2018.02.20 23:38

「洗足学園音楽大学 新校舎竣工記念公演」

洗足学園音楽大学にダンス専用校舎ができるそうで、3月・4月にその竣工記念公演が行われます。
http://white.senzoku.ac.jp/

現在、バレエ関係で情報が掲載されているのは以下の3公演。

 3月22日(木) 19:00 谷桃子バレエ団 日原永美子振付作品
 3月26日(月) 19:00 東京シティ・バレエ団 小林洋壱振付作品
 4月4日(水) 19:00 谷桃子バレエ団 『眠れる森の美女』抜粋

チケット予約は洗足学園音楽大学のフォームから。

なぜかウラジーミル・マラーホフの名前もあって、マラーホフが振付・指導するヴァリエーション発表会も予定されているのですが、こちらは早々にチケット予約が終了しています。


日原永美子さん作品のリハーサル動画は、谷桃子バレエ団のFacebookで見ることができます(こちらこちら。動画の再生にはFacebookアカウントでのログインが必要です)。

バレエの宣伝動画は音楽と動きがチグハグなこともままあるのですが、上記の動画はダンスシーンの抜粋をつなぎながら、きちんと音楽が動きにあっていて、その点に大変感心しました。

---------

夏の新国立劇場バレエ団“こどものためのバレエ劇場”、今年は『シンデレラ』を上演。
http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/performance/28_011689.html

一般発売は4月15日(日)ですが、森山開次さん振付『サーカス』とのセット券は3月31日(土)から発売です。

---------

「横浜バレエフェスティバル2018」

こちらも夏の恒例になった「横浜バレエフェスティバル」、今年は7月21日(土)に神奈川県民ホールで開催されます。
http://yokohamaballetfes.com/

出演者は以下の方々。
http://yokohamaballetfes.com/dancer/

 小池ミモザ 菅井円加 近藤亜香 津川友利絵 金原里奈
 オステアー 紗良 チェンウ・グオ 二山治雄 遠藤康行
 加藤三希央 バティスト・コワシュー ニコラ グラスマン
 柳本雅寛
 栗原ゆう 松浦祐磨 他

公演詳細や演目等はもう少し後の発表なのでしょうか。楽しみですね。

2018.02.14 23:47

「ロイヤル・エレガンスの夕べ 2018」

「ロイヤル・エレガンスの夕べ 2018」が夏に開催されます。
http://royalelegancenight.com/japanese/tickets.html

8月30日(木)から9月1日(土)の3日間、めぐろパーシモンホールにて。
出演者はこちらで良いのでしょうか。演目はまだ決まっていないようです。

---------

牧阿佐美バレヱ団では『ドン・キホーテ』(3月3日・4日)の都民芸術フェスティバル特別シートを販売中です。
https://twitter.com/AsamiMakiBallet/status/960678855190110208

席は選べませんが、『ドンキ』のチケットが3,000円なのは魅力的ですね。

---------

「めぐろバレエ祭り」

昨日、東京バレエ団のスタジオ・パフォーマンスでもらった「めぐろバレエ祭り」の予告チラシによると、今年の「バレエ祭り」は8月21日(水)〜26日(土)。会場はめぐろパーシモンホールと八雲体育館。

とすると、東バの『ドン・キホーテの夢』とバレエコンサート(「プティパから現代へ」)は、8月25日・26日でしょうか。

詳細は3月末に発表予定とのこと。楽しみです。

2018.02.10 05:24

東京シティ・バレエ団“セリフ付き”バレエ『白鳥の湖』

東京シティ・バレエ団が声優とのコラボレーションによる『白鳥の湖』を上演します(5月27日 ティアラこうとう)。
https://www.kcf.or.jp/tiara/event/detail/?id=1123

以前書いた通り、洗足学園が過去に何度かナレーション・台詞付バレエを上演していますが、私はまだ見たことがありません。台詞が無いというバレエの特異性を措くことがどのような効果をあげるのか興味深いところです。

