2018.05.22 23:14

フォリー・バレリーヌ「秘密の旅」

コシミハルさんが芸術監督・音楽監督の公演が7月に行われます。
http://www.chacott-jp.com/j/special/ticket/voyage_secret/index.html

■フォリー・バレリーヌ「秘密の旅」

 7月18日(水) 19:00
 7月19日(木) 15:00/19:00
 渋谷区文化総合センター大和田

 芸術監督・音楽監督・特別出演:コシミハル
 共同振付:森本京子 林かおり

 出演:石原朱莉 北川明代 木原奏音 澤田夏 樽屋萌
    中井杏香 松本佳織 森絵里 渡邉桜子


詳しい内容はわかりませんが「短編作品が連なるレビュー形式」とのこと。
コシミハルさんも出演するそうで、なるほど、コシミハルさんの声とバレエは相性が良さそうですね。

チケット発売中です。

2018.05.10 23:18

東京バレエ団「横浜ベイサイドバレエ」

東京バレエ団が海辺で踊る「横浜ベイサイドバレエ」の詳細が発表されました。
https://dance-yokohama.jp/ev_yokohamabaysideballet/


 ■「横浜ベイサイドバレエ」

 8月4日(土)・ 5日(日) 18:45
 象の鼻パーク特設ステージ

 「タムタム」
  ソロ:宮川新大(4日)/井福俊太郎(5日)

 「ドン・キホーテ」第3幕より
  キトリ:川島麻実子(4日)/沖香菜子(5日)
  バジル:秋元康臣(4日)/宮川新大(5日)

 「ボレロ」
  メロディ:上野水香(4日)/柄本弾(5日)


「タムタム」のソロはキャストを一新。先日の「真夏の夜の夢」のパックチームのお二人が踊ります。

野外公演ですから雨天中止となった場合の振替日も設定されていますが、どうか天候に恵まれますように。

2018.05.07 23:37

NBAバレエ団アトリエ公演『白鳥の湖』

NBAバレエ団スタジオカンパニーによる『白鳥の湖』は7月20日、たましんRISURUホール(立川市市民会館)にて。
http://www.nbaballet.org/performance/2018/swan_lake/

女性の主役は幕ごとに変わります。
王子とロットバルトはNBAバレエ団の山田悠貴さんと長谷怜旺さん。他にもNBAバレエ団の男性ダンサーがゲスト出演とのこと。

チケットの予約受付中です。

---------

「めぐろバレエ祭り」のサイトには、いつの間にか各イベントの詳しい情報が。
https://meguro-balletfes.com/program/

私が気になっているのはニコライ・フョードロフさん作・演出のバレエ劇「プティパの時代」。先日の上野の森バレエホリデイのように、入団間もない方々の活躍の場がたくさんあるといいですね。

---------

「鎌倉芸術館オープンデイ 2018」

鎌倉芸術館では、6月16日に東京バレエ団の『白鳥の湖』が上演されますが、それに先立ち5月20日には「バレエの祭典」と銘打ったオープンデイを開催。
http://www.kamakura-arts.jp/calendar/2018/05/029909.html

バレエ・ストレッチやクイズラリー他、バレエに関係したイベントが予定されています。

2018.04.23 23:40

「公演カレンダー」を更新しました。

■ラ ダンス コントラステ「NYX 〜ニュクス〜」
(6月27日・28日 座・高円寺2)
http://contrastee.com/stage/index.html

再始動第2弾も中原麻里さんの構成・演出・振付作品。
チケット発売中です。

前回「CRYOS」の動画はこちらで。


■小林紀子バレエ・シアター「シアトリカル・ダブルビル」
(6月30日・7月1日 新国立劇場)
http://www.nkbt-tokyo.com/schedule.html

ニネッタ・ド・ヴァロワ「チェックメイト」とフレデリック・アシュトン「二羽の鳩」を上演(作品解説はこちら)。

スペイン国立ダンスカンパニーのエステバン・ベルランガがゲスト出演。
チケット発売中です。


■「Dance at the Gathering 2018」
(7月18日 メルパルクホール)
http://sunrisetokyo.com/schedule/detail.cgi?id=2103

