ・シルフィード:沖香菜子(21日)/川島麻実子(22日)
 ジェイムズ:秋元康臣(21日)/宮川新大(22日)

 一般発売:11月16日(土)


シルフィードは予想通り。2回公演ならジェイムズは宮川さん、秋元さん、柄本弾さんのうちのお二人思っていました。3回公演ならなお嬉しかったのですが。
柄本さんは森川茉央さんと共にマッジでしょうか(森川さんのマッジはまず間違いないと思ってます)。

川島さんと宮川さんの組み合わせは新鮮で、この点も楽しみです。

---------

「旅するフランス語」

東京バレエ団の柄本弾さんが出演するNHKの「旅するフランス語」が10月3日から始まります。

こちらは先日行われた記者会見の様子。
 [東京バレエ団ブログ][バレエチャンネル

メッセージ動画もありますよ。

番組を記念してのトークイベントも予定されています(10月19日(土) 紀伊國屋書店新宿本店)。

テキストには当然ながら柄本さんの写真がいっぱい。
巻末には「バレエへの招待」という読み物もついていますから(第1回は『眠れる森の美女』)、番組の中でも折に触れバレエが出てくるのではと期待しています。

NHKで半年という長い期間の放送ですから視聴者も多いでしょう。この番組をきかっけにバレエに興味を持つ方が増えればすてきですね。

2019.09.19 23:25

原則として関東のバレエ公演を紹介している本サイトですが、今回はそれ以外の地域の公演をいくつか。

K★バレエスタジオ「33rd Memorial Concert」

 9月29日(日) 16:30
 豊中市立文化芸術センター

 「バレエコンサート」
 「シンデレラの出発」
 「眠れる森の美女」3幕より
 「HOME」(振付:福田圭吾)
 「Bouger」(振付:矢上恵子)
 「Cheminer」(振付:矢上恵子)

 出演:山本隆之 福岡雄大 福田圭吾 福田 紘也
    本島美和 大和雅美 涌田美紀 小柴富久修 他


白鳥バレエ『平家物語』

 11月30日(土) 19:00
 鹿児島市民文化ホール

 構成振付:白鳥 見なみ
 出演:土田三郎 白鳥五十鈴 高岸直樹 西野隼人
    輪島拓也 池本祥真 柳元隆太郎 石黒善大
    浅井永希 愛澤佑樹 益子倭 三間貴範
吉岡真輝人 上瀧達也 吉田太郎 他


「有馬バレエ70周年記念公演」

 12月7日(土) 18:00
 ロームシアター京都

 「razo 〜絆〜」(振付:矢上恵子)
 「ショパンという名の音楽家…想いに濡れながら」(振付:安達哲治)
 「ビゼーシンフォニー」(振付:下村由理恵)
 「クリスマス・キャロル」〜奇跡の贈りもの〜(振付:藤川雅子)

 出演:秋元康臣 江本拓 他

---------

牧阿佐美バレヱ団「公開リハーサル」

12月14日・15日に文京シビックホールで『くるみ割り人形』を上演する牧阿佐美バレヱ団が、リハーサルを公開します。
https://www.ambt.jp/pf-kurumi2019/rehearsal/

 12月15日(日) 10時30分〜11時20分(10時開場)
 文京シビックホール

・『くるみ割り人形』2幕を上演。
・全席1,000円。
・3歳から入場可。
・オーケストラ演奏は無しです。
・チケット購入はこちらから(席が選べます)。

オーケストラが付きませんし、リハーサルですから芸術監督の声なども聞こえて、本公演とは違う雰囲気でしょうが、『くるみ』のディベルティスマンが次々と見られるのは楽しいですよね。

早速チケットを申し込みましたが、選べるのは2階の前方のみでした。販売する席数は200弱というところでしょうか。

当日、金平糖の精を踊るのは阿部裕恵さん、王子は水井駿介さん。
雪の女王の茂田絵美子さんも出演者として紹介されているのですが、牧の『くるみ』2幕に雪の女王が登場したかどうか、記憶がはっきりしません。

2019.09.10 23:52

「アルディッティ弦楽四重奏団×小尻健太」

ネザーランド・ダンス・シアター(NDT)で長く踊っていた小尻健太さんと弦楽四重奏のコラボレーション。
https://www.kanagawa-ongakudo.com/detail?id=35999

 11月30日(土) 15:00
 神奈川県立音楽堂

演奏される4曲のうち、小尻さんは2曲を踊るようです。
そのうちの1曲、ウォルフガング・リーム(という作曲家を初めて知りました)の「弦楽四重奏曲 第3番」はこんな曲