一般発売は明日2月10日。
S席4,500円、A席3,500円という比較的低めの価格設定ですし(中学生まではS席3,000、A席2,000円とさらにお得)、声優さんのファンも来場するでしょうから、公演に行く予定の方は早めにチケットを確保した方がいいかもしれませんね。

---------

「世界バレエフェスティバル」

この夏の「世界バレエフェスティバル」の日程が発表に。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/15-1.html

Aプロ・Bプロ各5公演、全幕特別プロの『ドン・キホーテ』は2公演。

Bプロの最終日から1日か2日空けてガラというのがこれまでの傾向ですから、とするとガラ公演は8月14日か15日でしょうか。

---------

光藍社 2018年夏公演

光藍社主催の7月〜9月公演の情報が多数アップされました。

■キエフ・バレエ「華麗なるクラシックバレエ・ハイライト」
http://www.koransha.com/ballet/karei2018/

■キエフ・バレエ「親子で楽しむ夏休みバレエまつり」
http://www.koransha.com/ballet/oyakoballet2018/

■「華麗なるクラシックバレエ・ハイライト 〜ロシア4大バレエ劇場の競演〜」
http://www.koransha.com/ballet/russiakarei2018/

■「ロシア・バレエ・ガラ 2018」
http://www.koransha.com/ballet/rossiangala2018/

一般発売は2月28日(水)ですが、光藍社サイトで2月16日(金)より先行予約の受付開始。

シャイターノワとスハルコフ目当てに、一度はキエフ・バレエの公演に行きたいと思っていましたが、東京バレエ団の野外公演およびバレエフェスと重なるこの日程では難しそうです。残念。

2018.01.31 23:39

「公演カレンダー」を更新しました。

■牧阿佐美バレヱ団『ライモンダ』(6月9日・10日 文京シビックホール)
http://www.ambt.jp/perform2.html

牧の『ライモンダ』はかなり久し振りの上演ではと思ったら、10年ぶりとのこと。
一般発売は3月7日(水)。

■「Bright Step 2018」(7月30日 メルパルクホール))
https://www.facebook.com/bright.step.project

海外のバレエ団で活躍するダンサーが集う「Bright Step」も回を重ねて4回目。
モスクワ国際バレエコンクールで金賞の大川航矢さん、同コンクール銅賞の寺田翠さん、先日ハンブルク・バレエ団『ドン・キホーテ』でキトリデビューした菅井円加さん他、出演者多数。

明日2月1日が発売日。
チケットはカンフェティにて取り扱い。

---------

神保町バレエフォーラム

次回の神保町バレエフォーラムは3月13日(火)に開催。
テーマは「ジョージ・バランシン振付『セレナーデ』の魅力」。
講師は上野房子さん。

---------

6月の東京バレエ団『白鳥の湖』の公演サイトが公開されました。
http://www.nbs.or.jp/stages/2018/swan/index.html

---------

3月の東京シティ・バレエ団『白鳥の湖』の特設サイトにはキャストボイスが続々アップされていて、読むと公演への期待がますます高まります。

こちらは「ぶらあぼ」に掲載された公演の取材会のレポート。
http://ebravo.jp/archives/40492

東京シティ・バレエ団芸術監督の安達悦子さんと、今回の『白鳥』で指揮をする大野和士さんは、なんと小学校で同級生だったそうです。

2018.01.26 23:56

東京バレエ団『白鳥の湖』

『ダンスマガジン』最新号(3月号)に東京バレエ団『白鳥の湖』の広告が出ていました。

 東京バレエ団『白鳥の湖』

 6月29日(金) 18:30  上野水香 柄本弾
 6月30日(土) 14:00  川島麻実子 秋元康臣
 7月1日(日) 14:00  沖香菜子 宮川新大

 東京文化会館

 S席10,000〜E席3,000円
 一般発売:3月10日(土)