副題が「ローザンヌ国際バレエコンクール 出場者達の祭典」です。

 出演者:
  オニール八菜 ユーゴ・マルシャン 加瀬栞 
  ジョセフ・ケイリー 二山治雄 森脇崇行 他

一般発売は5月12日(土)。


■大和シティバレエ「SUMMER CONCERT 2018」
(8月10日 シリウス芸術文化ホール)
https://www.sba-ballet.com/ycb

鈴木未央さん振付改訂の「千夜一夜物語」、宝満直也さん振付の「3匹の子ぶた」「Evony_Ivory」、関直人さん振付の「ゆきひめ」を上演。

新国立劇場にゆかりのある方が多数出演しますね。
大和シティバレエの母体である佐々木三夏バレエアカデミー出身の菅井円加さん、相原舞さんのお名前も。


■松山バレエ団「『ドン・キホーテ』『白鳥の湖』よりスペシャルハイライト」
(8月16日 立川市市民会館/8月18日・19日 世田谷区民会館)
http://www.matsuyama-ballet.com/newprogram/2018summer/

松山バレエ団の今年の夏休み向け公演は『ドン・キホーテ』と『白鳥の湖』からのハイライト版。

立川市市民会館は最近はたましんRISURUホールと言った方がわかりやすいでしょうか。1つのホールが複数の名前だとどちらを表記するか悩みます。


■シンフォニーバレエスタジオ『白鳥の湖』
(8月22日 かつしかシンフォニーヒルズ)
https://symphony-ballet.com/832/

副智美さんと浅田良和さんが主宰するシンフォニーバレエスタジオの5周年記念公演。
副さんのブログによると主演は副さんと浅田さん。ロットバルトに西野隼人さん、道化に荒井英之さん。

チケット発売中です。

---------

東京バレエ団「真夏の夜の夢」5公演のキャストを表にしてみました。
http://j-ballet.info/kouen/2018/dream.html

あの人とあの人がパ・ド・ドゥをとか、あの人とあの人が引っぱたきあいをとか、妖精チームはこの組み合わせとか、眺めてると気持ちが高揚します。どの公演もとてもとても楽しみです。

2018.04.19 23:42

東京バレエ団「プティパ・ガラ」

東京バレエ団「プティパ・ガラ」の演目と出演者が発表されました(9月1日 神奈川県民ホール)。
http://www.kanagawa-kenminhall.com/detail?id=35480

8月の「夏祭りガラ」とは「ジョコンダ」と「タリスマン」だけが同じ。あとは演目が変わったり、出演者の組み合わせが変わったり。

伝田陽美さんの「エスメラルダ」があるのはいいですね。柄本弾さんとの組み合わせも新鮮です。

川島麻実子さんと秋元康臣さんの「ラ・バヤデール(影の王国)」はおそらく群舞付き。
秋元さんが日本国内で東バの舞台でソロルを踊るのは今回が初めて(去年4月にシュツットガルトでは一度全幕で主演しています)。その一点だけでも貴重な公演ですね。

「騎兵隊の休息」は秋山瑛さんと井福俊太郎さん。
このお二人ですからヴァリアシオンとコーダはさぞ盛り上がることでしょうが、加えて音楽性豊かで美しいアダージョを期待しています。

一般発売は5月5日(土)。

---------

4月28日〜30日の東京バレエ団「真夏の夜の夢」の詳しいキャストが発表されました。
https://thetokyoballet.com/news/post-242.html

3日で5公演、「セレナーデ」が併演される公演と「真夏」単独で上演される公演が混在しているのでちょっとわかりにくいですが、公演の詳細はこちらこちらです。

舞台の動画もあります。
https://www.youtube.com/watch?v=WRWoUqfyEDI

2018.04.16 23:38

スターダンサーズ・バレエ団『ドラゴンクエスト』

今年の日生劇場での夏のバレエ公演はスターダンサーズ・バレエ団の『ドラゴンクエスト』。
http://famifes.nissaytheatre.or.jp/info/2018_info/dragonquest/index.html