アルディッティ弦楽四重奏団のリーダー、アーヴィン・アルディッティさんのコメントはこちら


公演に先立って小尻さんのトークショーも予定されています。

「街なかトークカフェ ダンスと音楽のフシギなカンケイ」
 10月27日(日) 14:00〜15:30
 BUKATSUDO

(小尻さんのお名前、本来は“九”ではなく“丸”なのですが、環境によっては文字化けしてしまうので、やむなく九を使ってます。すみません。)

2019.09.09 23:30

東京シティ・バレエ団「シティ・バレエ・サロン」

バレエ団員の創作作品を意欲的に発表してきた東京シティ・バレエ団の「シティ・バレエ・サロン」も8回目を迎えます。
https://www.tokyocityballet.org/schedule/schedule_000516.html


東京シティ・バレエ団「シティ・バレエ・サロン vol.8」

 11月30日(土) 17:30
 12月1日(日) 11:00/15:00
 豊洲シビックセンターホール

 「The Seventh Position」(振付:ジョン・ヒョンイル)
 「セレナーデ」(振付:中島伸欣)
 「ドン・キホーテ」第3幕より(振付:キム・ボヨン)
 「Finding Happiness...」(振付:草間華奈)

 一般発売:9月10日(火)

今回は中島さん、キム・ボヨンさん、草間さんと韓国から招く振付家ジョン・ヒョンイルさんの4作品を上演。
出演者は今後発表されますが、東京シティ・バレエ団のダンサーはもちろん、今年4月に設立されたTCBスタジオカンパニーも出演するとのこと。

会場の豊洲シビックセンターホールは、舞台背後と上手側の壁が素通しになっているユニークな作り。過去にはこの構造を生かした作品もありましたが、今回はどうでしょう。

キム・ボヨンさんが手がけるのが『ドン・キホーテ』第3幕というのも気になります。全幕『ドンキ』への布石であれば嬉しいのですが。

2019.09.07 23:38

「公演カレンダー」を更新しました。

■ 川越市バレエ連盟『ジゼル』(11月16日 ウェスタ川越)
https://www.westa-kawagoe.jp/event/detail.html?id=1707

川越市バレエ連盟10周年記念とのこと。
出演者等についてはこちらのページに。

主演は新国立劇場バレエ団の小野絢子さんと福岡雄大さん、ヒラリオンは東京バレエ団の柄本弾さん。

福岡さんによる演出です。
バレエミストレスは、やはり新国立劇場バレエ団の五月女遥さん。
チケット発売中。


■ 武蔵野シティバレエ『コッペリア』
(11月17日 武蔵野市民文化会館)
http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2019/08/32-2.html

安田由貴子さんによる演出・再振付。
キャストはこちらのチラシ掲載されています。

スワニルダは東京バレエ団の中川美雪さん、フランツが谷桃子バレエ団の檜山和久さん、コッペリウスが元東京バレエ団の西脇信雄さん。

やはり元東バの森田雅順さんが気になります(市長さんでしょうか)。
牧阿佐美バレヱ団、東京シティ・バレエ団の方も何人も。

本日がチケット発売日だったのですが、武蔵野シティバレエの公演は毎年人気で、すでにチケットが残り少なくなっています。


■ 国際バレエアカデミア『コッペリア』
(新宿文化センター 11月30日)
http://www.academia-ballet.jp/coppelia2019/

国際バレエアカデミアは小牧正英さん演出の『コッペリア』を上演。
スワニルダは金子綾さん、フランツはモンゴル国立バレエ団のダワドルチ・オユンさん、コッペリウスは夏山周久さん。

チケット発売中です。


■ 牧阿佐美バレヱ団『くるみ割り人形』
(文京シビックホール 12月14日・15日)
https://www.ambt.jp/pf-kurumi2019/

金平糖の精、王子、雪の女王の主要役が3キャスト。
(掲載されている舞台写真がとてもすてき。去年のでしょうか。)

一般発売は9月18日(水)ですが、メール会員(登録無料)は先行受付中です。

---------

「バレエを楽しむ基礎知識講座」

牧阿佐美バレヱ団『くるみ割り人形』に関連して「バレエを楽しむ基礎知識講座」が企画されています。
https://www.b-academy.jp/news/2019/09/post-60.html

牧『くるみ』の公演鑑賞に6回の講座とバックステージツアー付き

第1次募集は文京区の在住・在勤・在学の方に限られていましたが、主催の文京アカデミーに問い合わせたところ、第2次募集の現在はその条件はなく、15歳以上(中学生をのぞく)であれば応募可能とのことです。

2019.09.04 23:46

「Melos Dance Experience 2019」

5月にSTAGE1、8月にSTAGE2と公演を重ねてきた「Melos Dance Experience」のSTAGE3。今回はA・B、2つのプログラムを計5公演。
https://www.melosdance.com/schedule/