東バの『白鳥』は6月16日に鎌倉芸術館でも予定されていますが、この鎌倉公演と東京公演の間にも東バの『白鳥』があるのか気になるところです。

---------

『ダンスマガジン』最新号には「パトリック・デュポンの現在」という思いがけない記事も。

デュポンは去年の秋にボルドーでバレエ学校を始めたそうで、オデットの手本を見せるデュポンなどの写真も掲載されています。
久々にデュポンの姿を見たので髪の白さにちょっと驚きましたが、表情はまさしくかのパトリック・デュポン。一時期よりもお腹周りがちょっとすっきりしたような。

---------

マリインスキー・バレエ

12月のマリインスキー・バレエの特設サイトが公開されました。
http://www.japanarts.co.jp/mariinsky2018/index.html

演目は『白鳥の湖』『ドン・キホーテ』「マリインスキーのすべて」。一般発売は3月17日(土)。

2018.01.25 23:37

松山バレエ団『シンデレラ』

今年の松山バレエ団、恒例のオーチャードホール5月公演は『シンデレラ』。
http://www.matsuyama-ballet.com/newprogram/2018cinderella/

5月3日・4日公演は本日がチケット発売。
5月5日公演(こどもの日特別公演)の一般発売は1月28日。

---------

フライデー・レディ 2018

去年から始まったNBSのフライデー・レディは、今年も会員募集中です。
http://www.nbs.or.jp/fridaylady/fridaylady.html

対象はバレエ2、オペラ1の計3公演。特典が色々ついています。
(東京バレエ団『白鳥の湖』のゲネプロ見学とバックステージツアーがいいですね!)

おそらく“プレミアムフライデー”に触発されたこの企画、2年目にしてもうかなり金曜日から遠くなっていますけれど(3公演中、金曜日は1公演だけ)、それはそれとして、ユニークな試みかと思います。

リンク先には締切が書かれていませんが、チラシによると申込締切は3月31日とのこと。

2018.01.16 22:02

「公演カレンダー」を更新しました。

●「The 5th BALLET TRADITION」(4月12日 新宿文化センター)
http://www.shinobutakita.com/ballettradition/bt5.html

田北志のぶさんプロデュースの「BALLET TRADITION」も今回が5回目。『白鳥の湖』第2幕、「カルメン」他を上演。

『白鳥の湖』は新国立劇場の小野絢子さんがオデット、菅野英男さんがジークフリード。

田北さんはカルメンを踊ります。
「カルメン」について詳細がわかりませんが、田北さんは長らくキエフ・バレエ団で活躍されていた方ですから、アルベルト・アロンソ版でしょうね(写真からもおそらく)。
共演者はニキータ・スハルコフ(ドン・ホセ)、イーゴリ・コルプ(エスカミーリョ)という豪華なお二方。

チケット発売中です。
申込はこちらのフォームから。


●ウィーン国立バレエ団(5月9日・10日・12日・13日 オーチャードホール)
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/18_wiener.html

マニュエル・ルグリ率いるウィーン国立バレエ団公演、『海賊』だけかと思っていたら、「ヌレエフ・ガラ」もあるそうです。
ルグリさんは「ヌレエフ・ガラ」の「ランデヴー」「シルヴィア パ・ド・ドゥ」に出演。

一般発売は2月18日(日)。

2018.01.11 23:41

「another BATIK」

「公演カレンダー」に、2月の「another BATIK」を掲載しました。
黒田育世さんが主宰するBATIKが振付家を招く公演が「another BATIK」、今回は2009年に続き2度目とのことです。
http://batik.jp/performance/another-batik

 another BATIK
 2月2日(金)19:00
 2月3日(土)15:00
 2月4日(日)15:00
 世田谷パブリックシアター

 「子どもたちの歌う声がきこえる」
  (振付:佐多達枝 台本:河内連太)
 「波と暮らして」
  (演出:黒田育世 振付:柳本雅寛)