8月24日(金)〜26日(日)、3日間で6公演。
日生劇場の舞台サイズに合わせた日生劇場版だそうです。

白の勇者と黒の勇者は池田武志さん&加藤大和さんと谷遼さん&林田翔平さんの2組、と思いましたが、よく見たら皆さん、白の勇者と黒の勇者の両方にキャスティングされていますね。見比べるのも面白いと思います。

一般発売は5月24日(木)。


スタダンの『ドラクエ』は5月12日(土)・13日(日)にもあり、会場はテアトロ・ジーリオ・ショウワ(プロモーション動画)。
特製クリアフォルダとプログラムが付くチケットも。

こちらはチケット発売中です。


スターダンサーズ・バレエ団の今年度の公演予定も本日発表されました。来年3月には久々に「緑のテーブル」の上演が予定されています。

---------

東京バレエ団「夏休み子ども音楽会2018」

東京バレエ団が東京都交響楽団と共演する「夏休み子ども音楽会2018」は7月29日(日)、東京文化会館にて。

1時間ほどのコンパクトなコンサートですが、小中学生が1,000円、大人のS席でも3,000円と、チケット価格も抑え目。
キャストを見ると今年入団の若いダンサーも多く出演する予定で、とても楽しみです。

チケット発売中。

---------

「キヤノン・ミュージアム・キャンパス」

上野の国立西洋美術館では現在「プラド美術館展」が開催中ですが、4月23日(月)は大学生・大学院生・短期大学生・専門学校生・高等専門学校4・5年生対象の無料観覧日

事前申込は不要で、学生証を提示すれば入場できるそうです。

本来、休館日に当たる日ですので、上記の学生に該当しない場合は入場できないのではないかと思います。その点、ご注意ください。

2018.04.14 23:25

国際バレエアカデミア「ミックス・プログラム」

東京小牧バレエ団あらため国際バレエアカデミアが6月に公演を行います(6月22日 新宿文化センター)。
http://www.academia-ballet.jp/2018年6月22日(金)国際バレエアカデミア公演

今回は「新世界」「牧神の午後」「薔薇の精」「海賊」のミックス・プログラム。
チケット発売中です。


国際バレエアカデミアは10月27日・28日には『くるみ割り人形』の上演を予定しています。演出・振付はアルタンフヤグ・ドゥガラーさん。

『クララ』5月号の広告によると、「世界中で大ヒットしたボストン・バレエ団「くるみ割り人形」。今回の公演ではモンゴル国ウランバートル市がその舞台装置・衣装ほか一式をボストン・バレエ団で活躍したアルタンフヤグ・ドゥガラーに提供し、新国立劇場の舞台に再現します」とのこと。

ボストン・バレエ団の『くるみ』とウランバートル市とドゥガラーさん演出・振付の関係がいまひとつよくわかりませが、ボストンの『くるみ』といえば、しばらく前にこの熊で話題になりましたね。国際バレエアカデミアの『くるみ』にも熊が登場するのでしょうか。

---------

「神保町バレエフォーラム」

次回の神保町バレエフォーラムのテーマは『スパルタクス』。
5月6日、3時から。ゲストは赤尾雄人さん。

赤尾さんのボリショイ・バレエ団を中心とするバレエ話がたっぷり聞けそうですね。

---------

「トウシューズのヒミツ」

前回のブログで、牧阿佐美バレヱ団のトウシューズ基金に関連して、トウシューズが高価な消耗品なのはバレエファン以外には知られていないかもと書きましたが、ダンサーは様々に手を加えたトウシューズを履いて踊っているというのも、あまり知られていないかもしれませんね。

私はなぜか子供の時から、トウシューズを加工する話を読むのがとても好き。現在、上野の森バレエホリデイのInstagramで紹介されている「トウシューズのヒミツ」を、毎週楽しみしています。

 三雲友里加さん
 安西くるみさん
 吉川留衣さん
 沖香菜子さん

爪先をかがったりニスを使ったりするのは知っていましたが、シューズの脇を縫ったりもするんですね。

東京バレエ団にも「ポアント基金」があり、もうおよそ10年の実績が。こちらもクレジットカードでの寄付が可能です。

2018.04.12 23:34

牧阿佐美バレヱ団『飛鳥』『白鳥の湖』

牧阿佐美バレヱ団の『飛鳥』と『白鳥の湖』の主演キャスト等が発表されました。
http://www.ambt.jp/perform2.html
http://www.ambt.jp/perform3.html