「Melos Dance Experience 2019」(STAGE 3【体験】)

 11月8日(金) 19時 Aプログラム
 11月9日(土) 14時 Aプログラム
 11月9日(土) 18時 Aプログラム
 11月10日(日)13時 Bプログラム
 11月10日(日)17時 Bプログラム
 川崎アートセンター アルテリオ小劇場

 「A Pilgrimage」(振付:中村恩恵)
 「トラフィック」(振付:西島数博)
 「Nostalgia」(振付:笹原進一) Aプロのみ
 「On the Ground」(振付:笹原進一) Bプロのみ


出演は西島さん、柴田有紀さん、三木雄馬さん(Bプロ)、八幡顕光さん(Bプロ)他。
この公演をプロデュースしている土井由希子さんも、笹原作品を踊ります。

 [中村恩恵さん(「A Pilgrimage」振付)インタビュー
 [西島数博さん(「トラフィック」振付)インタビュー

チケット発売中。
アルテリオ小劇場は席数200弱。前回のSTAGE 2はチケットが完売したそうです。今回は5公演ですが、プログラムも2種ですので、ご希望の方は急いだ方がいいかもしれません。

2019.08.31 23:32

「公演カレンダー」を更新しました。


■ 神奈川県芸術舞踊協会『ねむり姫』(10月26日 神奈川県民ホール)
https://dancekanagawa.jp/adk/adk2019/

「眠りの森の美女〜未来版」と副題がついています。中村しんじさん演出、川野眞子さん振付。去年の7月に酒井はなさん主演で上演された作品です。

今回は佐々木美緒さん、元Noismの中川賢さんが出演。
中川さんは今公演の振付も一部担当しているようで、また出演者もおよそ170名になるとのことで、前回とはかなり変更があるのかもしれません。

とても見たいのですが、この日は残念ながら東京バレエ団のミックス・プログラムと重なっています。


■ レイディエート・フィルハーモニック・オーケストラ『白鳥の湖』
(10月14日 府中の森芸術劇場)
https://www.radiate.gr.jp/next_stage/

レイディエート・フィルハーモニック・オーケストラはバレエ音楽の演奏を中心に活動しているオーケストラとのこと。
10月の定期演奏会はバレエ付きの『白鳥の湖』全幕。オーケストラも舞台に乗る、セミ・ステージ形式の上演だそうです。

 演出:江本拓
 振付:吉本泰久 丸尾孝子
 オデット:吉本真由美
 王子:江本拓
 オディール:村井鼓古蕗
 悪魔ロットバルト:吉本泰久
 チャルダッシュ:丸尾孝子
 パ・ド・トロワ:土方一生

バレエ シャンブルウエストの方が多く出演しますね。
江本さんの演出はもちろん、吉本さんのロットバルト、丸尾さんのチャルダッシュなど気になるのですが、こちらも世田谷クラシックバレエ連盟の『ドン・キホーテ』と重なっています。残念。

チケット発売中です。


■ NBAバレエ団「ホラーナイト」(2月15日・16日 新国立劇場)
http://www.nbaballet.org/performance/2020/horror_nights/

マイケル・ピンク振付の「ドラキュラ」第1幕と、宝満直也さんによる新作「狼男」を上演。
2月15日の昼公演と16日には平野亮一さんが「ドラキュラ」にゲスト出演します。

チケット発売中。


■ NBAバレエ団『ドン・キホーテ』(11月23日 所沢まちづくりセンター)
http://www.muse-tokorozawa.or.jp/event/detail/20191123/

こちらもNBAバレエ団の公演です。
ダイジェスト版のためか1,500円とかなり抑えたチケット価格。

チケット発売中。
会場の所沢まちづくりセンター(所沢市中央公民館)のホールは最大で350席とこじんまりとしていますので、お求めの方はお早めに。

2019.08.28 23:46

世田谷クラシックバレエ連盟『ドン・キホーテ』

世田谷クラシックバレエ連盟が10月に『ドン・キホーテ』を上演します。
http://setagayaballet.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

 2019年10月14日(月) 17:00
 世田谷区民会館

 振付:坂本登喜彦

 キトリ:川島麻実子
 バジル:西野隼人
 ドン・キホーテ:堀登
 サンチョ・パンサ:岩上純
 ガマーシュ:安村圭太
 エスパーダ:永野亮比己
 メルセデス:飯塚絵莉
 キトリの父:渡辺大地

一部カット版とのことですが、チラシのキャスト表を見ると、ロマ族は女性のみ、キューピッドは3人と、坂本登喜彦さんならではの演出が色々と楽しめそうです。
チケット受付中。