出演はBATIK所属のダンサーの他、岩田バレエ団の小出顕太郎さん、東京シティバレエ団の中弥智博さん、谷桃子バレエ団の牧村直紀さんとバレエダンサーも。

チケット発売中です。

---------

新国立劇場の2018/2019シーズンのラインアップが発表されました。バレエとダンスの演目はこちら。
http://www.nntt.jac.go.jp/release/detail/23_011681.html

『くるみ割り人形』は9公演、新制作の『不思議の国のアリス』が8公演。公演日数がぐっと増えましたね。

私としては若松美黄さんの「獄舎の演芸」が上演される「ダンス・アーカイヴ in JAPAN 2018」が楽しみです(東京バレエ団の公演と重なりませんように)。

2019年1月の「ニューイヤー・バレエ」では「ペトルーシュカ」が大変久し振りに上演されます。
新国立劇場バレエ団による初演は1999年6月、次が2000年2月、それ以来ですから19年ぶりですね。

初演時も2度目の公演も根岸正信さんがタイトルロールでしたが、ペトルーシュカの哀しみ、やるせなさを体現した、それはそれは見事なものであったことを思い出します。

2018.01.08 23:22

「Ballet Rose in Love Stories」

チャコット主催の「Ballet Rose in Love Stories」という公演が3月26日、新宿文化センターで。
http://www.chacott-jp.com/j/special/ticket/balletrose/index.html

2016年、2017年の「Ballet Princess」に続くシリーズですね。
演出・振付は今回も伊藤範子さん。

上演される作品は「眠れる森の美女」「ロミオとジュリエット」「白鳥の湖」「ジゼル」「ドン・キホーテ」。伊藤さんがバラを軸にこの5作品をどのようにつなげていくのか、とても興味深いです。
チラシは赤・ピンク系のバラで覆われていますが、公演では他の色のバラも登場するのかも。

毎回のことながら出演者が豪華ですね。
私は織山万梨子さん(牧阿佐美バレヱ団)とキム・セジョンさん(東京シティ・バレエ団)の、なかなか見られないであろう組み合わせがとても楽しみです。

一般発売は1月27日(土)ですが、チャコットのチケットサイトでは、すでに先行販売中です(座席は選べません)。

2018.01.05 23:37

目白三人の会「舞踊への招待」

恒例の目白三人の会「舞踊への招待」、今年は3月13日、東京芸術劇場にて。
http://www.toshima-mirai.jp/performance/1803.html#koen180313

小林紀子バレエ・シアターの上演作品は「クラシカル・エチュード」。
出演は島添亮子さん、高橋怜子さん、冨川直樹さん、萱嶋みゆきさん、真野琴絵さん他。

「クラシカル・エチュード」については全くわかりません。小林シアターのレパートリーには入っていませんよね。

火曜日で6時開演だと仕事帰りに間に合うか心配ですが、バレエは上演が最後になることが多いので、大丈夫かもしれません。

一般発売は1月11日(木)。

---------

舞踊作家協会「舞踊美術館」

年に5、6回、ティアラこうとうの小ホールで行われている舞踊作家協会の公演、2月はバレエの土壌で育ったという4人の振付家の作品を上演します。

 舞踊作家協会「舞踊美術館」
 2月1日(木) 19:00
 ティアラこうとう 小ホール

 「@Holic」
  振付:関口啓
  出演:岡田紫苑 松野乃知 関口啓 笹森聖乃

 「Art of Life」
  振付:小林洋壱
  出演:草間華奈 石井初美

 「abstract/2×同時的視覚」
  振付:三浦太紀
  出演:櫻井マリ 峰本春菜 佐藤薫 堤頌子 林赳志

 「ファム・ファタール(宿命の女)」
  振付:執行伸宜
  出演:松井珠緒 執行伸宜 武井久美子
     山谷玲 深山美香 登坂太頼

 全席自由 3,000円
 チケット発売中


チケットを買った後でチラシを入手して、元東京バレエ団の松野乃知さんが出演することに気づきました。
松野さん以外も出演者はバレエダンサーがほとんどですね。草間華奈さんと石井初美さんは東京シティ・バレエ団、振付も担当している関口啓さんはスターダンサーズ・バレエ団に所属。