 『飛鳥 ASUKA』
 8月 25日(土)・26日(日)
 新国立劇場 オペラパレス

 春日野すがるおとめ:スヴェトラーナ・ルンキナ
 岩足:ルスラン・スクヴォルツォフ


 『白鳥の湖』
 9月29日(土)・30日(日)
 文京シビックホール 大ホール

 オデット&オディール:青山季可(29日)/阿部裕恵(30日)
 ジーグフリード王子:菊地研(29日)/清瀧千晴(30日)


『飛鳥』はなぜか開演時刻が不明です。

阿部裕恵さんが『白鳥』の主演デビューですね。相手役は清瀧千晴さん。
去年の11月に見た阿部さんと清瀧さんの『ロミオとジュリエット』のバルコニーのパ・ド・ドゥが非常に素晴らしかったので、期待大です。

『白鳥の湖』に関連して、鑑賞教室バックステージツアーが予定されています。
鑑賞教室は公演チケットを購入していなくても参加可能。


牧バレエ団は最近「トウシューズ基金」の受付を開始しました。クレジットカードでも寄付ができます。

トウシューズは1足1万円前後で、バレエダンサーが必要とするトウシューズは年に数十足というのは、バレエファン以外にはあまり知られていないことかもしれません。

---------

シュツットガルト・バレエ団公演

11月のシュツットガルト・バレエ団来日公演の日程・演目が発表に。
https://www.nbs.or.jp/publish/news/2018/04/2018.html

今回は『オネーギン』と『白鳥の湖』を上演。

2018.03.30 23:50

東京バレエ団「めぐろバレエ祭り」

「めぐろバレエ祭り」のサイトに今年の予定がアップされました。

東京バレエ団は「夏祭りガラ」と『ドン・キホーテの夢』を上演(8月24日〜26日)。
https://www.nbs.or.jp/stages/2018/kodomo/index.html

「夏祭りガラ」は新鮮な組み合わせが続々と。
「ジョコンダ」は出演者に「ほか」とありますから、多分群舞も登場するのでしょう。
「パキータ」はもちろん、例年通りに群舞とヴァリアシオンが付いていますよね。

8月25日(土)の「夏祭りガラ」が11時半開演なのが気になります。日に1度だけの公演ならもう少し後の時間でも良さそうなのに。そのうち追加で別のプログラムが発表されるのでしょうか。


『ドン・キホーテの夢』の主演キャストは去年の4月公演と同じ2組。こちらも非常に楽しみです。
個人的には、バジルより踊るエスパーダと配役が一新されるサンチョ・パンサのキャスティングに注目。

一般発売は5月12日(土)。

---------

東京バレエ団『海賊』

新制作される『海賊』について、東京バレエ団から正式な発表がありました。
https://thetokyoballet.com/news/-201820193-510.html

アンナ=マリー・ホームズ版とのことです。この方の『ドン・キホーテ』との相性があまり良くないので、『海賊』はどうなのだろうと思ったのですが、そこは芸術監督の斎藤友佳理さんの慧眼を信じています。
何ヶ月か後の制作発表の場では、プティパについて熱く語る芸術監督の姿が見られることでしょう。

東京3公演、富山1公演、兵庫1公演の合わせて5公演。
最低でも2キャスト、役によっては3キャストもありそう。公演は1年先ですが、すでに頭の中ではいろんなキャストが飛び回っています。

2018.03.27 01:37

「日本フィル夏休みコンサート 2018」

日本フィルハーモニー交響楽団の夏休みコンサートは今年も開催。
https://www.japanphil.or.jp/summerconcert2018

スターダンサーズ・バレエ団も出演して『くるみ割り人形』(振付・演出は鈴木稔さん)を踊ります。
チケット発売日は4月19日(木)。


今年で44回目となる日本フィルの夏休みコンサート、こちらでこれまでのチラシを見ることができます。
バレエが登場するのは1993年の第19回からでしょうか。奥昌子さん、中村真理子さんと懐かしいお名前が。