ティアラこうとう小ホールの濃密な空間で、バレエの人が作って踊る作品がどのように展開されるのか、非常に楽しみです。


舞踊作家協会のこのシリーズは2月で196回目。今年中に200回を迎えそうですが、200回目はお祝い公演になるのでしょうか。

2018.01.04 20:22

キエフ・バレエ 夏公演

年が明けてすぐに8月公演の話。

現在、来日公演中のキエフ・バレエですが、夏にも公演が予定されています。

 「親子で楽しむ夏休みバレエまつり」

 8月4日(土) 14:00
 8月5日(日) 11:30/15:00
 東京国際フォーラム ホールC

 全席7,000円
 一般発売:2月28日(水)


私が受け取ったチラシには2公演しか掲載されていませんでしたが、例年、夏のキエフ・バレエ公演は東京都以外もありますので、そのうち追加情報が主催の光藍社のサイトに載るのではないでしょうか。

---------

キエフ・クラシック・バレエ

キエフ・クラシック・バレエも夏に日本公演。

 「チャイコフスキー 夢の3大バレエ」
 7月23日(月) 14:00
 東京文化会館

 『眠れる森の美女』
 7月25日(水) 14:00
 新宿文化センター

 全席4,200円
 一般発売:3月26日(月)


「夢の3大バレエ」は『くるみ割り人形』『白鳥の湖』『眠れる森の美女』からの名場面集。
7月25日の『眠り』は全幕バレエを上演。全2幕とのことです。

こちらも受け取ったチラシには2公演しか掲載されていませんが、去年の夏の公演数が40以上だったキエフ・クラシック・バレエですから、今年の夏もおそらく他にも公演があるのでしょうね。

---------

9月の「ロシア・バレエ・ガラ2018」の出演者もわかりました。

 「ロシア・バレエ・ガラ2018」
 9月1日(土)・2日(日) 15:00
 文京シビックホール 大ホール

 ファルフ・ルジマートフ
 ユリア・マハリナ
 イリーナ・ペレン
 オクサーナ・ボンダレワ
 アナスタシア・ゴリャチェワ
 カテリーナ・チェブキナ
 アナスタシア・ロマチェンコワ
 マラト・シェミウノフ
 セルゲイ・マヌイロフ
 アンドレイ・ヤフニューク
 ミハイル・ヴェンシコフ

 S席13,000円 A席10,000円 B席7,000円 C席5,000円
 一般発売:2月28日(水)


主催はもちろん光藍社。
演目は「オテロ」「牧神の午後」「薔薇の精」他。

2017.12.31 20:48

ジャパン・フェスティバル・バレエ団

橘秋子記念財団が新たに設立したジャパン・フェスティバル・バレエ団の第1回公演のチケットが発売されました。
http://atmf.or.jp/festival.html

公演は3月21日、文京シビックホールにて。
(公演名は今のところないみたいです。)

演目は「ワルプルギスの夜」「デ・フィレ」「パ・ド・フィアンセ」他。
予定演目に入っていた「春の水」は無くなってしまったのでしょうか。あの作品は踊るのがかなり難しいですものね。

牧阿佐美バレヱ団からのゲストは中川郁さん、清瀧千晴さん、ラグワスレン・オトゴンニャムさん、塚田渉さん他。


同じ日に同じ会場で、牧阿佐美バレエ塾の発表会も予定されています。
こちらにもオトゴンニャムさんと塚田さんが出演。

---------

いつもの新年の樹を引っ張り出してホームページに飾りました。

一年間、お世話になりました。
良いお年を。