2018.03.25 22:10

キエフ・クラシック・バレエ

夏のキエフ・クラシック・バレエ公演の日程が招聘元のインプレサリオ東京のサイトに掲載されました。
https://www.impres-tokyo.com/event/キエフ・クラシック・バレエ-2/

今年は7月13日から9月2日まで(公演数は多すぎるので数えていません)。
演目は『眠れる森の美女』と「チャイコフスキー 夢の3大バレエ 名場面集」。
7月23日(東京文化会館)、25日(新宿文化センター)には二山治雄さんがゲスト出演。

チケット発売日はまちまちですが、各会場のサイトで確認するより、チケットぴあローソンチケットなどで検索した方がお手軽だと思います。


公演に関連して、キエフ・クラシック・バレエ芸術監督によるバレエ・レッスンも(7月31日 板橋文化会館)。
https://www.itabun.com/event/?submit_details=&event_id=1008

---------

「REJOICE」

遠藤康行さん、中村恩恵さん、西島数博さん、笹原進一さん、4人の振付家の作品が上演される公演が、4月27日(金)にきゅりあん(品川区立総合区民会館)にて。
https://www.melosdance.com/

去年設立されたMelos Dance Officeによる第1回公演とのことで、今後積極的にコンテンポラリー・ダンスの公演が展開されるのでしょうか。

チケット発売中です。

---------

東京文化会館「避難体験コンサート」

5月7日(月)に東京文化会館で避難体験コンサートが行われます。
http://www.t-bunka.jp/stage/host_10667.html

演奏は東京都交響楽団。入場は無料。
参加希望の方は往復葉書で応募を。締切は4月16日。

2018.03.22 23:35

「公演カレンダー」を更新しました。

■NBAバレエ団「ショート・ストーリーズ・9」(6月15日〜17日 彩の国さいたま芸術劇場)
http://www.nbaballet.org/performance/2018/shortstories/

“バレエ・インクレディブル”というサブタイトルがついています。
演目は小品8作品に「ブルッフ ヴァイオリン協奏曲」。
3日間で4公演、キャストも2通り。配役が多彩で1公演しか行けない場合はどちらに行くかとても迷いますね。

一般発売は3月29日(木)。


■ICHIBANGAI「Performance Vol.3 2018」(5月18日・19日 彩の国さいたま芸術劇場)
http://studio1b.jp/news/20180311201814.html

こちらもさいたま芸術劇場。
ダンススタジオICHIBANGAIの講師、坂本登喜彦さん、二見一幸さん、加賀谷香さん、柳本雅寛 金田あゆ子さん、佐藤洋介さんの作品を上演。

出演者多数。
こちらで公演チラシのPDFが見られます。中島周さんと高橋竜太さんの写真がとても似ているような。

チケット発売中です。


■「堀内充 Ballet Collection 2018」(5月25日 めぐろパーシモンホール)
http://j-ballet-project.com/sp/balletcollection.html

堀内充さん振付の4作品を上演。
「&He SHE(fantasies)」の“SHE(fantasies)”はオリジナルコンセプトはお父様の堀内完さんによるものだとか。

チケット発売中。


■ニュー・アドベンチャーズ『マシュー・ボーンのシンデレラ』(10月3日〜14日 東急シアターオーブ)
http://hpot.jp/stage/cinderella2018

秋にマシュー・ボーンが振付けた『シンデレラ』が来日。
(日程はこちらの方が見やすいです。)

音楽はプロコフィエフですが、舞台は空襲のさなかのロンドンという『シンデレラ』。ステップマザーがいるということは、お姉さん達も出てくるのでしょうか。

チケット発売はかなり先で、一般発売が7月7日(土)。

---------

スペイン国立バレエ団が10月に来日。
日程と演目が発表されています(が、開演時刻は不明)。
http://www.ints.co.jp/spain-ballet2018/index.htm

会場は東京文化会館。サパテアードがあの大ホールに響き渡るのかと思うとわくわくします。久々に「ボレロ」が見たいな。